嵐さん関連で置いておくところ、はてなブログ版

嵐さん関連の自分のツイートまとめ、その他の所感、覚書など 。ツイートは複数の記事に重複して振り分け貼ることが多々あり。(https://twitter.com/misokakoat5)

娘との語らい。 今週は、1.新春ドラマSPの話題 2.可哀想なピカ☆ンチのハルくんに爆笑 3.冷酷悪役への憧れ の三本です

(とある日の、心温まる)娘との語らい。 今週は、1.新春ドラマSPの話題 2.可哀想なピカ☆ンチのハルくんに爆笑 3.冷酷悪役への憧れ の三本です。

1.
先日の昼食時、娘(我が子、若い娘、嵐ファン、潤担)と、しっとりまったり語っていたのだった。
二宮和也さんが来春のドラマで夏目漱石原作「坊ちやん」に主演するというニュースを聞いたので

「二宮さんはきっと坊ちゃんにピッタリだね」「ニノは何故か教師役に縁がある」「殺せんせーはカウントする?」
「昔の人の役が結構たくさんあるんだよね」「もしかしてやっぱり坊主頭だよね、ホントは前髪欲しいけど」

で、二宮さんの出演作品のなかから、これまで観たなかで、これとこれが遠い・対極だな、と思うキャラはどれかと挙げていった。
プラデの神楽龍平と、山田太郎くんは、そうとう遠いよね。とか。
青の炎の秀一と、弱くても勝てますの青志先生は、これもかなり遠いかな?とか。

2.
嵐の他のメンバーの役についても、そんなことをあれこれ思い出して喋り

松本さん、道明寺司から一番遠いの誰だろう?陽だまりの彼女の奥田浩介かな?とか
櫻井さん、ヤッターマン大使閣下の料理人と宝生家の執事は性格的にそれぞれ、ほど遠い気がするよ。とか
相葉さん、倉田健太くんとディスコスター様では、もう地球とディスコスター星くらいの距離を隔てた程に遠い、とか
大野さん、怪物くんと死神くんではもう違うし、怪物くんと成瀬さんでは、もはや誰?だし?とか
そういえば大野さん、ラブシーンやりたくないって公言しているということは
もう成瀬さんとしおりさんみたいな切ない場面とか今後、ないのかな、観たいのになあ。

大野さんのラブラブ彼氏役って観てみたい、仲良し夫婦でもいいけど?あ、そういえば仲良し夫婦の役、あったじゃん!
ピカンチのハルくんと君江さん!

(※ネタバレ有 君江とは、ハルくんこと貴田春彦の初恋の女の子のお母さんであり、ハルくんの童貞を奪った人妻であり、ハルくんの妻である)

えー、あー、ハルくんか・・・いやーあれは酷い、カワイソウ過ぎ。あのハルくん可哀想。
娘に幸子なんて名付けて、スーパーマーケットガウスと家との往復ばかりで、
ああ!それなのに君江!!そんな身分で浮気なんてしてんじゃないよもう。ハルくんの人生を思うと涙涙。君江はなんて女なんだ!

ねえ、ハルくんの行動範囲と、タクマの動いた距離、比べてみてよ!タクマ、あんなに世界をまたにかけて途上国に学校まで作ってんのに
ねえ、ちょっ、聞いて?奥さん聞いて?ハルくんってさ、勤務先と家との往復しかしてないって何なの。はあー、もうかわいい!
ハルくんかわいい!そ、そんなささやかな人生!やだー!かわいい!あたま撫でたい!守りたい!
と、
娘と共に叫びながら、笑い転げていたのだった。気管に何かが入り込みそうになって笑い死にそうになった。
だが、二人きりの昼食はもう、既に終盤に差し掛かっていた。

3.
たとえばハートウォーミングなドラマや映画での役を好きになっても、次には、
その人の、もっと別な顔を、危なげな雰囲気の役柄をも、観たくなるのが人情ってもんよ。(観たくならないの?なぜ?人間なのに?)
松本さんの道明寺司が極悪非道だったころの「花より男子」第一話を観たいと思うような
二宮さんの幕内平太が、オリエント急行の中で藤堂を刺すときの目を観たいような。
櫻井さんの吉本荒野の底知れない口調とか
大野さんの樽井翔太郎が狂言誘拐犯になりきって凄む場面とか
相葉さんの負け知らずギャンブラーがとてもイカれた目つきでカードを選ぶところとか

を、観られてそれは嬉しいけど、
でも嵐のみなさんには、今後ね、今までにないようなのを「もっと!もっとちょうだい!」って思うね。
徹底した冷酷な悪役なんかも観てみたい。
って言ったら娘「あんまり酷な悪役は観たくないかも。でも、ラピュタムスカをイケメンにした感じならば?」と言うので
私は
「いやあ、そんな甘いもんじゃ許さない」と答えた。
私はね・・・・・・・・・、
もっとね、冷たい、冷たーい役を所望するんです。絶対零度くらいの。
触るものみな傷つけるような、痛くて、シュッとした、サーッと血の気の引くような、カッコよくて、ほら、ああいう、
「それってヴォルデモート?」いやいやそんな。ヴォルデモートみたいなコミカルなアレじゃないです。
もっと、夜神月を更にご無体にして、ラストシーンで惨めに滅びることで視聴者にカタルシスを与えて喝采される系の。
「そんなの可哀想」
可哀想だけど観たいでしょ!
もうね、ピシャーッと叩きつけるような。
黒と白が似合ってほしい。陰では真っ黒なんだけど表向き狡猾で、美しく
そんでもって、モグリの外科医に苦虫を噛み潰したような顔で対峙してほしい。
同情される過去とかも見つからないような。
蹂躙して欲しい。踏み躙って欲しい。
「ふ、ふみにじる(爆笑)(泣き)!?」
そうだよ。もう。足蹴にして、人を人とも思わないで、人がゴミのようで、ふははははって口角片方上げて三白眼で。
やって!相葉さんとか、ホントにホントに悪い、心の底から憎まれてしかるべき役とかやって!
ご本人が「あ、受けてもいいかも」っていうオファーを、事務所が「待った」をかけるような、そんな感じの役を、引き受けて演じてくれたら!!
(ご馳走様)


※2018年6月、追記

☆好きな人が怖い悪役を演じるところも観てみたい、っていう願望もあるんだけど、私の好きな種類の悪役(哀しくて愛しい部分のある綺麗な悪役)であってほしい。決して私の嫌いなタイプの悪役(強きに諂い安全なところに隠れて利己的な動機で弱い物イジメをたのしむようなやつ)が観たいわけではない

☆具体例で言えば、成瀬領タイプなら許せるし寧ろウェルカム(好きなタイプの悪役)。真瀬博樹タイプだったら無理(憎くてキライでその嫌悪感からくる憂鬱で観るものを一日中落ち込ませるタイプの悪役)。それはもっと歳を取ってからにして欲しい

貴族探偵ドラマ終盤では御前様が悪役かもしれないとドキドキし、それがどういうタイプの悪役であるか、私の好きなタイプであって欲しい、などと祈るような気持ちにもなったっけなあ…

サイコパス的な役を観たくなるという話題をタイムラインで見たので、追記…(2018.10)

☆嵐さんそれぞれに、完全な悪ではないけど悪をイメージさせるような役や場面を過去に演じていて、普段の中の人の誠実さを感じているから尚のこと、その、役でしか観られない表情が貴重で美味しい

☆嵐さんの悪イメージ演技で好きなのは、大野さんの成瀬領、松本さんの道明寺司花男1、前半)、相葉さんの一八や御前様(特に終盤)、二宮さんの神楽龍平や渡海征司郎や沖野啓一郎、そして櫻井さんの吉本荒野、この吉本荒野は実にヤバイ…大画面で観たくなる

☆あ、二宮さんの櫛森秀一や有明功一は、法を犯してはいるけど、どこかなにかしら可愛いと感じてるので…

☆そんなこんなで「狂うがまま」一八の相葉さんのことも定期的に推してゆきたいからセルフリツイート

村上信五さんの演じた役は、私は相葉さん出演作で拝見することが多く、マイガールの保育士さんの役もとても良かったけど、演技者。の『狂うがまま。』でのヒロシ。一八アニキがああなってしまったあとのヒロシが凄くかっこ良かったわあ。
風雲の、ベイベーや行くぜの相葉さんの声のチャラ色が好き、って話の続きをするけど。チャラ色の相葉さんで私のイチオシはやはり「狂うがまま」(演技者。)の一八アニキだということも定期的に呟いてゆきたい
『狂うがまま』の相葉さんの演技で特に好きというか常軌を逸した表現だなと思ったのは、あの場面で舌を出しているところです。ネタバレになるから詳細言えないけど、狂ってる人の役も合うんだ…って何だか衝撃受けた覚え。