嵐さん関連で置いておくところ、はてなブログ版

嵐さん関連の自分のツイートまとめ、その他の所感、覚書など 。ツイートは複数の記事に重複して振り分け貼ることが多々あり。(https://twitter.com/misokakoat5)

アイドルになんらかの交際の噂が出たとき、そのファンがアイドルを批難するのを見るのはいやだな。という件

アイドルになんらかの交際の噂が出たとき、そのファンがアイドルを批難するのを見るのはいやだな。という件に
関連する自あかの呟き

※主に、↓
https://attt5attt.hatenablog.com/entry/20150922/1442896535
これの余談みたいになる。

※補足追記
そもそも最近のマスコミ、週刊誌もネットニュースも、有名人の噂を流しておけば売れると思ってか、根拠乏しいゴシップばかり作るので不愉快。
匿名の関係者、匿名の友人、そんなのいくらでも居たことにできる。売名目的でガセネタ捏造に加担する人だっているんだろうし、
そんな記事を量産するようなメディアでも「ジャーナリズム賞」とやらで大賞を取るの、何の冗談なんだか。
勝手に誰と誰が付き合ってるという噂を真実前提にして、勝手に二股だのなんだの風評被害作って儲けて、それがジャーナリズムなのか?
…って本題と逸れたけども

(最近では櫻井翔さんがアナウンサーの女性とのことをいろいろ言われていた。そもそも、報道では真偽が不確かだ。文句を言いたい人はまず、不確かな話を流すマスコミに文句を言うのがいいのでは?)


☆私はアイドルにはそれぞれ幸せになって欲しいのだけど。そう思わない人も少なくないのか?誰とも付き合ったり結婚したりしてほしくないの?人間として生きることを許さないの?っていうファンもアイドルにはいるものなんだな…。このこととは別に、正式発表がないうちはまだちゃんと浮かれられないや。
 
☆あと、いちいち、噂になった人の相手の人を詮索するのは好きじゃないよ。そういう人々の行動が芸能人を余計に生きづらくしてると思う。そしてそういう行動が週刊誌にますますあることないこと書かせてしまうのでは。

☆もちろん、アイドルのプライベイト見てしまい心穏やかじゃなくなる人の気持ちはわかるつもり。私もそうだもの。だけど「ファンとどっちが大事?」みたいな二択を迫るような責めかたするのどういうわけ?どっちも大事なんだと思うけどな。今までのあーゆーはっぴー?まで疑うのは、あんまりじゃないか

☆またアイドル自覚ないとかいう話になるの毎度ホントにつらみだ。私をつらくするもの、それは自称ファンの行き過ぎた理想押し付け。この感覚は変えられないです

※アイドルの自覚が云々言う風土、なんとか滅んで欲しい。アイドルの人間らしいところ、食べるし飲むし出すし恋人だっていたっていいし結婚だってしていいと、思う。ステージの上でのみ夢の住人でいればいいと思うのだった。


追記(2017.12)
☆スタンス
・好きな人の幸せを観るのは幸せ
・良い知らせかどうかに関わらず、真偽不確かな情報に翻弄されないことは大切
※相葉さんの熱愛?報道?が何か雑誌に出たようだ。買わないし、見に行かない。
買わせようとして雑誌はそんな記事を書いてるのだろうけれど買ってやらない。
相葉さんがプライベイトで誰と付き合おうが良いし、幸せなら良い、でも 
それだからこそ、そっとして差し上げてほしいと思う。
※2015年から2017年まで、嵐さん各メンバーについて週刊誌等がプライベイトを詮索する記事を載せて
(根拠が薄くても、嵐さんを取り上げておけば売れると思ってるらしいが)
ざわざわする世の中には、それを材料にアンチを利するような言動をする人々も目についた。そういうのはイヤだ。  

☆人の個人的なことを覗き見したいという需要が存在するから供給者があとを絶たない。それは要らない。そんなものに好きな人の私生活が乱されるのはイヤだ。

※何を言ってるんだか私には分からない人々がいる。「彼の心の中には実は大好きな何々が存在していたなら、あのライブでの笑顔は誰の為のものなの」って、そりゃあライブに来てくれる人の為の笑顔に違いないでしょうに。(何々、には例えばラーメンとかスイーツとか何でも当てはめて読めばいいと思う)

☆(例えば、ゆるキャラちゃんが夢の国のゲストの前で着ぐるみ脱ぐのはダメだろうけど、もし休憩室で盗撮されたのを勝手に公開された場合は、それはゆるキャラちゃんを責める訳にはいかない。嘆きを向けるとしたら、盗撮者と、それを蒔いて稼ごうとする人々に対してなんだ)

※今朝のタイムラインで拝読した、この方のブログにとても頷けてブックマークした。
http://nemui-ne.hatenablog.com/entry/2017/12/19/233126

☆これは超個人の思いだけども。職業が人のライフスタイルを必要以上に制限している事例を見ると、とてもかなしくなる。制限を全部なくせとは思わないけども…それ本当に必要なのかっ、ていうのもあるなあ

☆(リプライ)私としては、才能溢れる素敵な人達が、アイドルであるゆえに何か(例えば結婚とか、若いうちの子育てとか)を犠牲にしたり我慢したりするかと思うと、何というか、申し訳なくなっちゃうんですよ〜。こういう感覚の人ばかりではないのは分かるんですけどもね(’-’*)

※追記 またモヤモヤするものが目に入ってしまったので


☆好きな有名人であろうがプライベートについては割とどうでもいい。…ってこととは別に、実在するんだかなんだか出処の分かんない「関係者によると」的な嘘文章を適当に作っては売上を稼ぐものの存在とその作文を事実だという前提でものを言う人々の存在が、とにかく不愉快だと思う(本あかでの呟き、2018)

☆好きな人は今もこれからも、幸せでいますように。でも、表に出したいことを出したいタイミングで出せますように。言ってないことを言ったとか、やってないことをやったとか、そういう事実と違う風評を撒かれることで煩わしい思いをしませんように。と願ってる

☆推しの人がどのような選択をしても彼が幸せであればいいんですが、話の前提として、元になる情報がただマスコミの(記事の根拠も出処不明)(過去にも虚偽記述で訴えられてる)(売れればいいので誤りでも訂正しない)推測妄想文だというのがイヤ。推しの人に余計な負担かけるマスコミ存在がイヤ

☆なので、そういう商売をしてるマスコミにお金を一銭たりとも払いたくないから、そういうゴシップの動画とか本当に絶対に観ないし観て欲しくないと思う次第です。(2018)

☆好きなアイドルのプライベイトな人生は、ご本人のものであり、ご本人が幸せだと思う生き方をするところを観られていたら私は幸せを感じる…けど、どのタイミングでプライベイトの何を人々に見せたいか見せたくないかをご本人が決めることを、外野の商売人に侵害されずにいてほしいと思う
(2019)

※…毎度同じようなことツイートしてるな、私は

※ファンの多い芸能人について真偽はどうであれ、何か書けばそれが売れてしまう。真偽はどうでもよく、その時にとにかく売れればいいという考えらしい。    
だから、たとえば国民的アイドル嵐さん等の熱愛だの何だのの、ガセだか何だか分からない記事が出た場合に、そのアイドルを責める人もキライだけど、そもそもその記事を事実だという前提で話を進める人がキライ…、
というかそんな悪徳業者を信じたり儲けさせたりしてどうするのか。一銭たりともそんな媒体に与えて欲しくないんだ。
ということを毎回毎回毎回、思う。
何か…嵐さんが喜ばしいお仕事のある時に狙いすましたようにくだらない週刊誌が何か作文をこさえる傾向。

☆有名人の私生活がどうであれ、本人が見せたいものを本人が見せてくれてるならいいんだ。けど嘘か噂か分かんない記事に、それがあたかも事実かのような前提で人が反応してそれがゴシップ誌にまた利用されて真偽不明な関係者とか知人とかに語らせる話が需要あるかのように思われてしまう事象が、最も嫌
(2019.9)

☆まず、友達の友達と友達になれとは強制できないし、好きな人の好きな人を必ず好きになれとはいえないけど、少なくとも尊重して礼は尽くすものなんじゃないかと思う

☆好きな人がお付き合いする(した)人、が傍から見てどんな人に映ったとしても、それは傍から見た、ある一時期の、ある一面でしかなく、それを固定し勝手にイメージして傍が善し悪しをジャッジし好きな人に押し付けようとすることって、少なくともファンの応援ではないし愛でもなく我が儘だと思う

☆好きな人の見せたいものを見てプライベートに余計な詮索をしない・好きな人の大切なものを尊重する・好きな人のお仕事に正しく対価を払う・好きな人の作ったものを不正にタダ観タダ聴きしないさせない・好きな人について誤った妄想を拡散しないなど、応援する姿勢に、にわかも古参も関係ないと思う

☆補足します。昔から応援し支えてくださっている方々ならではの思いや理解は尊いものだと思っています。ただ、昔からのファンと称する人々の中には、ファン歴にかかわらずヒトとしての言動が問われる人もまた居るという話です。

☆あと、好きな人が伝えようとしてくれることをそのまま、勘ぐったり自分の疑いを載せたりせず受け取ることが、それがお花畑と呼ばれるんなら、いつもいつまででも私は常に春夏秋冬いちめんのお花畑でいたいと思った

☆有名人だから稼いでるからって人権が尊重されなきゃおかしいね。有名なのも稼いでるのもお仕事で頑張って人々を喜ばせたからそうなったのであって、クレーマーの理不尽な要求に人としての権利を搾取される代償なんかじゃない


☆これは我がTLでのことでもなく昨日今日のことでもないとあるいつかの日のネット上の「なんか見た」ことへの感想…推しの方々がファンに向けて「大切な仲間だよ」と公言し態度でも表しているその仲間について、よくそんな邪推や中傷をする気になるよね…とかなしい気持ちになることがあったが、それは、/
そういう、推しの方々の心を無碍にするような振る舞いをしている人々のことは「多様なファン心理があるからそれも好きの内だから肯定しよう」なんて微塵も思わない。そんなの多様なファンの心理の範疇に入らない。人の大切なものを攻撃したり人の気持ちを支配しようとするのは人権侵害っていうんだ

☆これは批判じゃなく単に不思議に思うだけなんだけど、では人々は推しアイドルが何歳ならば結婚してもいいと感じるのだろう…聖職者のようにずっと独身でいて欲しいって思ってるファンっていうのはそこまで多いんだろうか?どうだろ…リアルで推しの話ができる友人は大抵、良かった良かった言ってるし

☆私が近年(TLではなく)ネットの他者の様々なお気持ちツイートに勝手にモヤモヤしてた理由のひとつが分かった。嵐メンという推しアイドルは人としてプライベートのライフステージも進化し(たとえば結婚など…)経験値を積まれ、それぞれますます素敵になっていく。人々よ、もっと彼らを褒めてくれ、と

☆…そんなふうに思っちゃってた。けど変えられない他者の気持ちに振り回される必要なんて別になかったんだ。私が嵐メンを好きで幸せなこの気持ちに他人の評価はなんも関係ないじゃん。人様にも推しをもっと推してほしいという欲が欲張りだったんだ…人は人、自分は自分ってファイトソングも歌ってる

☆ある程度、他人に無関心でいるのが楽しむポイントだと私は私のこういうところを自分で気に入ってたはずではないか。なんなら好きな人達のお仕事以外のことにもホントは割とちょっと無関心なとこある…お仕事でキラキラしてる彼らが好き…でも願わくば私生活も幸せなら良いなあと


※過去に同じようなことを日記で繰り返していた。
追記あり。この件に関しての所感は、今後、こっちに追記していくことにする。こことの重複も一部あり

https://attt5attt.hatenablog.com/entry/20150922/1442896535