嵐さん関連で置いておくところ、はてなブログ版

嵐さん関連の自分のツイートまとめ、その他の所感、覚書など 。ツイートは複数の記事に重複して振り分け貼ることが多々あり。(https://twitter.com/misokakoat5)

2017年4月17日から放送のフジテレビドラマ『貴族探偵』に関して(更新継続中)

2017年4月17日から放送のフジテレビドラマ『貴族探偵』に関して(視聴後の感想にはネタバレを含むかもしれない)

※以前の記事が長くなったので、こっちに続ける。自あかのツイートまとめ、他 
(随時、追記してく。)

☆ドラマの貴族探偵は貴族貴族してるの超面白格好良さそう。なんだろ…まず、刑事事件と貴族っていうミスマッチが既に可笑しくて大好きだよね。またも相葉さんに「なぜそこでそれ!?」的なミスマッチの魅力を観る。デジタリアンというタイトルのライブにインドの御輿で登場したディスコスター様のよう(2017.3.27 予告動画を観て)

ダ・ヴィンチ麻耶雄嵩さんのインタビューには、この作家さんが「探偵」っていう存在をどう捉えてるかに於いて、私のそれまで思っていた名探偵像に新しい視点をくれるなあ…、事件が解決するという結果が出せて正義が貫けるなら、名推理を自ら披露しなくてもそれは名探偵なのか…なるほどなあ、と(2017.4)

麻耶雄嵩さんのお話に出てくる、貴族探偵の神秘性、どこまで探偵は分かってるのかとか、素性の知れなさとか、そういう神秘な部分、を相葉さんが担ってくれそうなのが楽しみ。「神秘」と相葉さん、パブイメでは一見合わないと思う人もいるかもだけど、この人は実は神秘なところ在ると凄く思う

☆自らは推理しない探偵、彼が居るから確実に事件は解決する。どんな会話と空気が繰り広げられるか、人を呆れさせたり感心させたりするであろう貴族の貴族然とした可笑しみと圧倒を相葉さんで見られるのは絶対的な安定の楽しみ。部下の方々や対決する女探偵も間違いなく素敵 #貴族探偵 今日から開始(2017.4.17)
 
☆#貴族探偵 敢えて私は彼を愛香さんの目線で観て、その腹立たしさを存分に味わって快かったからMなのかもしれない。可愛くて優しくて煙に巻いてくる頭の良い腹立たしい可笑しみもある貴族、好き…お洒落で面白かった。部下のお三方もキュートだし悔しがる愛香も好き…鼻形さん良い味。楽しい

☆それにしても「ようこそ、わが家へ」にはびっくり(嬉しい)。わが家で展開する何事も大袈裟なことのいちいちが楽しみ。御前のお口可愛い。でも冷たそうな台詞も良い。田中さん綺麗な字と超絶下手くそな絵が素晴らしすぎ。師匠の謎。I ' ll be there の入りかたカッコイイ好き(貴族探偵第1話)

☆で、たぶん(いや、絶対に)「こいつ、ムカつく」という視点で観ることのできる役を相葉さんで未だかつて観たことがないので、それが私には一層のこと嬉しいのだった。ところで御前はご婦人にたいそう優しいのに「女探偵」には辛辣なの、逆に怪しい。愛香さんの師匠絡みで何かあるかも

☆相葉さんのお顔はノーブルだけどバタくさくはないし、皮肉っぽさを浮かべても憎々しくはならない、だからこそ「貴族」という大仰さが、近そうで遠そうで、浅いようで実は深読みすれば何か深いのかも…と、優しさとか賢さについても深度を測りにくくしていて面白いんだと思う #貴族探偵

☆鼻形さんも常見くんの掛け合いも可笑しくて良いよ〜

☆こうもりも読もうかな。ネタバレしてても面白いこと分かったから(2017.4.18)

☆貴族と探偵への固定観念を外してくれた原作者さんにもドラマにも原作ファン様にもありがとうと言いたいです #貴族探偵 https://t.co/DiFvtIs4CD

☆#貴族探偵 主題歌、 #illbethere メロディもカッコイイけど、歌詞に注目して聴くとまたこのストーリーの主人公のスピリッツが滲み出てくるし、ドラマを離れて読んでいても、真実=愛、だとつくづく思う(I ' ll be there )

☆#貴族探偵 そうか…彼が、あの音に気づいてたから、ああいう行動を取ったのかも知れない…、っていう憶測も成り立つのか。そうともそうでないとも取れる。考えてなさそうで、でも何か考えていそうで、というどちらの可能性も感じさせるキャラに相葉さんピッタリはまったと思う

https://t.co/7akZipTEW6 これは嬉しい

☆そんなこんなで何周か、貴族探偵第1話のリピートしてた。開始58分頃に相葉さんの発する、泣いているかのような御前の笑い声がとても好き

☆これ思ったね。こういう…この人ってどこまでお見通しなの、どうなの…っていう謎なふうであることが、この貴族探偵貴族探偵で在らしめる。この絶妙な塩梅が良いですよ

☆あと愛香に対する御前の口のききかた、ちょっとおちょくるような軽い感じ、の加減もとても良いよね(※相葉さんのファンの贔屓目でしょうかね…)

☆一部のビジネス酷評に関して。そもそも、貴族探偵の台詞、棒読みだとも全く思わなかったな。敢えて無機質な感じに抑えてるかなとは思ったけど/麻耶さんの本の帯にある「抽象性」という評に腑に落ちるとこある。

☆セカムズとか逃げ恥とかのムズきゅんラブコメ大好きなので、相葉さんにもそういうドラマに出て欲しいと思ったが…貴族探偵がラブコメじゃなくて良かった。ただでさえあの愛香を小馬鹿にしたような表情にさえ胸射られてしまうのに、もしムズきゅんラブコメだったらきっと私の心身が持たないよ毎週毎週

小説すばる5月号が到着。まず麻耶雄嵩さんと相葉雅紀さんの対談を読めた。クスッと笑えるような部分もありつつ、和みつつ、お互いへの敬意が感じられて、読んでいて気持ち良かった。→

☆→麻耶さんが貴族探偵の設定について、あのことを敢えて決めない理由を読んで、ああ、作家さんて凄いなと思った。「ひとりっこ」なのか訊いてたのが特に相葉さんっぽくて好き。相葉さんの役作りの苦労についても。(カジュアルでも品を保つ・使用人への愛)→

☆→麻耶さんは昔、頭丸刈りの時代にそんな困ったことがあったのね…とか、相葉さんはあのお話のあのトリックに衝撃を受けたのね、うん、私も…とか思いながら楽しく読んでた(小説すばる5月号の対談)

貴族探偵対怪盗マダムのお話も少しずつ読み始め。面白い。続くのね…

☆第2話のトリック、あの犯行を隠すためあれをああまでに拡げてしまう可笑しさ哀しさ。使用人の方々の再現映像超絶面白い。御前様が何に怒り、何に優しいのかだんだん見えてきてその表情の変化が素敵。(それも、あくまでも静かに)…そして鼻形さん貴族慣れしてきた。楽しい。 #貴族探偵

☆来週はいよいよ、相葉さんも好きなトリッチ・トラッチ・ポルカがドラマになるんですね(2017.4.24)

☆どこからどこまでイマジナリー師匠でイマジナリー貴族でイマジナリー事件なのか、どんな答えでも有り得る気がしてる…相葉さんの表情や口調にも、どんな答えに転んでも嵌まりそうなものを感じる。よく、真相を知ってから遡って鑑賞すると違う世界が見えてくる作品てあるけど、それかも。
/と、貴族探偵第2話のエンディングを観て強く感じた。あと、麻耶さんの「神様ゲーム」の最後の数行読んだ衝撃の後に読み返してゾッとしたのも思い出す。 #貴族探偵

☆事件解決後の、御前さまと愛香さんの会話も好きだ。第2話では愛香さんのあの行動に敬意を払ってるのか。御前さま…なるほどね…。観返し楽しい #貴族探偵

☆「えっ、…優しい……?御前さまって…愛香さんのこと実はどう思ってるんだろ?え?」ってなって思わずあの高級生チョコレートの大映し場面で一時停止してぼーっと観たの私だけじゃないのでは #貴族探偵 (2話思い出し)

貴族探偵 3話。乙女にあんな親身になるのに、男性には全然愛想がないの徹底してて清々しい御前様。シュピーゲルによ〜しよしよしする御前様。使用人の皆様の再現フィルムに演技指導するの楽しそうな御前様。大きな子供みたいで可愛いのにきっとおそらく多分絶対何もかもお見通しっぽさがある

☆御前様、まさか愛香さんのストーカーじゃないよね?

☆乙女を窮地に追いやっていた警察に対する、あの御前様の厳しい命令口調、しびれました

☆それにしても麻耶雄嵩さんの作品中に出てくる固有名詞が、とてもツボにくる。じわじわくる…良く考えなくても何なんだばらばんばら。和菓子にあるまじき語感じゃん

貴族探偵 ドラマを知るまで、それまであまりミステリを読む習慣がなかった私だけど、多重解決ってこんな面白いんだ…。脳みそがとても喜ぶ。ひとつの事件で二度美味しい。しかも最初の、ちょっと惜しいほうの推理を提示する愛香に感情移入させておいての、貴族側からの真の解決、ドSっぽさがある

貴族探偵の第4話の原作である、幤もとりあえず、を読み返してる。あの場面はどうなるかな。あの台詞はどんな風になるかなと。初回から今までの「おお!こうなったのか」の驚きと満足を考えると期待し甲斐があるこのドラマ、予め読んだ原作が如何に料理されるのかを見届けるの超楽しい/幤もとりあへず、だった。(誤字)(2017.5)

貴族探偵対女探偵=地道な努力への感情移入や精神論等の雑念を削り謎解きに徹する事件解決装置としての探偵・対・師への恩や当事者への心情思い入れを纏うヒト感情に溢れる探偵…この対決で装置に勝たせる麻耶さん世界の魅力。相葉さんが装置の中枢に嵌まるし武井さんは感情代表に嵌まる #貴族探偵

麻耶雄嵩さんの作品に寄せられる感想に、少なからず「読後、本を投げつけたくなった(褒めている)」という趣旨のレビューを見ることがある。あのね…その気持ち、めっちゃ分かる気がする

☆とくダネ!貴族探偵舞台裏、中江監督のお話を観た。生瀬さんのアドリブ、放送で使われた分の3倍はあるってことですね、すごい。武井さんは台詞ほとんど間違えない、と。スピンオフドラマは常見くんと和泉さん(と佐藤さん)の出演。面白かった〜。(2017.5.8)

☆師匠のみならず、御前様までが愛香との会話中に魔法のようにどこかへ行ってしまうあの3話。本名も年齢も住所も分からないばかりか、どこからどこまでが実在なのか妄想なのかも曖昧な貴族、ヒトと概念の間を出入り自由な体温の低さを感じる相葉さんの表情、良い…。 #貴族探偵

☆作品の感想が、役者さんを好きか否かに左右されるのは仕方ないけど、ろくに味わってないうちから「どうせアイドルだから」という色眼鏡がかかるのはつまらない物の見方だ。何かを好きになることは、そんな色眼鏡を剥がす好機。(と、アイドルのポテンシャルと努力を舐めてた昔の私に言ってやりたい)

☆そうだよねえ、『幤もとりあへず』を実写化するって、すごい挑戦ですよね。文字の世界だから成り立ってるものを映像化するのって…楽しみです #貴族探偵

☆観ました…。なるほど、そうなりましたか!凄かった!原作読んでおいたのに、だからこそ、心地よくミスリードされてしまいました。そして今日も御前様の、常識壊れた感じの口説きっぷりが楽しい。 #貴族探偵 第4話

☆そして佐藤さんのアクションがカッコイイ #貴族探偵

☆(もしかして、御前様が彼女と混浴できるか確認したのも、何かしら深い思慮あり?)

☆それにしても。原作未読な視聴者にも既読な視聴者にも、先を読み切らせないようにきちんと考えられているドラマ…それも二通りの推理を。素晴らしい #貴族探偵

東進ハイスクールが時間差でツボを押してきたっ

☆人が死ぬってことを基本的にあんまり深刻にとらえてないのは、御前様だけでなく、他の登場人物もそれなりにそうだね〜。そういう世界だから遊べる謎解き遊びを、楽しいと思わせてくれる。不思議と。#貴族探偵

☆観直す度に発見ある。4話の冒頭、しずるちゃんの歌にもヒントが隠れていた件。女子アイドルが僕を一人称に男子目線で書かれた歌を歌うのはよくある現代だから、あの歌詞がはっきり聴こえてたとしても私は何も怪しまずスルーしてしまったと思うと。芸が細かい #貴族探偵

☆相葉さんがベンツや貴族に何もおかしくないと私が思う主な理由…相葉さんの品のよさが(庶民キャラの時でも)いつも必ずどこかにある

☆もっとドラマの画期的な部分を評価して。事件解決装置に感情の重さがなく謎解き遊びに興じられる。その役に相葉さんの醸す味が絶妙。多重解決は脳へのご馳走。原作を読んでいてもなお楽しい改変。探偵とは?貴族とは?役者のパブイメとは?と既存常識を覆してくれる快さ。 #貴族探偵 #フジ批評

☆#週間フジテレビ批評 麻耶雄嵩さんという、個性的なミステリ作家さんがせっかく原作に取り上げられたんだから、そんな今更フツーの推理ドラマに寄せることなど考えず、この作品ならではの面白さを貫いて欲しい。視聴率などというこの時代に合わない指標だけで測って欲しくない。残るのは作品だから

☆人が推理物に求めるものは様々。「一緒に推理をしたいので一般人に足並み揃えて分かりやすい伏線を撒いておいてくれ」と思う向きもあるだろうし。でもフジテレビさん、自分の会社の作品には「それを欲しいなら他のお店にどうぞ。余所は余所はウチはウチ」と自社の作品に言わせてあげればいいのでは

☆あ、タグは #週刊フジテレビ批評 だった。とにかく、貴族探偵を唯一無二に面白いと思ってる人の需要に応えてほしいなあ〜

☆そうだ、5月15日に放送予定の第5回、原作の話がめっちゃ面白くて。私はこれまでの実写化された篇の中でこの「春の声」はイチオシ…!犯人は煙のように消えるし、騙し絵みたいでウロボロスの蛇みたい。これ以上は言えない。すごく楽しみ。 #貴族探偵

☆そうこれ!「本当は貴族も何か分かってるんじゃ?」とドラマは滲ませてくれてるの、私もちょっと、こないだ読んだばかりのあの『神様ゲーム』の神様っぽさを感じ。分かっていそうななさそうな判別不明な、とぼけてたり、神っぽい醒めた目線、こういう空気出すの相葉さんいつも上手いし #貴族探偵

☆うん。描かれているのは、容易に理解できるようなタイプの人間ではなかったんですね…だからそれが面白いの

☆今夜の貴族探偵の原作では愛知川さんは初老の人なの、ドラマでイケメン男子になってるのね…。楽しいな(2017.5.15)

☆事件解決が次回に続く初めての回。原作にない設定もあって、どうなるんだろ…見逃せない。来週まで待てない。御前様の闇っぽい表情と子豚をかわす身のこなし、堪らない。佐藤さんの強さにまた惚れ惚れ。愛知川くんにときめく。 #貴族探偵 5話

☆5話は田中さんの事件まとめがなかったけど、その代わりギリの出してきた妙な動画と、鼻形さんの頑張ってまとめようと苦心してるあのボード #貴族探偵

☆弥生お嬢様と愛知川くんの悲恋に、こんなにも月9ドラマを強く感じる。これ原作になかったね。グッジョブね。忍成くん来週どうなる!?絶対にあれで終わりじゃないよね!?相変わらず御前様が男に厳しくて、え、そこでそんなに声を張るのか!っていう緩急、良い #貴族探偵

☆ちょっと誰かに聞いて欲しいこの衝撃…! #貴族探偵 麻耶雄嵩さんの原作を先に読んでも一層ドラマが面白いことが分かったから、その中の『こうもり』をやっと読んでみたの。最後の行を読み終えて叫んでしまった。ええ〜!?で、急ぎ最初に戻って読返すと、なるほどやられた!気持ちよく騙され

☆しっかり読んでたつもりなのに、何でこんな風に私は騙されたのかな、つまり、あの地の文は、誰目線で書かれたのか、あ、神様目線で書かれたのか、とすれば…納得いった。納得してから読み直すと、あれがこれに脳内で置換され違う色に塗替えられ #貴族探偵

☆なので…このびっくりするほど煙に巻かれる気持ちの『こうもり』もドラマになるのかな?難しいと思うけど、どうなるんだろう!楽しみ。 #貴族探偵

☆でも原作、『春の声』も超絶好きだよ…これはこないだ言ったけど、煙に巻くというより煙と消えるあれ。ドラマでどうなるかなと思ったら更に恋ありギャグありでパワーアップして先が読めなくなってるし、頭のおかしさ(褒めてます)半端なくて大好きな第5話 #貴族探偵

スマホでも時々観返したいのでFODプレミアムに入会。事件の真相をふまえてまた観ると「なるほど確かにこの人、ここでこんな表情やこんな台詞なのは、ああいうことだったからか!」って発見あって面白い。こうして観るとこのドラマ、とても丁寧な作りだと思う #貴族探偵

☆たとえば、第4話の結末を知ってから、あの、旅館の宿泊者の言動、言葉、振る舞いに注目すると。それでこんなふうなのかと、どんどん発掘できる何かがある。芸が細かい #貴族探偵

☆出先であの場面について思い出し笑いしてる…。鼻形さんの書くものが、漢字をちゃんと使ってないから、小学生みたいで可愛い過ぎる #貴族探偵

☆第6話は御前様から「主人と使用人」の幸福な関係について語られ胸が熱くなったよ。と思えば…桜川との会話で貴族様の静かな恐ろしさに震えました。次回、師匠と貴族の過去にどのくらい迫っていくのか見逃せなさ過ぎる。あと、原作に居なかった金山!一番ずっこけかと思わせてて、やられた #貴族探偵

☆山本さんも田中さんも佐藤さんも、御前様が幸せなら、幸せなんだね〜。その通り…。弥生さんと愛知川くんにもその幸せな主従関係を見出だし拍手する御前様にブラボーだった。(貴族探偵6)

☆いやあ、それにしても今回の終盤の相葉さんの声、怖い怖い…。こわくて凄く好きだけど。ありがとうと言いたい(貴族探偵第6話)

☆『神様ゲーム』は読後に頭を抱えてうわあ〜って叫んで転がってしまったのですが『さよなら神様』は未読だったため、うん…またうわああってなるんだろうかと文庫が出たら予約するつもりでいた。でも、ドラマの #貴族探偵 の今後にスズキなる者が出てくるとあってはもうね…単行本注文しちゃった今

☆頷きまくって首がとれそうになってる。共感しかない。 https://t.co/eK0zLs66O1

☆(で、実際、肉体的に死に到らしめたのは、貴族じゃないかもしれない、とか考えてる)(ようこそ、わが家へ、の最終回予告でさんざんミスリード誘われたことを思えば)

☆第6話、多重推理も原作より更にグレードアップ。ある視点に気付きさえすれば密室は破れる驚き。軽視され笑われていた人や事項が重要だったことの面白さ。身分を超えた愛あり、使用人と主人との信頼の形の多種サンプルあり、師匠と弟子とは?探偵とは?相葉さんの闇演技も好き #貴族探偵

☆世界一難しい恋や99.9をリアタイ視聴していた頃にも思ったんだけど、ドラマの面白さ→演者としての嵐メンバーの意外な魅力を見つけてくれる人→嵐の意外な良さを知ってジャニーズへの見方が変わってくれたり、パブイメにとらわれずに他メンの良さにも気付いてくれる人…が増えるの、楽しいです

☆こんなに熱い数々のまとめが出来る面白ドラマを、初回からずっと追えてホント幸せ… #貴族探偵 https://t.co/WpEnQIMEyK
 
☆.@souko_sso さんの「#貴族探偵本格ミステリ大賞特別賞を」をお気に入りにしました。 https://t.co/huX0inA9bc
 
☆名前も住所も知られざる貴族探偵様のおしりの中心から右に3㎝行ったところにほくろがあることを考えて可笑しくなってしまった。 https://t.co/scaKWvBqPR
(以前、ラジオ「相葉雅紀レコメン!アラシリミックス」で語られた、ほくろの話)

☆#好きな貴族探偵キャラ #貴族探偵 これは迷う…だって御前様も山本さんも田中さんも佐藤さんも愛香さんも切子さんも依子さんも鼻形さんも常見くんも和泉さんもシュピさまもそれぞれ好きなキャラだからこその面白ドラマになってるからね、で、私が今、気になってる(好きになりそうな)のは金山

☆#好きな貴族探偵キャラ #貴族探偵 愛知川さんと愛知川くんと弥生さんと皐月さんを追加お願いします

☆鈴木くんを追加する予感(怖い) #好きな貴族探偵キャラ #貴族探偵

※長くなったので、麻耶雄嵩さんのお誕生日である5月29日からは
続きをあっちへ書く→ http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20170529

※関連の過去日記

http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/touch/20170215/p1

http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/touch/20170322

※関連日記 『下げ記事ライター助手と信頼できない語り手作者探偵』関連
http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20171103/p1http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20171103/p1