嵐さん関連で置いておくところ、はてなブログ版

嵐さん関連の自分のツイートまとめ、その他の所感、覚書など 。ツイートは複数の記事に重複して振り分け貼ることが多々あり。(https://twitter.com/misokakoat5)

ドラマ貴族探偵10話〜(原作は、『貴族探偵』の中の『なほあまりある』)関連。感想ほか自分の呟きなど

前回までのが長くなったので、続き。
前回まで

http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20170612/p1

※ここも更新継続予定。

☆クランクアップ、本当にお疲れ様でした、ありがとうございました。ドラマを早く観たい、でも終わりが来るのが淋しい、今週と来週の間に七日もあるのつらい。でも終わりが来て欲しくない…

☆御前様の怖さが、オンエア後もずっと脳裏を離れなかったな…。ドラマを観始めた頃は、この舞台装置に徹した相葉さん達に感情移入することなく面白がっていた筈なのに、いつの間にか御前様の心を知りたくなっている。愛香さんにも幸せになって欲しいって思う。まさかこんなことになるとは #貴族探偵

☆あらゆる真相の可能性を想定しながら、御前様の台詞ひとつひとつがどのように当てはまるのか確かめながら観るのが忙しくて面白い

☆原作読んだのに、次回どうなるのか分からなさ!

☆それにしても10話の冒頭における、師匠にまつわる愛香の「推理」について、私は心の底から「外れて欲しい…外れててくれ…!」と願っている。この時の貴族の表情が謎過ぎるし、そのあとの使用人達の醸し出す雰囲気も不穏そのもの

☆その一方で、具同家の使用人はなんだか可愛いおばちゃんっぽさがあってホッとした…と思いきやこれまた何、怪しいの?

☆弘基の口から発音された「政宗是正」によって、それが四字熟語でも暗号でもなく、固有名詞であることが愛香にはハッキリしたわけだけど…?

☆確かに。女の子からのモテというジャンルで、弘基は貴族探偵を勝手にライバル視していてもおかしくはないね

☆だって原作ではあの人が、ああなってるドラマ、予告映像すら信用できない。過去かもしれないし誰かの妄想かもしれないし再現映像かもしれない(疑心暗鬼)。ただ、どんな結末だったとしても、御前様のあの口調も表情も愛とも悪とも見える後から振り返って矛盾が無いように演じてる凄さ

☆ドラマのDVD/Blu-rayBOXに麻耶雄嵩様と御前様とのオーディオコメンタリーが付いていたりしたらいいな…使用人や警察チームのスピンオフもあったらうれしいな…SPか映画のDVD/Blu-rayにも(映画化したら劇場にも何回も観に行きます) #貴族探偵

☆原作読んでから、御前様が愛香さんとテニスをする場面を想像期待していたこの私の思いは、スピンオフドラマで救われたりしないかな。星に願いを…でもその代わり御前様の姫抱き髪濡れのあの姿が観られたから。騎士か悪魔か判別不能な雰囲気好きだし、抱く重さも感じさせない流石な演技 #貴族探偵

☆流石、相葉さん毎日トレーニングで筋肉鍛えたり日頃から食生活に気を付けていらっしゃるから…

貴族探偵、麻耶さんの原作には、登場人物に思い入れせずに済むので純粋にトリックそのものの意外性を鑑賞できる良さがある。これもとても面白いけれども、ドラマ化によって、御前様、使用人たち、高徳愛香さん、師匠、彼ら全員の人間性に興味が湧き、いつの間にか私は彼らを好きになっていたから

☆だからこそ一層、彼らに対して生じた疑いに、本気で深く翻弄されるっていう楽しみが濃くなった。つまり、もう私にとって、貴族探偵は人殺しでも人殺しでなくてもどうでもいい人間、では全くなくなった
 
☆彼にはどうしても利己的な暴虐を奮って欲しくない、と私は思うようになった。師匠も愛香も御前様も使用人も好き、という気持ちで観るからこそ、裏の顔への、もしかすると?という疑念に、真剣に苦しむことができ。この苦しい思いこそ、最終回前の今しか味わえない楽しみ #貴族探偵

☆個性溢れる原作と役者さんの魅力を熟知し研究を尽くされた上で、その愛ある活かされ方でドラマは視聴者の思い描いていた常識を爽快にひっくり返してくれています。頭も心も毎週月曜九時から次の月曜九時まで常に心地よく揉まれ掴まれ夢中です、この幸せをありがとうございます!(貴族探偵)
※フジテレビ羽鳥健一様へのリプ

☆26日に最終回をたっぷり堪能したら、私もこのタグで呟きたい。この文字数だけツイートの制限字数が追加できたらいいのにな…いつも毎週のようにこのドラマの面白さとか驚きとか期待や次週の待ち遠しさ、終わってほしくない思い、いろいろあって言い尽くせないんだもん。好き #ありがとう貴族探偵

☆語りたいことがいっぱいあっても、もしかすると最終回を観終わったら、胸がいっぱいになって言葉にできないおそれもある。ていうか今既にそうなりつつある

☆御前様の闇のことが頭を離れなくてくるしいときなどは、この、風間くんと地味な銭湯にいた相葉さんのことを思って精神の安定をはかっていこうと思う(それにしても、風間くん…)

☆風間くんとの銭湯仲良し休日夜会が放送されていたときには、まさか相葉さんがゆくゆくは貴族様を演じるなんて、露ほども予測してなかったから

☆御前様とも山本さん田中さんとも佐藤さんとも鈴木さんとも愛香さんとも師匠とも依子さんとも鼻形さんとも常見さんとも和泉さんとも、お別れしたくない。スペシャルドラマ、スピンオフ、劇場版、どれも大歓迎です。麻耶雄嵩さんの原作続編文庫化もお待ちしてます。 #貴族探偵 #ありがとう貴族探偵

※最終回放送日6月26日の日記に続く
http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20170626/p1