嵐さん関連で置いておくところ、はてなブログ版

嵐さん関連の自分のツイートまとめ、その他の所感、覚書など 。ツイートは複数の記事に重複して振り分け貼ることが多々あり。(https://twitter.com/misokakoat5)

2015.10「BET de 嵐」長文になっちゃった覚書

2015.10「BET de 嵐」長文になっちゃった覚書(ベタ嵐、各質問回答への共感所感など。細かく。ネタバレ有)

※まず何度でも言いたいのは、ベタ嵐。このコーナーは素晴らしい。
色々な質問に対する回答に、メンバーのパーソナリティが垣間見られるのみならず、そこから始まるツッコミトーク、楽しいったらありゃしなかった。
それは後述するとして。


番組冒頭クイズでは山里さんに「良い意味でも悪い意味でも期待を裏切らない」と言われる大野さん。(その通り。)

櫻井さん「なんか皆、スペシャルじゃねえのみたいなテンションだったけど」
二宮さん「スペシャルじゃないとやらない企画だったじゃないですかBET de 嵐って」「なんか勝手にスペシャルなのかなって思って」
相葉さん「調子に乗んないでくださいスペシャルじゃありません、普通に通常営業でお送りしております」
こんなトーク、もう、大好き。

・スピード対決、ジャッジの角田信朗さんに身体検査される大野さんと二宮さんのこの場面にこんなにMK(もえきゅん)状態になってる人も
世に私だけではないだろう。
大野さんの利き手事情、並べる手と出す手が違うという説明の一生懸命さ、ややこしくって愛しい。
一方、マジックでカードに馴染があるであろう二宮さんの不安要素は徳井さんからの自宅レコーダー不調情報以外に見つからない。
小藪さんの娘さんからの大野さん情報「この人な、こんな感じやけど、歌とかダンスとかホンマはめっちゃ上手らしいで」そこに賭けると。「ホンマは」ここポイント。
それに対し二宮さん「歌とかダンスの情報は一切ないけど。ここ。」ナイスなツッコミ。

場に最初の四枚を並べただけでもう既にオデコをコツコツしてキュッとお顔をしかめる大野さん、良い!「追いつめられるの早くない?」って山里さんに囁かれてるよ。
大野さん、ブレイク中に少し舌を出す。これも個人的には注目ポイント。二宮さんのふっくら可愛い手元が映るのも超注目ポイント。
勝負終わって、大野さんに「弱いんでしょうねえ」とイジめる二宮さんも、大野さんの悔しがり方も、それを見て「おっ、悔しそう」と愛でる二宮さんも、なんか良い。

・対クリスティーヌ・ロナウド、キッキングスナイパー。みんな、サッカーユニフォームが似合い過ぎる。タイトルコールの各々方の表情良い。
スタッフからのオファー趣旨が果たしてロナウドさんに「伝わってる?」と心配する松本さん。「多分ですけど伝わってないと思います」と櫻井さん。え、伝わってないの(笑
登場するなり凄いボール捌きを見せるロナウド選手に驚くメンバー。相葉さん「だめだ、話になんないよ」
嵐を知っているかどうか「No」そうだよねの苦笑い。
大野さんから「日本に来て驚いたことは?」良い質問。礼儀正しさや丁寧なおもてなしのこと。
二宮さん「私も違う方向性で体を鍛えているんですけれど何か特別な鍛え方あるのかなって」「着てるシャツで既にオッパイ出てますからね」
何、その二宮さんの「違う方向性」とは。そしてオッパイ見てる。ロナウドの腹筋には「洗濯できるよ!」発想素敵。
ロナウドフリーキック披露、キーパーに指名された相葉さんの困惑顔可哀想で可愛らしい。全く立ち向かえずに逃げちゃうのも。「無理無理無理」「当たったら骨折する」

ベッターから「賭けになりますかね?」の疑問に反論、
二宮さん「賭けになりますかで放送しますかね?」「我々のシマですよキッキングスナイパーなんぞ」櫻井さん「ロナウドさんは嵐の誰よりも年下です」
松本さん「どうする?もし俺らが勝ったら」相葉さん「ポロシャツくださいよ」二宮さん「素っ裸で帰んなきゃ」ここで松本さん、ピアスまで所望するけどそれはダメと。
そして実際、対決になると、両チーム嵐メンバー健闘して、相葉さん、二宮さんパーフェクト出て。(個人的に相葉さんのキッキングフォームが大好きだけど)
大野さんがパーフェクト連続、最後は櫻井さんも決めちゃう。焦る周囲が醸す空気も面白い。ロナウド活躍の場は?
このままじゃ物足りないと、特別にロナウド選手の一人挑戦。パワーがすごい。見事。

・チューブを着てのバンプ相撲対決。
東、松ノ潤。
西、翔龍山。
北、相葉。え?相葉?
松本さん「やっぱ勢いだと思うんですよ」「恐がらずね、思い切りぶつかっていくのが勝つ方法」
櫻井さん「あのですね、暑いです!」(ニュースキャスター風味・・・。)「なるべく早く2人を蹴散らして終わらせてやりたい」
相葉さん(四股名が貰えなかったが)「イジメてるわけじゃないですよね?」「勢いだけだったら自信あるんで、思い切りぶつかりますよ」
二宮さん「死んでもいい?」(←なぜこの問いかけ。発想が突飛過ぎてナイス過ぎる。)
相葉さん、やや間を置いてから「死んじゃヤダ」(←最高過ぎる。「ヤダ」が愛され過ぎる。)

「ヤダ」でチューブから覗かせる表情と声がもう、もう。
この夜はタイムラインに「死んじゃヤダ」にやられて倒れる人々が溢れていた。
暫し幽体離脱


二宮さんによる予想、解説、「翔龍山と松ノ潤はちょっと考えてるかもしれない。ただ相葉は今もう、ぶつかることでワクワクしてる」流石。
そして勝負はあのように早々と飛ばされる櫻井さんも可愛いし、ワンパクと評されてた相葉さんも頑張ってたが、松本さんにひっくり返され
転がる彼らが愛しい。
松本さん「見てる以上に超大変っす」の大変顔、良い!

※この相撲企画はその後、2015.12.3放送のVS嵐 BUMP相撲対決回として発展した。ここでも松本潤さん優勝。すごい。

・ベタ嵐。
櫻井さん「普通にやったら多分、ほぼほぼ同じ回答、横並びになるんじゃないかと」あ、そうか嵐メンバー仲良しだもんね、と思ったら
松本さん「ほぼほぼ東京ですし」二宮さん「ほぼほぼ東京で、ほぼほぼA型ですから」と、相葉さんイジリの布石が敷かれてく様子が美味しい。
嵐唯一の千葉出身且つAB型の相葉さん、またも「何か今日俺、イジメられてる?」

ベッターの予想、
佐藤さんから、松本さんに関する情報「ロケバスの中で一人黙々と週刊少年ジャンプを読んでいて、意外と普通の男の子なんだなって」
受けて櫻井さん「お言葉だけどね、彼、5年前ぐらいにね、ブラインドみたいなサングラスかけてた」普通じゃない!
清水さんからは、千葉だからベタだろうと言われ、相葉さん「あんまり言うと千葉の人を敵に回しますよ」
徳井さんから「バランス感覚の良い人」「圧倒的に緊張しない」と言われた二宮さん「圧倒的の使い方間違ってる」
賭けられなかった残り二人、櫻井さん「私と大野さんは個人的に楽しむということで」大野さん「ウチらちょっと変態要素があるみたいな」

このベタ嵐は、今後も企画して欲しい素晴らしいコーナー。メンバーの感覚の相違を見るのが楽しくて。

※以下、質問と回答とコメント集(と、どうでもいいかもしれないけれど私の感想)

一戦目、二択問題

1、宝くじ当たったら言わないのは大野さんと二宮さん

二宮さん「別に言わなくたってできるじゃない、飯連れてくのは」「それは大丈夫、大口が入ったって言うから」「大口の案件が入ったって言う。」
こんな表現よく思いつくなあ、二宮さん。面白い。
この答えに櫻井さん「バカだねええええ(笑)」楽しい会話。

2、女性に会ってつい目が行くのは胸、相葉さんと二宮さん。残り三人は脚に目が行く。

松本さん「(脚)上級者だよね。」二宮さん「脚は上級者なの?」櫻井さん「NEXT STAGE 行っちゃってるかも」
松本さん「胸とお尻だったらお尻なんですけど」「脚もお尻の一部と僕は考えました」

身振り手振りで説明する松本さん。MJ松本さんが語ると、この話題、何か高尚で深いお話に聴こえなくもないけど、要は、そんなにもお尻が好きなんだ。
良く考えたら可笑しい図だ。

誰も訊いてないけど私は胸に目が行く。女の人の女らしい特徴的な部分だから。なので私は、相葉さんと二宮さんに特に共感。

3、初デートは遊園地よりも映画館、全員一致。

櫻井さん「これからも仲良くやっていこうね」
はああ、仲良し、良い。そして遊園地より映画館のほうが周囲に気付かれにくいだろうなあ、芸能人の気遣い的に。

4、落としてショックなの財布、大野さんと二宮さん。残り三人は携帯電話。

大野さん。分かる気がする。オフの時、あんまり携帯にしばられたくなさそう。そして二宮さんはきっと経済優先ですね。お金さえあれば携帯電話はまた買えるし、データもバックアップしてあるんでしょう。

5、彼女の鼻毛が出ていたら言うか言わないか、四人は言う。言わない唯一相葉さん「どうやって言うの!?」

大野さん「言わなかったらずっと出てんだぜ」櫻井さん「どうすんの逆に?」相葉さん「何か鏡渡してみたり」二宮さん「無言で鏡出すの?急に?」

私が彼女だったら、よりによって彼氏に指摘されるのはとても恥ずかしい。だから、間接的に気づかせようとする相葉さんにとても共感。彼女の恥ずかしさを解かってくれそう。
とも思うし、
はっきり教えてあげる他メンバーの考え方も、それも好き。つまり彼氏にそれを言われてももう恥ずかしがらなくていいくらいのフランクな間柄を想像しているんだと思う。

6、結婚式挙げるなら海外、唯一松本さん。四人は国内。

流石の松本さん、似合う、海外。皆を呼ぶのに海外のほうが良いという発想。せっかくだから非日常なエンタメを味わってもらいたいんだろうなあ。
二宮さんは「国内のほうが呼びやすくないですか」これはこれで現実的で経済的で親切かもしれない。

7、息子がアイドルになりたいと言ったら許さないという唯一、大野さん

大野さん「いやいやアイドルは家族で一人いればじゅうぶんです」「一家に一人」
櫻井さん「パパー、アイドルになりたーい!」
大野さん「うん、ダメ。僕がアイドルだから」
二宮さん「オマエがやめてやれよー!」
このくだり可笑しくって!

だけど、これは私の勝手な憶測だけど、大野さんはもしかしたら、アイドルの背負う諸々、脚光を浴びることと自由とのジレンマ、など、色々なことを考えたのかなあ)
でも、そんなシリアスな話の流れにしないで、一家に一アイドルという面白ネタに落ちを持って行ったセンス、大野さん、私は好きです)

8、結婚したいのは?相葉←相葉さん、櫻井さん 二宮←松本さん、大野さん、二宮さん 

少数派になってしかも自ご分を選んだ相葉さん、恥ずかしそうに「消して消して!」
二宮さんもご自分選択。
相葉さん「ま、でも、一人いればじゅうぶんだからね、結婚でいうのはね」と、相葉選択が少数だったことをネタにする。面白い。
櫻井さん「インドア派二宮とアウトドア派相葉。僕、どっちかというとアウトドアなんで、相葉くんかなっていう・・・真面目に答えた(恥ずかしい)」
櫻井さんは本当に相葉さん大好きなんでしょ。
松本さん「すごい悩みました。悩んだ結果、ニノは結構、受け身だから、俺が引っ張っていけるな。って、何言ってるんだー(笑)」(恥ずかしそう)
こういうの照れてるの可愛いい。
大野さん「僕は意外と、彼(二宮)は何でもやってくれると思うんですよ。ずっと家にいるから。掃除・洗濯、全部やってくれる。やれって言ったらやりそう(笑)っていうとこっすね(照)」
これ、照れ隠し入ってると私は思う。絶対。
二宮さん「(松潤か大野かと言えば)それはもう松本さんですね」大野さん「俺、アンタ選んでんだけど(切れる)!」二宮さん「こういうところ。こういうところがあるんですよ」

二戦目、自由回答

9、巨人の四番と言えば誰 相葉さんと大野さんが「原さん」

10、おしゃれな街と言えば 大野さんと二宮さんが「代官山」

相葉さんは青山。松本さんNY。櫻井さんはパリ。海外という発想がこのお二人にはある。すごーい。私も無意識に国内から選んでたのに。

11、カラオケで嵐の曲を歌ってと言われたら。四人は「ARASHI」大野さん「ラブ ソう スイート」←表記w 

照れる大野さん、かわいい。カラオケで一人でラブソー歌う大野さん、かわいい。
嵐メンバーは、カラオケで嵐の歌をうたうとき、自分のパートしか分からないという話。
松本さん「ラップ歌えない」
櫻井さん「持ちつ持たれつ」とニッコリ。

12、TOKIO五人に同時に誘われたら誰と行く 大野さんと二宮さんが、リーダーで一致。

二宮さん「他の方たちに、どうお断りするべきかって考えた時に、リーダーからも誘われているんですよ、って」
確かに。とても納得できる人間関係スキル。
「松岡」って呼び捨てになっちゃった相葉さん。時間切れだったと必死で弁明(笑)。

13、大御所芸人と言えば誰 松本さんと大野さんがさんまさん。櫻井さんと二宮さんがビートたけし

ここで志村けんさんを挙げる相葉さん。ああー、素敵。

そして一番のベタ嵐は・・・、
相葉さん以外の四人。
二宮さん「ほぼ東京で、ほぼA型が」相葉さん「やめろ!」
このやりとりも大好き。

タッチペンで書く字も個性あって、このコーナー、楽しい。
同じだったり違ったりする嵐五人、それぞれの感じ方で、様々な場面で、それぞれの気遣いをして生きているんだなあ、って思った。
もう一度言うけど。ベタ嵐。ナイス企画。もっともっとやって欲しい。