嵐さん関連で置いておくところ、はてなブログ版

嵐さん関連の自分のツイートまとめ、その他の所感、覚書など 。ツイートは複数の記事に重複して振り分け貼ることが多々あり。(https://twitter.com/misokakoat5)

ドラマ『貴族探偵』最終回(第11話)の放送日が遂に来てしまって、私の叫びのまとめ(下のほうに僅かにネタバレあり)

ドラマ『貴族探偵』最終回の放送日が遂に来てしまって、私の叫びのまとめ(更新継続予定。もしかしたらDVD/Blu-rayBOX購入視聴まで?いや、映画化されたのを観たりするまで?二年か三年後の1月3日にスペシャルドラマを観ることができるまで?)

※関連記事
http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20170619/p1

☆ごめんなさい私も留年したいです。卒業できない。「先生、分かりません、それってどういうことですか?御前様って何なんですか?」って質問し続けてゆきたい #貴族探偵

☆最終回前にこんなに脳も心も大変なことになるとは、1話を観た時点では実は思わなかった。もっともっと気楽に観られると思ってたのだった。けど、それこそあの『ようこそ、わが家へ』の最終回前の気持ちと言うのが、本当にどう終わるのかそのことばかり考えてご飯も喉を通らない勢いで

貴族探偵の登場人物が幸せになるかが心配な自分には、二つの大きな拠り所を思い出させたい。一つは、原作。改変してても『なほあまりある』でしょ?と。もう一つは『ようこそ、わが家へ』で視聴者を一度どーんと揺さぶってから幸せの高みに昇らせてくれた羽鳥さん黒岩さんが手掛けるドラマだよと

☆そんなこんなで、麻耶クラさんの用語を拝見し、「壁本」って言葉を知ったけど、(神様ゲーム読んだとき、まさしくその気持ち分かった)…テレビだと壁リモコンになるのかな、だから、最終回後に楽しい意味での「してやられた!」の気持ちでそれをやってみたいと思ってる。心から。 #貴族探偵 

☆だけど、ドラマ最終回を見届けたらゆっくり浸ろうと思って取っておいている『さよなら神様』が手元にあるんだ…こうして少しずつ麻耶雄嵩さん作品にも親しみながらBOX発売を待ち映画化を願っていく。まだ私のなかでこの世界は終わってない #貴族探偵

☆予想を裏切っても期待は裏切らないドラマ。関東視聴率ばかりで表面的な判断されがちなこの世で、しっかり観た人が幸せになってる。好きなものは好き、麻耶クラの方々のお声が心強いです。最終回待機。 #貴族探偵 #ありがとう貴族探偵 #ありがとう麻耶クラの皆さん

※そして最終回を観。以下、僅かにネタバレあり

☆何という最高な反転…!サイコーな再現映像〜!!最っ高の壁本ならぬ壁リモコン〜〜!!!鼻形さんがそんなことを!!!! #貴族探偵 #ありがとう貴族探偵

☆#また会おう貴族探偵 いやキャスト全員にお会いしたいね!DVD/Blu-rayBOX発売決定

☆(別あか)あらゆる意味でひっくり返して来た!あの台詞をあの人が?あの役をまさか、あの人が??反転芸術 #貴族探偵 #ありがとう貴族探偵 頭可笑しくて大好き過ぎたわ…。/最の高にも程がある。原作読んでてもこんなに翻弄されて突き落とされて吹き上げられてもうね、死んだ。私は死んだらしい。当分記憶を失いたい。もっかい記憶を消してから観たい #ありがとう貴族探偵

☆これまでも、一粒何度美味しい多重解決、叙述トリック実写化、掴み所ない舞台装置探偵、可愛い筈の相葉さんの御前様が見せる深淵…夢のように思い出す。目の前の闇には何重もの色が隠れてると教えてくれて最後は裏表大逆転 #貴族探偵 #ありがとう貴族探偵 #貴族探偵本格ミステリ大賞特別賞を

☆各話毎の事件と併せ「御前様の思惑と師匠の過去」という謎解きの楽しみ。その未知の快感への扉には、素敵な原作とその世界観に誠実な出演者や制作者の皆様や最高なミスクラの皆様のお蔭で連れてきて貰え幸せ。映画化祈願 #貴族探偵 #ありがとう貴族探偵 #また会おう貴族探偵

☆(おや?いつのまにまに神のまにまに…)

☆あと、何気にアメコミタッチで描かれた鈴木さんがスタイリッシュでカッコ良かったな

☆そして使用人チームが作る「再現映像」がどんどん大規模化していって、どこからどこまで現実か虚構か、どこからどこまで出演者か視聴者か、境が曖昧になってくの好き。いつのまにまに私達が映画館でそれを観ていたい。やっぱり映画化希望

☆もう片足夢の中に突っ込んでるけど追伸…顔と声が一致しないあの再現映像で、「吹替」は雑事ではなかったのですね…zzz

☆違うよ、そんな雑事を貴族がするわけないじゃん。あれは(師匠の仕込んだ?)ICレコーダーの音声でしょうね

☆女探偵が探偵になるまでのプロジェクトに於ける真の黒幕は、彼というより彼女だったんだ。誰もかれも彼の使用人なのに、その彼を使う彼女は只者ではなかった

☆そうね…うん…私もデカブリ夫の実写は見てみたい

☆そろそろ朝の家事に行かないと。今日もシフト休みで良かった。きっと繰り返し観てしまうあの相葉さんの表情の移り変わりとか、スロー再生で

☆やあ…それにしてもあの第1話前の番宣で貴族「女性のケアで忙しいんですよ(笑)」っていかにも相葉ちゃ〜んな雰囲気で言ってたの、何も徹頭徹尾本物で、嘘じゃなく伏線だったっていうのがもうね…(まだまだ #貴族探偵 に関する物思いから抜けられず)

☆最終回、結末わかってから再視聴してる。面白い。愛香の一連の推理披露台詞だけを取っても、その間に多くのミスリードが仕掛けられてた。あの長台詞を聞いてる間もワンフレーズ毎に「ってことはこの人が犯人か…いや、あの人が犯人か…え?そっち?その人のことなの?」振り回された #貴族探偵

☆いつもと順番が逆な、あの推理披露場面の会話の妙、彼らの演技の演技、凄いよね…。あと、山本田中佐藤がそれぞれ各々自分の担当得意分野から語るの、良くできてるなあ。貴族探偵に支えるために磨いたスキルを、貴族探偵を追い詰める為に使ったと見せる当たり、捻ってて楽しい #貴族探偵

☆主題歌のI'll be there は、ドラマ貴族探偵の最終回を観た後で聴くと、一層、これが答えだった!感が強いんだけど、嵐さんの主演作品主題歌って、こういうこと本当にあるある。最終話を観ながら歌の世界がリンクしてることを改めて認め感動する事例、多い

☆しまった、また素敵な呟きをしてる人を見つけてはホームにまで行ってふぁぼるなどしてしまう。勝手にハイタッチしたい気持ちになってしまった。だって嬉しいんだもん。1話から最終回まで素晴らしかったから #貴族探偵ありがとう

☆これからは、ちゃんと観て評価してる記事でアクセスを増やすことを、多くのライターさんに促して欲しいとお願いしたい/サイゾーという媒体名に憎みしか抱いてなかったから私は、どらまっ子AKIちゃんの記事がなければこのサイゾーという文字列を永遠にブラックリストから絶対出すまい一目もリンク踏むもんか赦すまじとまで思ってたんだから、逆にだからそれほど今回のこの記事に限っては素晴らしいってこと(重い)/何がそこまで素晴らしいかって?きちんと観たうえで分かって書かれた記事だったから。

☆愚痴のようになってしまった。ともかくも大手芸能事務所のアイドルが演技仕事すると、商売ややっかみなど様々な思惑や感情を動機として、対象を下げ貶してくる勢が常にいるから、その中で、良いものは良いとブレずにその作品を支えるのって、なかなか精神的に大変だと思う。ありがとう

☆初めは私、貴族探偵に対して恋慕の感情までは持たずに済んでた。無邪気さと人でなしな部分を感じ、心が能力が読めそうで読めない興味深い人物として好き、という段階に留まってた。でも最終回を観た今になって、闇への疑惑も経てから彼の矜持とか、重りが外れたような笑顔も垣間見て、恋が始まった

☆言動を読もうとすると、スッとそれをかわしてしまう、冷淡かと思いきや、本当はそんなに優しかった?そうやって揺り動かしてきたのはそれも趣味なのか、趣味と見えて真の無言の愛なのか、どちらにも解釈できる余地のある表情が絶妙だったの。相葉さんの貴族探偵に掴まれた。離されない。また会いたい

☆あの第6話の、桜川伯爵と話してる御前様、相葉さんがあんな恐ろしげな目で…あんな静かに人の心に冷気を流してくるような声出して…何なの。先の展開が怖くて泣いた私の涙、いったいどうしてくれるのって思った(今となっては良き思い出) #貴族探偵

☆蚊帳の外だった姫が反撃(or恩返し)に転じ、今度は御前様をサプライズパーティの主賓に仕立てる計画開始、知らぬは貴族ばかりなり。あのラストアバンチュールが、その序奏?真の初恋に溺れた貴族はふにゃふにゃに壊れ再構築される?等と妄想して遊ぶの楽しい(貴族探偵)

☆(こちらを拝見しての共感 https://twitter.com/wisparadise/status/880365498998824962)頷ける…なんていうか相葉さんて、ラジオや雑誌インタビューでも伺えるけど、あんまり「自分」であることに執着してない感じがする。需要に対する供給者であることを常に考えてるお人のように思う。需要があってこその自分であって、それはいつまで続くか分からないとよく仰ってる

☆#相葉御前に大きな拍手を アンコールしたい。盛り上がってんの!まだまだまだまだ行ける!

☆私の場合、大野さんの主演で怪物くんというドラマが作られMonsterという主題歌が世に売れたからこそ、何この歌カッコいい…この人たち素敵…ってなって嵐さんのファンになってそれから数年後、こうして貴族探偵への物思いにどっぷり漬かるはめになったので、大野さん忍びの国おめでとう

☆そして数ヶ月前はあまり嵐さんのこと気になさってなかった方が、この御前様からファンになってくれて、二宮さん担当への道を歩み始め、山田太郎ものがたりプラチナデータ、母と暮せば、GANTZ、大奥、と順調に沼にダイブしているご様子を相互フォローにて見せていただき、とても楽しいです(2017.6.30)

☆そして、日曜には月曜を思う。改めて、貴族探偵の世界が私の心をこんなに占領していたことに気づく。あの衝撃的な最終回を観たあとで振り返ると、みんなの演技がどれも伏線でトリックだった。予約してあるBlu-rayBOX届くまで、何度も録画を繰り返し観る日々になってる。(2017.7

※最終回の翌週、貴族探偵の放送がない月曜、7月3日。

☆気持ちはあるんだけど、個人的には次のクールが始まったら団体行動は遠慮する

※毎週月曜9時に貴族探偵第1話から順に録画を観て皆で実況ツイートしようという趣旨の呟きを読んだ

☆どの方面にもめいわくのかからない応援をしたい

※なるべく好きな人に敵を作りたくない

貴族探偵のラストLINEメッセージ温かくて感激しちゃうね。麻耶雄嵩様の原作の表紙とコードブルーのヘリが共演してるお写真、ありがとうございます #貴族探偵

☆懐かしく第1話を観てる。切子さんと愛香さん変顔合戦微笑ましいなあ #貴族探偵

☆和泉さん美しい… #貴族探偵

☆ようこそ、わが家へ #貴族探偵 

☆うわー御前様の笑顔を観てしまい泣くし鼻形さんの面白表情変化(第1話) #貴族探偵

☆第1話をおさらいしてる方と、第12話を観てる方とがいまこの月曜9時台に存在していることが、これ自体、このドラマがどのように愛されていたかを示すようです(真面目な話です) #貴族探偵 #エア貴族

☆御前様と佐藤の趣味話、蘊蓄をいつまでも聴かせてほしい #貴族探偵

☆giri どんな気持ちで鼻形さんの「ぽーるーぱ」を聴いたのかな #貴族探偵

スペシャルドラマでは御前様と愛香さんテニスの試合して欲しい #貴族探偵
 
☆ん〜やっぱり第1話と第11話(最終回)との比較が超楽しい。最終回まで観たからこその楽しみだよ…どことは言えませんが、あれとかこれとか見返すと凄い捻りが利いてる #貴族探偵

☆あ?なにげなく見過ごしてたけど依子さんを御前様と脳内でキスさせてる愛香さん #貴族探偵

☆そして御前様のこの、泣くかと思わせる笑い、サイコーだった #貴族探偵

☆「ですが探偵とは何ですか」 #貴族探偵/って御前様が全国のお茶の間に問いかけていた。

☆主題歌I'll be there への流れが優れてい過ぎる、何度観ても。そして次回予告も英語ナレーション毎回楽しかった。 #貴族探偵

☆貴族という謎に翻弄され、使用人ズとの相思相愛を見せつけられ、愛香目線で振り回され、鼻形さんに笑わされ、師匠に驚かされ、愛香の嬉し泣きに貰い泣かされ、御前様の優しさの上で転がされた日々、その快感が忘れられず。映画or SP希望、できれば怪盗マダムにも逢いたい #貴族探偵

☆ということで今日は、ロスを癒すために、第1話の録画をCM含めて観ていました。ありがとうございました。(2017.7.3)

麻耶雄嵩さんの『さよなら神様』単行本に続いて文庫本も、やはり買ってしまった。福井健太さんによる解説の中に #貴族探偵 について麻耶先生が相葉雅紀さんと対談した『小説すばる』からの引用がある、のが私の購買を後押しした。我ながら何やってんの感がある。でも嬉しかったから(2017.7.7)

☆『神様ゲーム』は非情さがつらくも思えたけど、なんかこの『さよなら神様』は読んでて「あ、神様って、このように年齢性別往き来自由で何にも囚われない視点のことをそう呼ぶ概念か装置かも」って思う。貴族探偵に通じそう。鈴木が御前様の美人秘書の生き方をたまに味わうのも、それはあり得るかも

☆で、さよなら神様の場合、犯人の名前だけは知らされ、それが絶対正しいという前提だけ最初に与えられる。犯行動機や背景が誰の目にも未知で、だからこそ最初の名指し情報の発信者が神の目線という、人の力では動かせないものであることが謎解きを面白くしてる

☆人の観測範囲からは犯行の全容が推測しにくいとき、神の目線がなければ真犯人に辿り着かないよね、と言われてるみたいな。この神目線の役割を果す何かは、必ずしも鈴木太郎という小学生の姿である必要はないけど、人善かれの気持ちで動く少年達を謎解きに導くには、あの神の形が良いんだと思う

☆以前にも似たようなこと呟いたけど、装置としての探偵、人としての探偵、てことに思い巡らせる楽しみを #貴族探偵 によって私は味わってた。そしてドラマで御前様や使用人を観てからの私には『さよなら神様』の神様についても、装置としての神様、人としての神様、の両面から見て面白がれている

☆何をされたのか分からないまま時間を遡って読むと二度でも三度でも美味しい原作の楽しみを、ドラマで増幅させてるという点でも、貴族探偵のドラマ化、とても良かったと思う

☆相葉さんの演技で特に私が好きなの(『君と見る千の夢』で車内での会話、『ラストホープ』で父にあれを話す口調、『ようこそ、わが家へ』で4話あの男への叫びや9話太一への言葉、等)は大抵、声の出しかた涙裏声掠れ声伴ったり好きなんだけど、御前様の場合、無言での演技も凄い好き #貴族探偵

☆#貴族探偵 (私はもう月曜夜が忙しくなっちゃったし、思うところあって、夜9時に録画を観るのは先週で終わりにしたんで、時間差でツイート遡って読みつつ思い出し浸ってたんだけど)第2話って田中さんの可愛いところがめっちゃ出てた回だったなあ(2017.7.11)

☆それと、ああ…御前様が愛香のことを生き物に喩えるの今後も継続なのかな、面白っ、て思ったんだった。今になって思うと、中の相葉さんのお仕事に寄せてくれてる遊び心かも、という、想像もできる。(想像だけどね。) #貴族探偵 

☆他と比べたり比べられたり妬んだり妬まれたりするような世俗の雑事からは遠ざかっててもらいたいのです。私にとって、唯一無二だから貴族探偵

☆『さよなら神様』(麻耶雄嵩さんのミステリ)の、しばらく勿体無いから未読にしていたけど最終章「さよなら、神様」を読んでしまった。神様よりもヒトが強いような気がしてしまう。鈴木は主人公にとっての神様の地位を、あの彼に譲る羽目になっちゃって、ちょっとさみしくはないかしら  

☆#貴族探偵 を経たからか、大概、今の私も感覚が麻痺してるかもしれない。神様が残酷なんじゃなくて、神様さえ利用する人間の脳のほうが残酷かも…って気がした。自由な神様だからその酷い場所から飛び立つことができるけど、でも忘れられてしまう鈴木可哀想可愛いかも(『さよなら神様』)

☆それにしても「比土との対決」からの展開は流石に心に堪えた…その前の章の「バレンタイン昔語り」では「うわあ〜これもまた実写困難なトリックにやられた〜」って思って、そこまでは割と楽しむ余裕があったんだけど(※これ以上は言えません)(『さよなら神様』)

☆そしてこの『さよなら神様』の「さよなら、神様」を読み終えてからまたドラマ #貴族探偵 最終回のラストを思い浮かべるとね、不思議とハートマーク♥が心に浮かび、それを手放しで喜んでていいのか、まだ何かあるかも、って複雑な気持ちになるのでお薦めです

☆うん、そうなんだよね、「アイドルが主演か」「きっとジャニーズのファンばかりが褒める為のものだろう、私は興味ないぞ」的な偏見が、いまだに多いよね。勿体無い。私は新規ファンなのだけれど、ファンになる前の気持ちも分かるし、また、その偏見が如何にしょうもないものだったのかも分かる/ただ、最近、Twitterでも #貴族探偵 や #忍びの国 に関して、そういったアイドルに対する偏見を持たずに真面目に鑑賞して評価してくれる方々の声も多数見掛けるようになり、とても嬉しい。

☆そして、メルカトルと美袋のための殺人、もポチりました。楽しみ。行ってきます

☆#貴族探偵 DVD/Blu-rayBOX届くの待ち遠しい。どれ程に愛情もってこの原作をあんなに活かして面白いドラマを作ってくれたか分かる、ふじおしの収録も楽しみ

☆月刊YOU8月号(特大号)、ひうらさとるさんの漫画『貴族探偵』、原作「なほあまりある」、完結。爽やか飄々とした味のこの御前様もカッコいい。最終ページの直前のコマのアバンチュールみ、ドラマの最終回も思い出しつつドキドキしながら読了。戸惑う愛香さんが可愛い #貴族探偵

☆#貴族探偵 ドラマも小説も面白かったから、麻耶雄嵩さんの #メルカトルと美袋のための殺人 を買ったのだった。収録作の最初の『遠くで瑠璃鳥の啼く声が聞こえる』、何これ、こんなのよく思いつくよ…なっ…何これ…これは…よく思いつくよね、…美袋のそばにいってドンマイ言いたい

☆『化粧した男の冒険』(「メルカトルと美袋のための殺人」に収録)に進んだ。あのね…メルカトル鮎の失礼な物言いに比べたら、貴族探偵ぜんぜん優しいじゃありませんか。

https://t.co/EcO0HtPhXW 貴族探偵について、こちらの考察を拝読。素晴らしいです。追記された部分も百万回頷いて読ませて頂きました。
記事引用「ドラマ第1話から第4話にかけて、そのような方向で確立されてきた相葉貴族探偵ですが、桜川伯爵家を舞台にしたドラマ第5・6話(「春の声」)になると、成り上がり者たる花婿候補たちへのシビアな態度など、一味違った“貴族(に近い)世界での貴族探偵”がうかがえます」
記事引用「第6話の終盤からは裏に秘めた企みをのぞかせ始め、“善”とも“悪”ともつかず得体の知れない印象が強まっていき、ついにドラマ第10話(「なほあまりある」前編)ではタメにタメた末のわずかな出番で、昏倒した愛香を抱きかかえてラスボス級の迫力を漂わせる姿まで披露しているのが圧巻」

https://t.co/EcO0HtPhXW 拝読し、#貴族探偵 初回放送時に視聴者が抱いていた貴族イメージと麻耶雄嵩さんの貴族探偵との相違や、このドラマの貴族に相葉さんの演技が正解だった理由に、とても共感しています

☆そしてまた羊毛亭さんの考察を繰り返し読んでます。原作の「推理をしない探偵」という特殊すぎる難しい存在を主役に連ドラを作るにあたり、如何にナイスな工夫がされていたか、製作スタッフや出演者さんの並々ならぬこだわりに改めて思い致しています #貴族探偵

☆未だほんの僅かしかその作品を摂取してない私如きが麻耶雄嵩さんのインタビュー目当てに買った『Katsukura』。作品が「びっくり箱のよう」と喩えられてる。頭良い方だなあとつくづく思う。探偵から「推理」を削ぎ落としたり、探偵から「他人の評価」を取ったりの発想がとてつもない(2017.7.27) 

☆記事引用させて頂きますと「原作を尊重しながら効果的な改変を加えてあり、原作付きのドラマであるにもかかわらず原作既読者もまったく油断のできない、実に優れたミステリドラマ」全面賛同します。 #貴族探偵 https://t.co/EcO0HtPhXW

※本編放送終了後も、エア貴族探偵を視聴している設定で遊ぶ「#エア貴族」というタグが、Twitterの世間に発生していた。

☆プレゼントのあいるびー音頭初回限定には浴衣姿のMV、使用人ず版と嵐五人版が収録されてる?メイキング映像で田中さんの淹れた紅茶飲んで談笑するメンバーを観たい #エア貴族

また、本編放送後の月曜に、また第1話から一話ずつ貴族探偵を鑑賞する趣味は世の中に存続しており、私もさすがに月曜夜9時とぶつけたりはしないものの、少し時間や日をずらしておさらいしたりした。

☆やっぱり私は…第8話で御前様の優しさを嬉しそうに語る田中さんがめっちゃ好きだし、席を外す御前様が好きだし、愛香とカツ丼を一緒に食べようとする鼻形さんが好きだし、女探偵さんに構ってないで早くこの男を連れてけみたいに言う御前様が大好きだな… #貴族探偵

☆警察の人々を官憲って呼ぶのもそうだけど、修理業者さんを工夫(こうふ)と呼んだり、恋愛を色恋と言ったりする、なんかああいう御前の、いつの時代の人なんだよ感がとても良い。「そういうのがこの世界の貴族なんだろうな」って思わせるの超好き #貴族探偵

☆鼻さん、愛香が電気スタンド触ったとき「ああ、熱いぞ熱いぞ」って注意促してる、優しいなあ!ていうかさっき自分もあんなことしたとき思いがけず手が熱かったんだね可愛いなあ!(8話)

☆まあ、だからそんな鼻形さんのキャラを知ってるから、御前様は、鼻形さんの間違った推理にもあんまり真剣に怒ってない(よく見るとそういう相葉さんの口元をしている)。ただ田中さんや紅茶のことには思い入れがあるから、あんな強い口調を使う。いま観るとめっちゃ楽しい8話 #貴族探偵

☆とにかくね、最終回まで観てから戻って見直すと、たとえば相葉さんの台詞でも表情でも、初見の印象とは全く違う色が出てきて、騙し絵みたいで面白いってば。早く最後まで全話を観てこの楽しみを味わえるステージに来て欲しい #貴族探偵

☆ドラマ貴族探偵はなぜ月9で映像化されたのか | そうまる #pixiv https://t.co/1GsH1ZwxXL
記事引用させて頂きます「豪奢過ぎず、スマートで、なおかつ、なにも考えていないようにも見えながら重要なことは行っていく得体の知れなさがあった。  なにもしないことと頂点に立つことの両方を兼ね備えていたのである」
こういう役が可能な相葉さんだとつくづく思った
記事引用します「ブラックさをコメディに変換し、ミステリ部分を強化することで死体や人間関係といったものの生々しさを減らし、そして画面をどこまでも美くしたことで現実から遊離した別世界を作り上げた」…だから大好きなドラマになった。貴族探偵

☆私は、いつか貴族探偵SPが観られるとしたら、そこには高徳愛香さんが絶対に居て欲しいので!!

☆I'll be there イントロが流れただけでもう、あの各話の終わりを観ながら感じていた、御前様の表情が観る者の脳を揺さぶってくる絶妙な正体の分からなさの快感、そしてあの師匠は実在?非実在?彼らの真意は何?等、ドキドキしながら次週を待ち焦がれた気持ちを思い出してしまう #貴族探偵 #untitled
(2017.11.28 日テレ音楽の祭典ベストアーティスト、I'll be there とDoors 〜勇気の軌跡〜が嵐メドレーで歌われる)(また、この日はドラマ貴族探偵DVD/Blu-rayBOXのフラゲ日)

※2017.11.29 貴族探偵Blu-rayBOX発売

貴族探偵Blu-rayBOXを開けたっ。開けるの勿体無かったけど、観なきゃ勿体無い。箱が書物っぽい。好き。深緑に金文字、金の紋章、まさに御前様。深緑は緑が深いっていうことだよ、良いよね…相葉さんって感じ。ブックレットが44ページ、表紙が革の雰囲気。格調〜。映像特典ディスクを観ようかな、まずは

☆メニュー画面に流れてる音楽に聴き入ってしまって画面を見詰めてしまって時が止まる

☆意を決して、やっぱりメイキングから観始め。ティザー第1弾の撮影場面から、っていきなり相葉さん!何これ凄く相葉さんが、もう…待って欲しいこれいきなりちょっといけめてい過ぎるちょっとしんどい、振り出しに戻って気を取り直してもっかい頭から

☆ちょっとツイートしてる場合じゃないカッコ良さだ、しばらくこの相葉さんを鑑賞する時間を取る。

☆#貴族探偵 素敵な表情を一時停止したり繰り返したりしてじっくり鑑賞してしまい、なかなか視聴が先に進まなかったけども。メイキング、相葉さんの語る心構えがとても好き。「品の良さ」(ありますよね)「育ちの良さ」(ありますよね)「自由奔放」(似合います)って思った

☆共演のメインキャストの方々も皆さんキャラが際立ってるし、松重さんのおっしゃる「ありえない設定を、恰もこういう人が居るように・あり得ないリアリティを追究」の言葉にとても頷けた

サルーン内調度品や事件現場作成のこだわりが半端ない・使用人ズによる再現ドラマ撮影の様子が和む・武井さんに「潤いが足りません」の台詞を言った場面のあとの相葉さんの優しい一言にほっこり

☆クランクアップ場面集に鼻形さんと依子さんの未公開シーンも。生瀬さんホント面白い。武井さん笑顔めっちゃ可愛い。相葉さんの「自信になりました」というのも聴けて嬉しいし、そのあとのコメントも茶目っ気あって好き


☆#貴族探偵 (BOX特典)製作発表、登場の仕方がめっちゃ貴族…ってうっとり観てたら「撮影中のエピソード」で語られる可愛い話に「わあ相葉さんだ」ってなる。共演の方々を紹介するコメント、共演の方々からのコメント、その言葉の選び方、皆さん感じが良く且つ面白い
 
☆真夜中の大変な時にうっかりしてしまったスタッフさんへの相葉さんの対処、そしてその件に関しての生瀬さんからのコメント、もうホント好き過ぎる

☆「もし自分に使用人がいたら」の質問への皆さんの答えも楽しい。そしてドラマストーリーにラブへの期待を語る相葉さんが相葉さんで良い。そしてティータイム謎解き企画での御前様のお振舞い…そうなるのか!好き!ってなった。

☆「絶対!見たくな〜るTV」も、ラフにお喋りする相葉さんと生瀬さんの色々面白いお話が聴けるし(趣味のコレクションに関するのとか、すごい可笑しくて好き)
 
☆「スポット集」、毎回の英語混じりの予告が楽しくて、ずっと観ていられる。あの予告も、この殺人事件がどちゃくそ多発する物騒な筋書きを深刻にさせずに楽しませてくれてた。お伽噺みたいで、このドラマの遊び心を存分に感じ #貴族探偵 #貴族探偵の世界へ再び誘います

☆ということで貴族探偵特典の映像は、一通り観られたところで、またメイキングのあの冒頭のむちゃくちゃ細くてスタイル良過ぎて怖いお顔の相葉御前様をリピートしてしまうこれからなう

☆#貴族探偵 そんなこんなで特典メイキング映像の二巡目を観た。相葉雅紀さんのクランクアップ挨拶、やはり観てて感無量になる。フジ月9ドラマ30周年のプレッシャーも大きかったに違いない中、こんな特殊な役で、こんな不思議な存在感の演技をやりきった感動が伝わるようなコメントで、嬉しい

☆#貴族探偵 最終話で使用人ズの推理披露後の御前様の目の潤みを観て、最初は私、「使用人に真犯人扱いされる役が哀しかった?」って一瞬思ったけど、ホントはこの推理の誤りを見抜ける程に愛香が立派な探偵になってるのかが、まだ心配だったのかな?(ふせったーツイート)/…だとしたら、御前様、めっちゃ可愛いし、あの場面があの時刻にリアタイで観てた私に「御前様いったいどうなっちゃうの〜」と不安な気持ちで見詰められていた裏で、御前様は「女探偵さん…貴女はちゃんと育ってますよね?育っててくれたらアバンチュールのお誘いに応じなくもないですよ?ねえお願いですよ?正解に辿り着いて隠されてるホントの優しさ知ってね?」と成り行きを案じてたのかもしれないって思うともうね…。

貴族探偵、相葉さんのパブイメと相反する冷の表情もミスリード誘うトリックとして機能してて面白かった

貴族探偵を切っ掛けに麻耶雄嵩さんの『神様ゲーム』と『さよなら神様』を読んだ当時、ヤバさがとてつもないと思った。今読み返しても、ヤバさがとてつもない。読んでいただければ分かってもらえる。ヤバさが、…とてつもない

☆#貴族探偵 作品賞、主演男優賞、主題歌賞。祝!TV LIFE第27回年間ドラマ大賞三冠。読者皆さんの感想一言一句にめっちゃ頷き…相葉さんの受賞インタビューも佳き。あの難しい役なのに相葉さん上品で怖くて何考えてるか分からない謎で茶目っ気可愛い主役をよくぞ。キャストも物語も唯一無二の世界(2018.3)

☆インタビューページのお写真が素敵にも程があるよね、全世界に見て欲しいレベル。ソファに横たわってるゆるっとシャツ、そして素足〜ラフなのに品よく美人な相葉さんですよ(TV LIFE第27回年間ドラマ大賞 貴族探偵)(2018.3)


※以下、時系列に添えないけど、追加説明。 

※メイキング。ティザー第一弾撮影時のあの相葉さんの黒いスーツだったり、怖い系の表情が素晴らしい。
宣伝用のあの額縁写真、メインキャストの皆さんの表情がとても素敵。
インタビュー時の木南晴夏さんと、ドラマの玉村依子さんを比べると、改めて「役作りしていたんだ…」とつくづく思うので、役者さんて凄い。
クランクイン時の中山さんに飛ぶスタッフさん達の声援「美穂ちゃーん」良い。
生瀬さんのアドリブが心地よいテンポ。
ロケ地の秘密。製作スタッフの熱とこだわりを知る。
相葉さんが武井さんの頬っぺたに「めちゃめちゃ潤ってる」と言ってあげてて萌えの極致。
忍成修吾さんの熱演、好き。
指先が粉砕してるかもしれないと心配する滝藤さんとか、バランスボールで運動する滝藤さんとか、めっちゃ良い。
使用人トリオの再現ドラマ撮影、面白過ぎる。
大きい方のかき氷を選ぶ武井さん。
武井さんをお姫様抱っこの場面、降ろしてあげる相葉さんと降りる武井さんの図を鑑賞。とても好き。
仲間さんのクランクアップコメント、とても真面目そして丁寧…。
田中道子さんのクランクアップ、笑顔、ピョンピョンして喜んでてとっても可愛い。
岡山天音さん「僕のすごい拙い芝居を形にして下さって」のコメント、謙虚。常見さん役、とても良かったですよ…。
クランクアップ時に素で喋る滝藤さんや中山さんや松重さんが可愛くて。女装が楽しくなってきたという松重さん。
謎多き喜多見切子の役を演じていた井川さん、きっと大変だったと思う。素敵だった。
依子さんと鼻形さんの未公開シーン、楽しくて可愛い。生瀬さんの「鼻形雷雨、こと、…」に続く台詞がホント可笑しい。
「アバンチュールのお誘いですか?」言われて笑ってしまう武井咲さん可愛くて堪らない。
相葉さん「この現場を乗り越えた、というか、走りきれたというのは、凄く自信になりました。どこへ行っても大丈夫なんだろうな、という気持ち」「撮影などという最高の雑事を頑張って下さい、一足先に上がります。本当に皆さんお疲れ様でした!」

※製作発表記者会見。使用人ズと撮影の合間にしていたなぞなぞ遊びについて「肩ぶん回して」真剣に考えてた、という相葉さんも大好き。
相葉さんの「しぃー…っ」を再現する生瀬さん、ありがとう。
滝藤さんと「ロングブーツ仲間ですね」と笑う相葉さんとか。中山さんや松重さんから襟足うなじの綺麗さを褒められる相葉さんとか。良い。
松重さんの再現ドラマフィルム製作苦労話、面白い。
もしも使用人を持てたらの問いに、嵐曲振り付け覚えのお話する相葉さん。覚えが遅い?でも「嵐にしやがれ」で、あんなにPerfumeさんの振りを短時間で覚えてたし。
武井さん、使用人にやって欲しいことがそれだけ?可愛い…。
生瀬さん「フジテレビの偉いさんに使用人になって貰って…」の話が可笑しくて好き。
井川さんの主婦っぽい答えに、とても共感した。あんなに優雅でセクシーな井川遥さんも、主婦っぽいことを思うんだ、って。
ティータイム謎解き企画で相葉さんが御前様として山本さんに命じる場面が、超好き。御前様を表現する為に、エア椅子の肘掛け仕草、佳き


貴族探偵から相葉さんや嵐さんを好きになったという方々が、フォローさんフォロワーさんの中に少なからずいらっしゃるのが、とても嬉しい。ねえ長生きはするものですよね!人生どこにどんな楽しみが隠れてるかわからないですよね!って気持ちになりました。 #相葉雅紀誕生祭

☆#貴族探偵 私が出逢ったドラマの中で最も「その面白さを一言二言では説明できない度が並外れてるのに、観てない人にはイメージで分かった気になられがちな」ドラマ

☆あの素晴らしい原作と、素晴らしい原作改編と、原作読んだ人までトリックのひとつになった仕組みと、ドラマのあのシーンの素敵さなど、詳しく紐解いて下さって本当にありがとうです。凄い文章量。 (ネタバレ注意) #貴族探偵 https://t.co/12cpojkIHP (2017.12)

☆#貴族探偵 羊毛亭さまの分析、素晴らしいです!映像だからできる叙述トリック、に超頷いています。あと私は注23の御前様の突き放し理由に納得しました(ネタバレ有り)ありがとうございました!
https://t.co/XP5mkOAWZs https://t.co/TSOluEKYFW


※ドラマ貴族探偵放送から一年経った2018.4.17

麻耶雄嵩さんの、化石少女も面白かったけども。友達以上探偵未満、も読んでみたいなあと思いながら、なかなかゆっくり時間がとれなくて。でもゆくゆくは読みたい。タイトルからして面白そうだし、探偵を何だと思ってるんだろう感がすごく涌く。探偵って何だっけか

☆そして、そうこうしてるうちに小説すばる5月号、貴族探偵対怪盗マダムの、長編出てるんですよね、予約したような気がする、要確認、まだであれば注文するのであった(SPドラマまたは映画でも観てみたい是非)

☆(でもその前に私は読み返してる…)『21世紀本格ミステリ映像大全』これ、ホントお薦め。貴族探偵ドラマ化、如何に工夫されたのかが。脚本の黒岩勉さんのお話も興味深い。間違った推理をも作り、それも正しいと思わせる、ってだけでも大変な頭脳の技

貴族探偵のキャラについては、黒岩さん「相葉さんが演じると嫌味じゃなくチャーミングに見えて、うまくバランス」。原作とドラマの徹底比較で、千街晶之さん「高度なマニアであることが予想される麻耶ファンの期待さえも超えようとする、黒岩の鬼気迫るほどのチャレンジ精神」(本文引用) #貴族探偵

小説すばる(2018.5月号)で連載開始の貴族探偵対怪盗マダム、・お城が舞台なの素敵・依頼者の事情や標的のお宝に一捻りあってお洒落・貴族探偵の登場シーン派手、目に浮かぶ・続き読みたい・続き読みたさに浸りながら脳内でI'll be there流しつつ頁を閉じると尚のこと映像化観たい欲が高まる

麻耶雄嵩さんの描く状況説明に、時折、優雅なシチュエーションに包まれていても絶妙なお笑いのセンスを感じる

貴族探偵さんにあんな格好をさせられちゃう愛香さんが、可哀想可愛い。実写化して欲しいです(麻耶雄嵩貴族探偵対怪盗マダム』第3回)(小説すばる2018年8月号)

貴族探偵御前様とグッスポマスター相葉さんとディスコスター様と神楽坂のコオ先生を廻って歩くだけでも永遠にギャップ萌え楽しめる生活です

☆ドラマ貴族探偵最終回、御前様の愛香さんとのアバンチュール、結局どうなったか、あのキスはちゃんとしたのかどうか、等は靄がかかって想像に任されてるのが貴族探偵っぽい、うやむやな謎でとても良かった。その続きを思って今は寝ます

☆そしてそんなわが家チームの手掛けたドラマ貴族探偵ね…次回予告がまた実に傑作だもん。次回予告だけでもあんなに面白お洒落なの凄いよね


小説すばる9月号の『貴族探偵対怪盗マダム』(麻耶雄嵩さん)…ネタバレしないように私の萌えどころを言うとね、貴族探偵さんが愛香さんにあのようなことを命じてたのは、愛香さんのことを面白がってのことだと思えるのだ(現時点)…とするとホント可愛くないですか?貴族探偵様めっちゃ可愛い

☆ドラマのお蔭で、この貴族探偵対怪盗マダムの貴族様と愛香さんを脳内実写化する時に私は必ず、ちょっと悪戯っぽい表情の相葉さんと怒り顔もキュートな武井さんでイメージしてるから、本当に可愛いのなんのって…。(2018.8 )

貴族探偵ドラマ第6話終盤から御前様に不穏な疑惑が濃くなり、最終話でああなるの、神脚本にブラボーの思い禁じ得ない…あの、…そして誰もいなくなった的なトリックを愛香推理と貴族チーム推理の両方作るの素晴らしいし、桜川翁と御前様の会話も、相葉さんの演技も含めていま思うと凄い仕掛けてる〜

☆#貴族探偵 、#僕とシッポと神楽坂 、どちらも主演相葉さんの役柄がその各作品の世界観やストーリーから求められる演技がそれぞれにぴったりハマってた…求められるものにハマる演技をすることに徹していたのが良くわかる…佳き(2018)

☆そうなのよ、視聴者の予想感想ツイートすらも、ドラマ貴族探偵トリックの一部だったのがめっちゃめちゃ楽しかった…ミスクラの皆さんありがとうございますの気持ち

☆ドラマ貴族探偵の最終回終幕も好きなんだ…物語の舞台装置あらゆる設えが魔法の霧みたいにふわぁ…っと消える感じが好き…演者の皆さんの星座記号が浮かび上がるし、各話のあの場面を遡る夢のような映像を観ながらカーテンコールな気分に浸れて本当に良かった。思い出す

☆ドラマ貴族探偵で「鈴木さん」という役名の存在にざわざわする気分を味わえるので、麻耶雄嵩先生の「神様ゲーム」「さよなら神様」超お薦め。きっと読後に得も言われぬ感覚が待っています

☆それをふまえた上でドラマ貴族探偵で御前様が鈴木に指示するあの台詞を、最終回の視聴記憶を一旦脳内から消して聴いてみてください。もうね本当に…ドラマ制作の方々には感謝です

小説すばる3月号で、貴族探偵対怪盗マダム最終回を読了。ああ面白かった…。絶対ネタバレしないけど、ラストシーンの彼らの表情が目に浮かぶ。良いね…。ドラマ貴族探偵は原作既読でも予測できない展開だったから、もしこれがいつの日かSPドラマ化や映画化されても、きっと大丈夫(2019)

☆ドラマも原作も、『貴族探偵』は主人公のキャラ自体もトリックになってるね…。あとドラマの御前様を相葉さんという、表情に可愛さと親しみやすさと端正さと闇と温かさを併せ持てる人をキャストしたというところに壮大なトリック感じる(2020)

☆フジテレビ貴族探偵初回放送から3年経つの…。毎週毎週展開に情緒掻き乱され痛快なオチに拍手しながら原作ファンの方々の温かいツイート拝読しながら楽しかった
(2020.4.17)

☆主題歌とあの映像がめちゃめちゃ合ってい過ぎて、あの貴族探偵、ドラマのエンディングもサイコーだったもんなあ、「スタンスは斬新…」(嵐I'll be there歌詞)の相葉さんの御前様の手の中で転がされてるような心地で観てた

☆「ですが、…『探偵』とは、なんですか?」の台詞を相葉さんのあの雰囲気で言うのを女探偵さんの気持ちになったつもりで聴くと絶妙に腹立たしくてだけどなんだか憎めない感

☆そんなこんなで、久しぶりにドラマ貴族探偵のあの、当時とてもゾッとした展開の回をリピートしたんだけど…観返すとホント良くできた話、絶妙の相葉さんの御前様の表情、あの演技…やっぱりスペシャルドラマか映画を観たい願望が沸々と来てしまった/
天晴としか言いようがないよ/
貴族探偵の全話を通して観た方々に共感して頂ける気持ちだと思う。流石としか言いようがないよね

貴族探偵 にまた逢いたくておさらいしてる。最終回を知りながら途中の不穏な場面を観返すと、実に見事過ぎ…同じ物語を別な角度から観て感じる知的満足が凄い…よくできたドラマ…相葉さんの表情や口調が、善悪どちらにも解釈可能な何考えてるのか謎な面とか偶にヤバそうな熱情が垣間見える瞬間あり、/
御前様と使用人チームの、奥深さ…慈悲と遊び心に満ちた壮大な仕掛けに惹き込まれて気づいたらもう抜け出せなくなってて…貴族探偵、いつの日か続編かスピンオフを…お願い…(2022.10のツイート)

☆また貴族探偵Blu-rayを観てしまっている。相葉さんの演じる貴族様が女性に優すぃーとで男の人にはこんな手厳しいの堪らん…キザなのに嫌味ではない絶妙なとこホント好き…ドラマオリジナルキャラであるツッコミ役の鼻形さんの存在もめっちゃ良いんだよ…よくぞ鼻形さん役に生瀬さんを…ありがとう…


※関連日記『ようこそ、わが家へ』について
http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20150609/1433816839


※関連日記 『下げ記事ライター助手と信頼できない語り手作者探偵』関連
http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20171103/p1http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20171103/p1