嵐さん関連で置いておくところ、はてなブログ版

嵐さん関連の自分のツイートまとめ、その他の所感、覚書など 。ツイートは複数の記事に重複して振り分け貼ることが多々あり。(https://twitter.com/misokakoat5)

ドラマ『和田家の男たち』に関する自分のツイートとか感想とかを置いておく(随時追記更新)その2

※その1はこれ↓
https://attt5attt.hatenablog.com/entry/20211016/1634310000

※ここには第1話以降の自分の感想ツイートを置く(追記していく)

☆この家族関係、なにげに…想像した以上にスリリングだった…バックボーンも価値観も違う三人の、基本的には家族愛だろうけれど複雑な関係性が…その行く末がどうなるのか続きも早く観たいなあ
和田家の男たち
第1話
#TVer #和田家の男たち
https://tver.jp/corner/f0086801

☆それと世代により、人々がマスコミに期待するものが変化してると改めて考えさせられる。私の幼少の頃は新聞は最強の情報源だと思ってたし「権力」は「監視」すべきものだったけど…インターネットの時代に今の私が気にするのは、対象が権力か一般人かに関わらず誰が何の根拠で広める情報かその正確性、

☆何かを善悪に分けて絶対視することから解放されていくのは喜ばしい反面、今度は正しさが「ビュー数」に左右されてその見極め評価が難しいという問題が出てくるし、何かを突き詰めるよりも安心して気軽に読めるもののほうがビューが伸びる…そういう時代を三世代がどう受け止めているかにも興味が湧く

☆三世代がそれぞれの携わるメディアに象徴されるその時代の常識に基づいて各々が善かれと思うやり方で人と関わっていくことで生まれるものを、見届けていくのも面白いし、これからも楽しみ #和田家の男たち

☆新聞、テレビ、ネットニュース、の性質の違いも面白いし、現代で情報はどんな具合に拡散されるかについて気づきをくれる。ネット記事がアップロードされる際の速さ…瞬間のアクセス数重視…校閲がない…こういう発信側の事情を知ると、ニュースを受け取る側もそれを考えた上で読まないとならないなあ

☆「報道」という同ジャンルに身を置く三世代の各々が各々違う感覚を持っている姿を通して観ると、こちらも、親の世代〜祖父母の世代を振り返って様々なことを思わずにいられない。家族関係もそう…親が子の為に何をしてやるべきの考え方も人によって答えは色々だけれど、世代の影響って色濃くあるなあと

☆#和田家の男たち 家族に対する態度、コミュニケーションのとり方に三者三様の個性が現れている場面を味わいながら、この家族の空気が今後またどんな風になっていくのかにもとても興味湧く

☆最初少し冷淡かと思って観ていた寛さんが、実は案外寂しがりで照れ屋かも、とか…キッチリ仕事人な秀平だけど優を愛する心は優が思う以上に熱いんじゃないかとか…優は寛や秀平に対し心遣い優しくて何か言いたいことがあっても飲み込んでる部分が多いけど今後もっと遠慮なく喋れるようになるかな…とか

☆家族とはいえ価値観や感覚の違う人同志が一緒に生きていく上で彼らがどんな化学変化から何を生んでいくかを観る楽しみがあり、それを堪能させてくれる和田家の男たち相葉さん佐々木さん段田さんの、繊細な声や仕草の演技が観られてとても好きだ

☆そして優を通して見えてくるその生い立ち、お母さんの件、それが優にどんな影響を与えたのか与えるのか知りたい

☆それにしても報道ってインフラな側面もあるけれどやはり商売でもあり、顧客(視聴者、読者)のニーズに応じたビジネスなんだなということを改めて思わされる。フロンティアニュースやバスとぴの舞台裏を見てると…


※尚、本あかのほうでも第1話を観てこんなことを思ってたhttps://twitter.com/komisokabot2/status/1451694124785045505?t=WXgjFpKsv4rrh911waViCg&s=19


☆和田家の男たちの予告動画イイネ…第2話を今すぐ観たくなってしまう

☆#和田家の男たち 第2話…優くんはね…その優しさは、そのままで変わらなくていいんですよ…○○○○○○○○○○○○○○○○○でさえも優くんの良さです愛しさです…と言ってあげたい… https://t.co/NmP0hKuOKz

☆寛さんと秀平さんって意外と似ている部分もある…・父と祖父と優くん、その違う考え方や行動スタイルが互いに刺激を与えていきそう、家族、面白い…・優くんの感情変化が刻々と伝わる場面に見入ってしまう…・父がお母さんを愛してるということを信じていたい感じの優くん…推せる… #和田家の男たち

☆相葉さんには今後もふんだんにキスシーンとかラブシーンとか演じてほしい…あればあるほど私が喜ぶよ

☆寛さんのあのお洋服も素敵だったな〜


☆あと、あの彼女と優くんの相性から考えさせられた。私が感じた優くんの思い遣りの心も、言動に表さねば伝わらないし、表して伝わったらそれは通じるのかというと必ずしもそうでなく、善かれと思ったことが相手にはそうではないことは多々ある。優くんにとってのコミュニケーションの学びに、学ばされた

☆…のだが、やっぱり、和田優くんにはあんまり変わって欲しくはない私…他者に解られる努力はある程度必要だけど…そのままでも良いよと言って差し上げたいところホントにあるよ…

☆優くんがこの第2話の出来事をきっかけに、人に自分の思いを解らせることと人を深く解ることのスキルを磨いていくだろう、記者としても成長するね、うん、そうだな…と、そう考えたら私も気が落ち着くという

☆第1話から比べると優くんは寛さんや秀平さんに向けて少しずつ自分を出せるようになってきたっぽくて良かった
https://t.co/FagX3w86l2

☆それにしても第2話、ヒト同志のコミュニケーションの課題を提示してくれたのみならず、更に私得なのは。優が戸惑ったりものを考えたり何かに心動かされたりする度に、その相葉さんの繊細な心情表現が味わえてそれ私の大好きな演技…めっちゃ美味しいなあ… #和田家の男たち

☆優くんの性格について寛さんと秀平さんが語り合う場面、なんかしみじみとしていて好きだ…こちらにはまだ明らかになっていない彼ら和田家メンバーの歴史を想像して、これから何かが分かってくるそれを知りたさ募る

☆そして天国のお母さんがどんな人だったのか興味そそられる。少しずつ昔のことが分かってくるの楽しみ(…なような、怖いような…優くんや秀平さんの心の奥にあるものにも迫っていくんだよねきっと)

☆#和田家の男たち 隙をみてまたテラサで第2話リピートしてた。秀平さんが父の武勇伝語ってる間の優くん心ここに在らず状態、観てるこちらまで酸欠になりそうなシーンだった…でも観ちゃう…なんか癖になる良さがあるあれ

☆…とか、戸倉さんにいきなり○○されてそのあと精神揺さぶられまくりながら言葉を返す優くんね…良いんだよな…相葉さんの心拍が聴こえてきそうなあの発声とか…良いのよね…思わず優くんを守りたい気持ちになってしまうなあ、何回繰り返し観たことか

☆あんなに色っぽく「築地本願寺」などと言う女子、攻めてるな〜

サトラレ佐々木蔵之介さんの役、好き…という話は前にもしたけど。サトラレ小池栄子さんも良いよね可愛い…蔵之介さんに言い寄られる小池栄子さんね…

☆相葉さんの蝶ネクタイ姿とか天才…似合い過ぎるにも程がある

☆和田優くんの横顔に息を呑む美しさ…あわよくば自分から行くキスシーンが観たいなどと思っていた私だったけど、いやあごめんなさい…受け身シチュエーションだからこそあの相葉さんのしっかり閉じてもない絶妙に完璧な唇の形の可愛さが活きてくる映画のような絵に脱帽でしたよ……(気が遠くなる)

☆#和田家の男たち 第3話、和田秀平という人を一層好きになってしまった…報道番組でのポリシーに惚れ惚れ。情報提供しても視聴者を誘導することは良しとしない、それ大賛成…そしてこんなにりえや優を思って生きていたんだなあ…優を守りたい秀平さん…あの夜の独りでいたくない感が愛しい…→/
そりゃあ守りたいし事件からは遠ざけたいよ、あんなにすぐ人を信じて巻き込まれやすそうな息子のこと…そして、優くんは
そんな秀平さんと、彼を通して母・りえさんの人間性を垣間見て、家族への愛情が更に深まったのかな…と感じる終盤の場面も良かったわ/
それにしても秀平さん、父親の恋にあんなに厳しいのね…寛さんの恋にシンパシー抱く優くんとは対照的な対応なのがなんだか面白い

☆(きっと優くんもそうなんだと想像するんだけど)私の目にも、あの家族肖像画から受ける印象が第1話の頃から比べると柔らかく感じられるようになってきた。和田家の男たち並びにりえさんの心に触れて知るにつれ、彼らのことますます好きになっているからかも…

☆#和田家の男たち の寛さんの恋、私は応援する…だって恋する寛さんむちゃくちゃかわいいもん。あわよくば彼女さんが秀平さんや優くんを好きになってくれたら更に嬉しいんだけど(※第4話視聴前のツイート)

☆#和田家の男たち 第4話・○も○もごっちゃに来るのが人生という、寛さんの、生きたさ…色々なことを味わう時間をいと惜しむような…・亡き人への思いに突き動かされる秀平さん…・対称的な二人の優くんへの愛情、どちらのタイプも好き https://t.co/5jM0U1PyyQ

☆#和田家の男たち 観てると、お互いに思い合う彼らと一緒に、人生の複雑さ奥深さを噛みしめ愛でたくなってしまう気がする
(ふせったー追記に第4話の好きなところ入れた)
https://twitter.com/misokakoat5/status/1459276989857411072?t=K-nAZ40dxH8LnEjiaSDOIQ&s=19

※第4話ふせったー、展開↓
・寛さんも秀平さんも優くんのこと大切に思ってるね…守りたい、真実を教えたい、そのどちらも愛…
・寛さんが秀平さんのこともアンタと呼ぶの何か好き
・怯えつつも身体を鍛える優くん堪らなく好き
・冬木亜蓮さんのお願いの口調がチャーミング
・バズとぴの3人と寛さんで飲んで歌うという状況がもう面白い
・寛さんへのリアクションが秀平さんと優くんそれぞれで面白い
・意地を張ったかと思うと一生のお願いの寛さん情緒振り幅ものすごい…
・祖父の恋を助ける優くんホント頑張ったよ…
・結局は父の幸せを願う秀平さん、やはり推せる
・秀平さんの内心に燃える恨みと事件のことをどう受け止めたらいいのか悩む優くんのこれからがどうなるのか…皆が救われてほしいなあ
・寛さんの昔やっていた部活動が意外だった
・「いつ死んだって良いようにやりたいことを…」それは優くんにも自分自身にも言ってる…?
・あの一行を書きかけて「僕らしくない」からと削除する優くん…何かイイネ
・清宮議員がどこまで和田家を意識しているのか気になる気になる
・三ツ村くんが案外いろいろと勉強してある、抜かりない
・ライバルのライターとして現れたあの人の元の職業に今後の鍵があったりするかなどうかなあ?


☆うん…あの優くん刺してくれたマスク刺繍、皆のお仕事がモチーフでホント可愛いよね

☆和田家の男たち本編最新話はTVerでも観られるけど、過去放送含めた全話はテラサ、そしてアナザーストーリーもテラサで配信だよ…テラサに入っておくと何かといいよ…来期からのとなりのチカラも全話配信されることでありましょうし

☆#和田家の男たちアナザーストーリー 三ツ村くんの人間らしいところも観られて好き…面白い…ライバル逢坂くんに負けるな頑張れ…

☆#和田家の男たち の話に戻るけど…時間経って私の中でじわじわ来てるのがやっぱり優くんが「人は何歳まで」の「セ…」の話題を思い浮かべてから自分らしくないと取り下げた時に彼の心境、如何ばかりか…様々なことを考えさせられるし、

☆世の一般的な固定観念を打ち崩すような寛さんのしなやかな価値観に対し驚きや憧れが、優くんにもまた生じていただろうなあと想像してしまう…

☆ひとつの大きな事件(りえさんの件)を巡っても、それを人生の中にどう捉えていくかのやり方が、寛さんと秀平さんで違うのが、何か、いろいろな人に通じる考え方のサンプルとしても興味深いなあ、その中で優くんもまた優くんで過去とどんなふうに向き合うかを見つけていくの見届けたい…和田家の男たち

☆はい…僕とシッポと神楽坂の時も思った。相葉さんの素のような、それでいて相葉さんとは別の人間、というキャラを作るのホント上手いよね…相葉さん

☆和田優くんには誰かに恋してもらいたい、なぜならそれを観る私がとても嬉しい

☆#和田家の男たち 第5話・ネットニュースビジネスの現実がつらいなあ…・優くんの、物事に対する捉え方、好きだよ…・三ツ村くんのあんな優しさやカッコ良さに今まで気づかなくてゴメンっていう気持ちになった(等、追記します) https://t.co/zPP39p7EEn

・優くんの文章の視点、好きなんだけどな…書きたいこと、伝えたいこと、…と「ビューを稼げること」とのギャップ、つらい
・精神状態が料理の味に出る優くん愛しい
・優くんにめちゃめちゃ美味しい話をする片岡、…優くんが何を前職で不満に感じ何を求めているか分かっていて心を掴む…罪深い…
・密かに舞い上がる優くんの表情、観てるとこちらまで舞い上がるなあ
・褒めてくれる人は良い人と思われてしまう、そんなことを言う志麻さんって三ツ村くん(容易に褒めないタイプの良い人)の良さもよく知ってるんだね
・優くん、どんなに衝撃的なことがあってもその内心に翻弄されずに目の前の仕事に集中してくださいよ…でも良い経験になったね…頑張れ…
・ねえ片岡さんそれはあんまりではありませんか?せめて一言ライターに許可とってからにしてよね
・ライター和田優の本当のファンがバズとぴにいた
・歯医者の女がしたたか過ぎて可愛い
・寛さんも秀平さんも優くんの挫折や成長を長い目で見守ってて温かいな…
のろける寛さん、めっちゃ可愛い

☆第5話、人を見る目も物事の裏を読む目も大いに鍛えられたことでしょう優くん…頑張れ…
https://t.co/oU7G7s5ygJ

☆#和田家の男たち 創作者、発信者のポリシーや本当に伝えたいものと、それを消費する人々からの需要、その兼ね合いについて深く考えさせられる。価値のあるものを生み出そうとする誠実な作り手を、どうしたら買い支えられるだろう…マスコミ業界だけでなく様々なジャンルに通じると思う

☆ところで月を見上げながら思い出に浸るその間も上弦か下弦か気になる優くんって、記者なんだよなあ…!ユーザーの好みにウケるか如何でそんなちょっとした優くんの知と心の豊かさがカットされちゃうかもしれないのはやはり惜しいや

☆#和田家の男たち 第5話の三ツ村くんのあの場面の台詞、いま聴き返すと何かそこに込められている気持ちが…初回では気づかなかったものが見えてくる。そして #和田家アナザーストーリー 後編も面白かった。本編第5話を観てからの視聴をお薦め。三ツ村くんも和泉くんも志麻さんも人間的にカッコ良…

☆本編5話の話に戻る。和田優くんが、とある人に自分の譲れぬ思いを頑張って訴えることができた場面が好き。自身の歩んできた道とその課題をふまえた、優くん独自の心…相葉さんの過去に演じたどの人物とも違う優くんの気性や葛藤が、まるで中の人も元から優くんだったかのように纏われていて好き

☆でも相葉さんの演技の中で私の特にお気に入りは、迷いも躊躇いもある人間が何かを信じて守る為に勇気を発揮する瞬間の表情かも。弱さと強さと同居した表情が似合うと思う #和田家の男たち https://t.co/tcwWqACPIq

☆ところでずっと心に引っ掛かってる「良いと思います」が、どうしても解せない私…どんなに動揺していたとしてもそんな迂闊なことをするだろか…ぼーっとしていた、までは解るけど、観てないものにそんなこと適当に口に出して言ってしまうかなあ、あの優くんが?そこが辛すぎてなかなか観返せない場面

☆ライター和田優くんはちゃんと人の心のある人なのにそんなの私が悔しくて眠れないから…どうにか名誉挽回してほしい

☆はぁ…世に広く顔出ししちゃった状態であのままでは私の気持ちが収まらない…でも三ツ村くんや志麻さんはわかってくれていたんだね、だったらまあ良いか…

☆いま第6話を観たとこ…びっくり…ラスト4分余のあの秀平さんの展開で驚き過ぎて腰抜かすかと思ったしラスト1分付近の優くんに来たあれにも、えっ、何ですか…何ですと…?そして第7話最終章予告…いよいよあの件も、そういうことに…? 一週間待ちきれないんですが… #和田家の男たち

☆#和田家の男たち 第6話・優くんによるお世話が至れり尽くせり・寛さんは女性に魅力を見出すの得意ね…・秀平さんの考え方に私は激しく共感。人々に先入観を与えまいとする報道ポリシー惚れる…・隣人にも取材相手にも優しくて困ってる人を放っておけない優くんの人間性が獲得したお仕事の成果に万歳

☆あと、あの優くんのあの際のコメントにも家族愛たっぷり…・秀平さんもあの彼女も忙しい同志の、あの申し出とあの受諾の場面、スピード感にツボってしまった…・寛さんの恋心も可愛らし過ぎか…・優くんのあの記事を読んで嬉しそうな父と祖父…和田家の男たちに心和む

☆#和田家の男たち 第6話の秀平さんを観ると「あんなに自分の信念がキチッとある人が、仕事の方向性が全く違う相手に○○○○○○ができるの…」って衝撃受けた。人間って面白い…そして優くんの素直さ、ナチュラルな利他の心にも驚かされる https://t.co/nAP7ARPiXm

#和田家の男たち 第6話の秀平さんを観ると「あんなに自分の信念がキチッとある人が、仕事の方向性が全く違う相手に恋というものができるの…」って衝撃受けた。人間って面白い…そして優くんの素直さ、ナチュラルな利他の心にも驚かされる

・寧ろ「仕事の方向性が全く違うからこそ、相手に興味が湧く→彼女は彼女でそういうポリシーの強さがあって、なおかつどこかしら可愛い→理屈じゃなくて夢中になって…」そんな気持ち、嘘じゃないんだろうな…

・秀平さんの女の人の好みが垣間見られてキュンってなる。と同時に、いついつまでもりえさんが一番っていう秀平さんであってほしいんだよなあ…

・優くんが父の新しい恋を知ったらどんな感情を発現させるんだろうか?というか既にあの人に対して優くんのあの感じ…

・ヒトの心理の複雑さを思い知らされながらも、優くんの素直な心の動きには毎度、癒やされる。
何の打算もなく息をするように隣の人の涙の心配したりする優くん大好き。
文子のインタビューにて、ネットニュース記者視点を求められてるのに、父や祖父への敬意と愛が出てしまう優くんのピュアなとこ推せる

・優くんの他者への思い遣りが結果として取材の対象者の心を開かせたけど、それを優くんは何の計算もしてなかったってところがホントに素敵過ぎる

☆和田家の男たち第6話を観て、人ってのは奥深いなあとつくづく思った。そして優くんにあのメールをよこしたあの人にも、もしかしたらまだ私の知らない部分が隠れてるんだろうか…とも…

☆#和田家の男たち ドラマ内でみんなマスクを付けているのが、コロナ禍のリアルを表していて良いなあ(※取材を受ける時を除く)。相葉さんや役者の皆さんがマスクをしていても目元の表現で感情がしっかり伝わってくるの流石だとおもう…

☆このドラマ、物事の多角的な見方を出してて面白い…報道番組の視聴者に判断させるための材料を色を付けずに提供する主義の秀平さんがいたり、何かを断定的に言うことに伴う自信と責任のことを語る寛さんがいたり…国を相手にし命を晒す危険を意識してる当人に、国に忖度するなと言うあの人の考え方とか

☆#和田家の男たち 第7話…いろいろ胸熱…観てない人は早く見て、早く…・優くんの決断力、上がりまくり…あの人にあのことを良く言ったよ、そう…あの時に終わったもんね…そうよ…ナイスだよ…・とても佳き息子な優くん・秀平さん緊張感あり過ぎな初○○○…そして妻の無念を晴らすあの…あれ(涙)

☆それにしても彼らが恋する女性のタイプ…優くんの好み…そうなんだね…で、飲みながらそんなこと言ってる優くんの嬉しそうなあのお顔とか好き…困惑したり酔ったり喜んだり心配したり深刻な表情だったり様々な和田優くんを楽しめるこのドラマ好きだ

☆戸倉さんの「遅かった〜」に私、思わず内心めちゃめちゃドヤってしまった。ウチの優くんカッコイイでしょ、どうだっってなった

☆ああ、だけど和田家の男たち次回の最終回、早く観たい気持ちと、観ちゃったら終わっちゃうの寂しいの気持ちに挟まれてる
(※7話視聴後)  

☆#和田家の男たち 第7話の… https://t.co/hSOKwYtKJo
ややネタバレ感想

・優くんには是非とも、優くんの刺繍に込める気持ちを肯定してくれる人とお付き合いして頂きたい(私の願望)

・志麻さんってやっぱり優くんのこと好きなんだね(今更な感想)

・志麻さんを優くんにお薦めする三ツ村くん…!!

・寛さんが踵の潤いについて気にするの、なんか…なんだか可愛いな…どうした…踵のカサカサについて奥さんに何か言われた…?ねえ何があった…?

・岸文子さんが秀平さんと「ワクワク」(というか必要以上の緊張感)を共有してくれるの、どう考えても愛ある…命を晒してる…。そしてだからキス位、ねだっても許されるわ

・お弁当も持ってきてもらえたと知った秀平さんの喜び方が好き!寛さんに「良い息子と言われた」報告を自分からする優くん、とてもよい

(清宮め…親心のようなあのりえさんの真心を無碍にしやがって…天罰下れ…

いや違う…本当は彼もそれを無碍にしたかった訳じゃないのだろう…人命の重大さを寧ろ分かっていたからこそ…そしてあの父親が多分、アレがアレだったからなんだろうな…ここにとても対照的な「親心」を観て何か…頭抱えてしまうつらさある)

・赤の他人の和田りえさんが、あんなふうに清宮ジュニアの未来のことまでも真剣に考えてくれて、悔いのないようにと言ってくれてたのに。それにひきかえ、清宮の実の親父ときたら…真の教育を蔑ろにして自己中心的な隠蔽を強いたんだと私は想像してる。息子を追い詰めたのはきっと親父だろう…

・母の死の真相を知るということ以上に、お父さんが死んじゃヤダということが、優くんを突き動かしたっぽくて、それめっちゃ好き

・どうしてもあの…酔ってソファに転がる優くんの様子が好き過ぎる
 
・濡れ衣を着せられた人を和田家の親子が救うのかな…カッコ良…素敵…

☆#和田家の男たち 第7話も、翻弄する女子、男子の恋バナ、政治の闇、家族愛、真実の追及、もう…観てるとクスッと笑ったりスリリングだったり静かに涙したりホッと和んだり感情が忙しかった

☆和田家の男たちの優くんの作るお料理が、手の込んだものからサッと出せるものから出来たて頂くものからお弁当に美味しいものから…いろんなのがあって、こんなに家族のシチュエーションに合わせて心配りしてレパートリー増やしてるんだなあって思うとホントほっこりする

☆回想場面にのみ出てくるお母さん、和田りえさん…その人柄に惚れ込んでる。正義感を貫く信念の強さのみならず、とても優しい人だったんだなあって良くわかる。人知れず家族を守っていた彼女を抱き締めに行きたいよ…そんなりえさんが報われますように… #和田家の男たち

☆和田家の、寛さんや秀平さんと優くんの出逢いが、優くんの新しい扉を開いたんだね…優くんのあの発想が寛さんや秀平さんの新しい扉を開いてて佳き…(あまりネタバレしないようにぼかしながら所感をあとで追記予定) https://t.co/kksXIBi7ca

☆#和田家の男たち 最終回、あの…そうきたか…そうなんだ…!いま彼らの進化形に万感の思いです 
https://t.co/4GB2ypUOym

☆和田家の男たち、親子三世代が人生の先輩と後輩でありながらマスコミュニケーションで人としてできること、その可能性を模索し柔軟な頭と心で異文化融合して刺激し合う同志にもなってるところ、好き

☆個として尊重し合って背中を押し合って愛し合ってしなやかに生きてく和田家の男たち&家族や彼女たち&職場の仲間たち大好きで…一人一人の癖、持ち味、みんなそれぞれ愛おしい…彼らの食卓の会話も楽しく聴きながらいつまでも観ていたいです(続編希望) #和田家の男たち

☆傷を負うのは自分一人だけにしようとしてた秀平さんに惚れてしまうし、そんな息子や父を侍の出陣さながらに送り出す寛さんや優くんの思いも美し…

☆女の人達が皆、彼達の志や人柄を分かって包んでくれる方々で嬉し…それもこれも彼らが素敵な人達だからね、分かる分かる

☆お母さんやお父さんに幼子のような愛情表現を発動してしまう和田優くんの、だけど考えは深くて、人間や世界を捉える目と心、それを文章で伝える技は冴えてる、意外とオトナなヒト…この多面的な魅力を出すのホント相葉さん…うまいんだもん… #和田家の男たち #和田家の男たち最終回

☆彼らのメンタルの逞しさが、観てて癒やされるし元気を貰える。もうダメなのかなと思わされる人生の場面でもあの人達の心の持って行き様の如何で切り拓けるんだな…人を好きでそれを貫いていれば、新しい価値や幸せは生み出せるんだなあ…と感じられるのが好き #和田家の男たち #和田家の男たち最終回

☆#和田家の男たち 例のことについてまた考えていた。復讐の為の復讐じゃない最終目的と手段について。秀平さんを思うゆえにりえさんや寛さんや職場の人達が願ったことについても。そしてその後の和田家メンズの目指したものも。最適解なんだと今は納得できるし、大切な人と繋がる人間の心って逞しいな…




※第8話について、ふせったーに追記したことの展開↓




・個人の復讐ではなく国民の知る権利ってホントそれだよ…

・優くんにあれをねだる亜蓮さん可愛い

・寛さんが息子の秀平を思う心が熱い、こんな熱いんだ…
感涙してる優くん…素直さがとても良い

・秀平さんを思うがゆえのあの人の行動を責めない秀平さん…秀平さんの気持ちを考えるともう堪らない…堪らないです…

・けど、正直言うと…あの人のあれは何だか悔しいなあ…

・大人の対応などできずにお父さんをいたわる優くんも愛しい

・岸文子さんからのあの贈り物…ロマンチック…

・涙腺ゆるい優くん…いつまでもそのままでいてほしい…

・志麻さんと優くんの和やかデートめっちゃ好き…

・亜蓮さん綺麗…

・志麻さんと三村くんも…みんな…

・ちっちゃい優くん可愛い

・息子をひとりの人間として尊重している寛さん…ホント…カッコイイ

・心で叫ぶ優くん

・心の叫びを今度は作品に込めていくのかな優くん…

・なるほど、そういう形で寛さんと秀平さんは発信…

・お母さんのことも、いつの日か、きっと…
(祈ってます)



※追記の追記


・「このドラマは『半沢直樹とは違う』んだよ」と私は自分に言い聞かせたのだった。

・りえさんが望んでいたのは、こういうことなのかもしれないなあ

・あれを持っていてくれてる志麻さんイイネ

・秀平さんと電話してる可愛らしい文子さんが、電話が終わるとバリバリの編集長に戻る

・50歳の息子にそういうことを言うのは「無礼」だから言わない、という寛さんの「無礼」っていう感覚がすごく好き

・めちゃめちゃスタイリッシュなあの優くんをりえさんに見せたい。っていうか、見てるかもね


・お母さんとは結婚できないと知って本気で凹む少年が可愛過ぎるし

・優くんの良さをちゃんと分かってなかった今までのあの人やあの人のほうがおかしいよ、モテないわけないもん。優しくて、それでいて物事の本質をよく見ていて、文章がうまくて、お料理とか刺繍とかまめまめしく人に尽くせてそれが全て上手で、いやもうモテないわけないって

・責任を全て自分一人で被る為の秀平さんの努力を痛いほど分かっていながらあの方法を取った滝口さん(井上さんも同じ気持ち)のこと考えると胸が…

・写真の時に笑わせようとする優くん、とてつもなくたのしい

・亜蓮さんの晴れ姿を見た瞬間の寛さんのあの喜びよう…!
なんて可愛いカップルだろうか

・文子さんも、きっと例の件を引き継いでくれるし
寛さんとともに秀平さんにも、いざという時の切札はあるんだし
優くんにもペンという剣を振るえる能力がある
…よし。



☆(2022.6.28DVD/Blu-rayフラゲした)#和田家の男たち (特典映像)メイキング…優くんというキャラクターの成長をふまえた考察を演技に反映する相葉さんの、役作りに心込めるあの場面に特にグッとくる…役への理解があのように繊細で深いから自然な演技に繋がっていくんですね…皆さんの和気藹々に癒やされつつ…撮影の苦労にも胸打たれ…/
あと、あの会見時のカッコイイ○○○も…めっちゃ好き…大石静さんによる和田家お三方の評、とても分かる…是非、和田家の男たちシーズン2も観てみたいなあ…


☆和田家の祖父や父、そしてバズトピの人々との関わりから学んでしなやかに育ってやがて学びを返し周りも育てていく和田優くんは、メキメキ目覚ましい伸び方というよりはじっくり確かな歩みを噛み締めるような何気ない成長の感じさせかたで…表現が大人なドラマだなあと思う

☆お母さんに報いる為にも、如何に行動し如何に生きるべきなのか…を考え語る和田家の男たちの、シリアス面にも惚れ惚れする…繰り広げられるほのぼの会話の中にも彼らの熱い心が、ふと見える時に、うわあカッコイイな…ってなるのだった #和田家の男たち