嵐さん関連で置いておくところ、はてなブログ版

嵐さん関連の自分のツイートまとめ、その他の所感、覚書など 。ツイートは複数の記事に重複して振り分け貼ることが多々あり。(https://twitter.com/misokakoat5)

アイドルのプライベートに関しての所感、自アカ並びにサブアカの呟きまとめ(横道追記有)

嵐の方々のこと、アイドル、歌手、俳優、タレント、アーティスト、だと思ってるから、結婚したり子供持ったりしていろいろな経験値を積むのとても良いと思う…。
※この呟きのころ、芸能人の結婚ニュースが続いたことによる。

結婚のタイミングなんて個人のプライベイトな問題なんだからしたいときにすればいいって思う/って思うのは私はアイドルを観るときに「対・自分」の疑似恋愛対象だと全く思ってないからだろうな…。アイドルが演じるキャラが恋愛する様子を映画やドラマで横から観るのが好きだから…

いや、ラブストーリーだけじゃなく好きなアイドルが恋でも愛でも喜怒哀楽なんでも色々な感情を出している演技を観るのが本当に大好きなので色々な役をやってほしいし観たい。それとは別に、好きなアイドルが私生活で幸せになってくれていたらめっちゃ嬉しい気持ちになるってことは常に変わらない

彼女いようがいまいがそれで好きなアイドルの価値など変化ない、と思うこととはまた別に、せっかくプライベイトな部分を出さないようにしてくれてる本人の意志を無にするような、あることないこと売れれば良しの、捏造であろうがなかろうが売れれば良しの、ゴシップが私ゃ大嫌いっす。

※ところで好きなアイドルさんがその時々で好きになった物や人について、それがふさわしいとかふさわしくないとか決める権限ないしプライベイト情報流失に関し迂闊だとしても、謝られる必要性など私には全く感じられない。表に出そうとして出してくれてるのもので幸せな気持ちに私はなっているから

なんだかね、好きになるうち、子供だか孫だかを見るような気持ちになってしまうのよ。子離れ孫離れしなきゃ。その前にまず、子でも孫でもないってば。

アイドルは疑似恋愛が売り物だからバレないよう企業努力を?そういう、美少女はトイレ行かない的な時代遅れのお約束もあることは分かる。でもアイドルの価値ってそんなことで下がるほど安いとは思わないし、あと、アイドルの私生活暴露することで商売してる人々だけにはそれ言われたくない

いや、今回の井上公造氏の発言内容自体、部分的に良いこと言ってくれてるとは思う。本人の言葉を信じようということには異論無し。ただ、相手の(ご友人の)人を全て悪いと決めてかかるのは如何なものか。そもそも熱愛だと騒がれたのはマスコミや、要らぬ詮索をした人々のせい。なのに隠し通せと(2015.9)

だから、隠し通せ言う前に、もっと、ほっといてあげれば良かったでしょ、ってこと

ファンを含む大衆が、あまりにも芸能人の私的な情報を求め、それをジャッジしようとする、そういう風潮が、必要以上に芸能人の人生を不自由にしていないかなと思う。提供してくれる芸事以上のプライベイトまでをもファンのためにそんなに捧げ尽くさせたい訳じゃない。

他人様のご友人をあれこれ批判するのが失礼なことだと思うんだよね


(以下、特に呟きはしなかったけれど所感の追記。)
自称ファンの中には、アイドルの交際相手と思しき人の親類宅にまで押しかけて物申すような、おかしな行動に出る人々もいたという。
そういうことをしてしまうファン(?もはやそういうのはファンとは呼びたくない)の心理がとても気色悪い。
我こそはアイドルのことを心底分かっている、だから心配している、というつもりなのだろうが。
まあ、世の中には確かに、たとえば売名だとか、自己顕示欲とか、あるいはその筋から情報提供報酬として何かしらお金がもらえるからだとか、そういったことでアイドルのプライベイト事情をわざわざ漏らす人間もいるだろうとは思うけれど、
そういうわざわざ事情を漏らす行為をする人々などより、それ以上に、自称ファンのお節介については超絶ハイパー気持ち悪い。と思う。
そして、そういったわけのわからないことをする「ファン」の振る舞い、それ自体が、アイドルを貶めていることに、どうして気づかないのだろうか。

大野智さんが写真週刊誌等でプライベート写真を報じられた件について、そこに一緒に写されていた人にまつわる様々な、憶測、あるいは捏造かもしれない情報が、多々出回り、それに対してもいろいろな検証がなされていたけれど、そのどれもが、100%真実だとは言い切れないし、いくらでも情報操作できる範囲のものなのだ。
それらの真偽に関わらず、そもそも、そのお年頃の男性が誰とどのようなお付き合いをしようが、何の罪でもないし、それを無罪とか有罪とか捉える向きには違和感を覚える。

※好きなアイドルに「女の影」を見るのがとにかく許せないとか、出産ニュースに幻滅するとかいう人々って、ある意味、想像力があり過ぎると思う。赤ん坊を見れば男女が○○○して産まれた存在だとすぐ連想してしまうわけだ。世の中そんなに助平な人達ばかりではないよ



(以下は、ちょっと横道にそれた追記。)
これは陥らないようにしたいと思うのだが、アイドルを好きになるあまり、自分の思い込みが暴走するタイプの人々、というのは、哀しいかな、一部ではあるだろうけれど存在するようだ。
アイドルの存在ありのままを愛しているのではなく、アイドルに自分の思い込みを投影して、そうであるはず、そうであるべき、と、もはや誰を観て誰を好きになっているのだかわからない状態の自称ファン。
たとえば、グループで活動しているアイドルの誰か一人を好きになったとして、その一人は他のメンバーと支え合って活かし合って成り立っているだろうし、メンバー同士の愛というものがあるから成り立っている活動だろうに
自称ファンの中には、その点を無碍にするような誹謗中傷を、平気で公言しているようなのも時に見かける。
グループ活動があるからこそ、一人一人が活かされて日の目を見ている、ということに、気づけないでいる人々がいるようだ。
それどころか、他メンバーがその一人を阻害しているかのような妄想をしている人までいる。
そういうものの見方しかできない人間は、とても可哀想だなと思う。
そういった人々は、コンサートにせっかく参戦しても、DVDを買っても、他メンバーの粗拾いなど、幸せを自ら放棄しているかのようだ。それは非常に残念な眼鏡だと思う。
※この件に関しては、過去日付の記事に書いた。
http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20130830
「一部のファンの様子に思うこと」

話題がかなりそれたけれど、
後日、アイドルについて思ったこと(呟き)追記↓

☆anan の相葉さん記事でも思ったけど、好きなひとの心のなかに好きなひと(家族、友人、恋人、グループメンバー、仕事仲間、ファン、それは誰だとしても)が存在すると知ると、やっぱり私は嬉しいんだ。嬉しい体質なんだと改めて思った。だからたとえば嵐さんの誰かが結婚したら多分、私は喜ぶ
↑※2016年1月13日号のan・an で、相葉雅紀さんインタビュー記事、姪ごさんとの微笑ましいエピソードを読んでの呟き。

☆結婚とか交際とかそういうプライベイトをアイドルなら見せないで欲しい、という人達のことを私は否定する気はないし、それが普通だと思うし、私のような者は少数派だろうと自覚してる。たとえば相葉さんが結婚したとしたら、可愛い奥さんのことをのろけて欲しい、それを見て喜ぶの楽しみ、って思う

☆なので好きな芸能人のラブストーリーを私はたくさん観たいと思ってる。役と演者は違うと頭では分かってはいるけど、なんかね、好きなひとが恋とかしてそれが成就する様子を、フィクションの上だけでも観たいという欲があるんだ…。あんまりこういう私の欲には共感されないけど

☆アイドルがアイドル業として、スタッフも含めたプロジェクトとして提供し、ファンに向けて見せたいと思って見せているもの、それをファンが受け取り応援する。その営みで双方が幸せになればいい。見せていない部分に対し、勝手な願望を抱いてしまったとしても、それをアイドルに押し付けたくはない(2016.5)

※「櫻井有吉のTHE夜会」2016.6.23放送の際の周囲のリアクションを読んでいての自分の呟き

☆好きな芸能人が結婚してもしなくても幸せならそれでいいや(むしろしてほしいが)と個人的には思う。結婚すべきとも、すべきでないとも、それをファンとして応援すべきとも、応援できないとファンとしてダメとも、思わない。けど個人的には、その人が結婚したいんなら自由にできたらいいのにと思う

☆ん、もしかして私はホントはあんまりアイドルのプライベイトに興味ないっちゃ無いのかも…。画面の中だけの範囲内が全てって思ってるとこ、ある…眠るる

☆私の感想まとめ・結婚は幸せか→人それぞれ。・芸能人の幸せを願えるか→願う。・芸能人が結婚したいなら応援するか→私はしたいが、人それぞれ。・結婚が幸せだと勧めることについて→それはお節介。・夜会の大島さんに関し→趣旨には賛同しないけど番組企画なので…。

☆ただ、これとは別に、常日頃から、独身か既婚かは私の好きな芸能人の価値に何の影響も及ぼさないと思ってるし、独身だから好きになったわけでもないから、逆に、そんなにみんな気にするものなんだ…と思って、自分と他人とが感覚の違うことに、人間世界の面倒さを思い知らされ軽く鬱になってはいる

☆ああ、つまり、他人は私ではないという簡単な事実に、とても寂しくなっちゃっている。我ながらおかしい

二宮和也さんに関し、交際の噂が週刊誌等で報道されたことついて。また、以前、大野智さんに関するそういった報道がされたことについても所感

☆いや本当にご本人達が良ければ友達だろうが何だろうが全然構わないって思う。好きな人が余計なストレスをマスコミや外野から受ける事態だけが嫌だ。あと、どっちかというと、匂わしてる人?とかより、匂わせてる物を発見してわざわざ発掘して拡散してる人のほうが嫌いだな(※個人の感想です)(2016.7)

☆何てモヤるTLなんだ…。内心複雑かもしれないけどもさ、人の付き合ってるかもしれない人について、本当のところが分かんないのにdisるのは、好きなアイドルに対して失礼では?見る目があるとかないとかそんなのこっちでジャッジできることじゃないと思う。

☆彼の選んだ人ならきっと知られざる良いところが彼にとってあるんだろし、選んだ人じゃないんならその旨そのうち説明があるんでしょうし。どのみちそんなのこちらの管轄外の話だし、ネットで悪口言うファンがいればいるほど恥ずかしい。

☆お付き合い系の噂が出たときって、事実確認もできないような話を拡散する人々や便乗アンチやマスコミが、とてもイヤだなと、以前も思った。

☆ファンとはホントに恐ろしいものだ。こうであって欲しいという像を勝手に膨らませて楽しんでいるうちはいいけど、それと実像が違ったかもしれないという想像で逆恨みする人だって世の中にいる

☆夢を見せて欲しいというけど、いったい全体、生身の人間を三十、四十、何歳になるまで、その狭い夢からはみ出させない気でいるのかな、って。どっちがお花畑なんだろうと私は個人的には思ってしまう。

※本あかで呟いたこと(2019)

アイドルファンである一般人が、何かの都合…忙しくなったり経済的に厳しくなったり他に夢中になる対象を見つけたりで、「何故たかだか一人(一集団)の他人という人間を追ってる?どうでもいいよね?」って感じたら離れてしまう。唯一人の人間を観ることに幸せを感じる仕組みを確立するのは至難、偉業/
「赤の他人である一人の人間を観続けることが、私の幸せ」というサービスを、生き方を通じて提供しなければ成り立たない職業、アイドル。だからアイドルが見せまいとしているプライベートを、わざわざ引っ張り出すことや、ましてや確たる事実に基づいてもないゴシップは、営業妨害として罰するべき


(追記)(他記事と重複)

☆好きな有名人であろうがプライベートについては割とどうでもいい。…ってこととは別に、実在するんだかなんだか出処の分かんない「関係者によると」的な嘘文章を適当に作っては売上を稼ぐものの存在とその作文を事実だという前提でものを言う人々の存在が、とにかく不愉快だと思う(本あかでの呟き、2018)

☆好きな人は今もこれからも、幸せでいますように。でも、表に出したいことを出したいタイミングで出せますように。言ってないことを言ったとか、やってないことをやったとか、そういう事実と違う風評を撒かれることで煩わしい思いをしませんように。と願ってる

☆推しの人がどのような選択をしても彼が幸せであればいいんですが、話の前提として、元になる情報がただマスコミの(記事の根拠も出処不明)(過去にも虚偽記述で訴えられてる)(売れればいいので誤りでも訂正しない)推測妄想文だというのがイヤ。推しの人に余計な負担かけるマスコミ存在がイヤ

☆なので、そういう商売をしてるマスコミにお金を一銭たりとも払いたくないから、そういうゴシップの動画とか本当に絶対に観ないし観て欲しくないと思う次第です。(2018)

☆好きなアイドルのプライベイトな人生は、ご本人のものであり、ご本人が幸せだと思う生き方をするところを観られていたら私は幸せを感じる…けど、どのタイミングでプライベイトの何を人々に見せたいか見せたくないかをご本人が決めることを、外野の商売人に侵害されずにいてほしいと思う
(2019)

(※当日記は自分の複数アカウントでの呟きを複数頁に置いて追記更新していくやり方です。記事によっては関連事項の追記が数年に渡って長くなります)

※2019.11.12 二宮和也さんがファンクラブサイトで結婚を報告

☆私の個人的な気持ちとして(別にTLの皆さんにそうあれというつもりはなく)推しの方々にはいっぱいたくさん幸せな人生を送っていただけると私がつらくなくて済むのでそうして欲しい。推しの人としての生を消費したくない。めっちゃ幸せでいてね、私は多分順番的に先に他界するけど祈っております

二宮和也さん、大切な決断を頑張ってファンに発表してくださってありがとうございます。ご結婚おめでとうございます。札幌公演、嵐さんとファンの皆さんとつつがなく健康で楽しく過ごせますように切に願っております。(2019.11.12)

※私は推しアイドルの結婚については祝福しかないが
いろいろモヤモヤしてしまう人のことを悪いとは思わない。

ただ、
人様のご家族になる人を中傷してみたり、アイドルの生き方に自分の理想を押し付けたりするような人々は、苦手だし
ましてアイドルがせっかくプライベート部分を見せないように努力しているのに邪魔をする週刊誌等が憎いだけ。イメージを大切にするアイドルに対する営業妨害だと思う

※ちなみに、この二宮和也さん結婚発表の翌朝、ジャニーズアンチによって悪意のあるハッシュタグ(しかもそれがまるでファン発信のように誤解されるようなもの)が、トレンドに載っていた。
それをファンは、なんとかトレンドから消そうと、
#ちょっとこの部屋寒くない
#新聞食べながらご飯読める
#ソースこれはステーキソース
…等の、
ほっこりする嵐メンバーエピソードをトレンド入りさせようと、多くのファンが呟いていたのは
私も、救われるような思いがした。

☆つくづく思うよ、好きな人達がいつもファンを大切にしてくれるから、勘違いしそうになる。私などただのファンでしかないのにね

☆そもそもそのことに賛成も反対もどう思うも何も、他人が他人のプライベートに言及することが許されてるこの世界自体に違和感なんで…

☆幸せを願う、というのは「私にはこれが幸せなので貴方もそうしなよ、そしたらきっと幸せになるから」ではなく「私にはこういうのが幸せなんだけど、貴方にとってはそれが幸せなんだね、ではその道を安心して歩めるよう願ってます」ってことかと思う(理想。いつもこのように思えるわけじゃないけど)

☆あーそうなのか…とにかく好きな人の大切なもの大切な人に対して(好きか嫌いか以前に)敬意を払わない態度の人のことは…私の中ではファンとは呼ばない呼びたくない、ってことだし、そういう時に家に丈夫なクッションが欲しくなるんだ、きっと。それはそうだわ…

☆好きな人達の人生選択を私が全面肯定するのは、そうしなきゃっていうより、自然と、そうしたくなる。というか、この気持ちを名付けて「好き」ということだと思う

☆私は嵐メンの各々のかたが、プライベートの人生を充実させてくれたら嬉しい。そもそもそんなことを私が考える立場でもないけど、メンバーの心境を推し量り過ぎるのも、また、物語を見出し過ぎるのも、それを拡散するのも、あの方々にとって心理負担になりかねないことは、やりたくない

☆勿論…、ファンがいろいろと気持ちを落ち着かせるために「きっと、そういうことだよね…好き」って思いたい為の想像というのは、時に薬だと思うけど、なんか…今後その想像が、既成の事実のように出回ってしまうと、それはそれでどうなのかと

☆二宮さんが結婚なさったこと、とても嬉しい。おそれながら勝手に嬉しがって喜んでおります。アイドルというお仕事を全うしながらの結婚には世の中的に諸々ハードルがあったとお察しします。36歳にして結婚が実現、本当に良かったと思います。心から。おめでとうございます

☆この私の喜びの中には「頑張って決断して報告してくれて良かった。アイドルが結婚したいときには結婚できるのを観られるのが、そういう世の中が望ましい」という私の願望、つまり私の我欲が乗っていますが、私の願望と、二宮さんの幸せが、もし少しでも重なっていたら、勝手に嬉しく思います
(2019.11)


☆まず、友達の友達と友達になれとは強制できないし、好きな人の好きな人を必ず好きになれとはいえないけど、少なくとも尊重して礼は尽くすものなんじゃないかと思う

☆好きな人がお付き合いする(した)人、が傍から見てどんな人に映ったとしても、それは傍から見た、ある一時期の、ある一面でしかなく、それを固定し勝手にイメージして傍が善し悪しをジャッジし好きな人に押し付けようとすることって、少なくともファンの応援ではないし愛でもなく我が儘だと思う

☆好きな人の見せたいものを見てプライベートに余計な詮索をしない・好きな人の大切なものを尊重する・好きな人のお仕事に正しく対価を払う・好きな人の作ったものを不正にタダ観タダ聴きしないさせない・好きな人について誤った妄想を拡散しないなど、応援する姿勢に、にわかも古参も関係ないと思う

☆補足します。昔から応援し支えてくださっている方々ならではの思いや理解は尊いものだと思っています。ただ、昔からのファンと称する人々の中には、ファン歴にかかわらずヒトとしての言動が問われる人もまた居るという話です。

☆あと、好きな人が伝えようとしてくれることをそのまま、勘ぐったり自分の疑いを載せたりせず受け取ることが、それがお花畑と呼ばれるんなら、いつもいつまででも私は常に春夏秋冬いちめんのお花畑でいたいと思った


☆(そんなに推しの方々に完璧偶像でいることを民衆は求めてるのかな本当に…食べたりおトイレに行ったりアダルティな本の隠し場所に苦労したりするような人間っぽいところが見えると結構好きなんだけどな…安心するんだけどな…)

☆アイドルが、舞台上ではない素の人間の顔を、チラ見させてくれるの私は好き。それも楽しむ。見せまいとしてくださるならわざわざ見に行かなくていい。また、見せてくれたものを楽しめない人には、離れる自分を正当化する為にアイドルを悪者扱いするのはやめて静かに離れていって欲しい

☆おもてに出してくれるお仕事をあれほど全力尽くして楽しませてくれるプロエンターテイナーに対し全然仕事と関係ない私生活にまで…我が儘な理想を押し付け、お相手がどうの時期がどうの金払ったのが腹立つから返してだのそんなのファンではないと思う。毒親ブラック企業か何かの考え方

☆そういう、人を人とも思わない尊重しない思想を、胸の中に抱いてしまうだけに留めるならまだしも、外に叫んでご本人を攻撃する人々というのは、私から見たら絶対に外野だしアンチだし、アンチのファンなりすましを疑う

☆ファン…アイドルファンってただ風を送る気持ちを持たせてもらい、アイドルが見せてくれる姿から生きる幸せを頂いているだけの存在で、彼らにとって客でも親でも教師でも上司でも神でもない…と私は思ってる/好きな人達の人生を消費する者でもないし指導者でもないし支配者でもない(なりたくもない、なり得ない)

☆夢を売るアイドルの自覚云々…と言われることもあるけれど、ではそう言うなら、プライベートな人間の部分(外部立入禁止エリア、おトイレのドアの向こう)をわざわざ覗きに行かない干渉しないということも、夢を買う?というファンの自覚として必要と思う

☆説明するのが難しいな私のこの感覚…たとえば見事なチームワークを見せてくれるスポーツ選手たちの、ひとりひとりについていちいち、この人は独身か既婚かとか考えずに(知らずに)試合を観て感動してるわけだけど、これと似てる。アイドルの人のプライベートについて私が向ける関心の程度、この位

☆家に帰れば家族が大切だろうし、チームで動いて試合やパフォーマンスを見せるプロの時間ではチームが大切だろうし、それはそれこれはこれで両方の世界を充実させているなら何よりだろうけれど、私が見てるプロの時間の皆さんが素敵、それ以上の情報を私は特段求めてはいないことがつくづく分かった

☆でも、一方で、そのひとりひとりの方々が、健康で楽しく生きていて欲しいという私の欲はある。あるけど、心のどこかで「推しは、きっと幸せになる…なってる。私なんかが心配しなくても推しは幸せになる能力が優れていて天才だから当然ながら幸せになってる。何の問題もない」って思っちゃってる

☆応援している方々が「アイドルで在りつつ人生を幸せに生きている方々」であれば嬉しい。好きな人の幸せをさまたげず応援できる幸せ、これは私の望みでもある

☆私の好きな嵐さんが嵐を楽しんでいる様子を届けてくれてありがたい。そしてここは私の勝手な願望だけど、なお且つプライベートな個々の人生もまた幸せと分かると、それはとても嬉しい


☆芸能人が私事(慶事)を発表することが何らお仕事の評価に響かない世界を希望しています(私は)。

☆好きな人を好きでいる時「好きな人と自分は違う人間」だから「好きな人の選ぶ何かは、自分にとってはよく分からないものだとしても、きっと好きな人には分かる良さがあって大切なものなんだろう」と思う考え方が、私は好きだ。これは別にアイドルに対してのみならず家族間でも友人間でも、そうだ

☆たとえどんなに親しい人からであっても、自分の人生の選択に対して誰かから「それは気に入らない、それはあなたのためにならない」などと押し付けられるのは、動機が自分のことを好いていてくれていたからだとしても、はっきりとハラスメントだと感じる

☆これが親子なら「いいもん、お母さんが気に入らなくても俺の人生なんだから!」と家出することもまあできるし、友達なら絶交することもできる。芸能人も本来は「ついてこられないならついてこなくていいですよ!」と言ったって良いはずなんだ


※2019.12追記
☆私の好きなアーティストさんアイドルさん達が私生活のことまでお仕事のチームメイトに相談するまでもなく自由に生きてて欲しい…というのは私の勝手な願望であり、でも彼らがそれを現実の文化風土を鑑みてどんなふうに感じてどう話し合うかは、これは彼らの領域で、それには私は全面信頼お任せの気持ち

☆エンタメ社会の文化風土というか意識が令和らしく変わってほしいっていう願いが、私にはあるけど、だからそんな芸能人の個人的な問題について相談も説明も謝罪も全く不要だと私は感じるけど、きっと私などに分からない熟慮で話し合いがあったんだろうと思うと、やっぱり、ありがとうございます

☆幾らファンと自称する一般人でも、推しグループメンバーの私的な人間関係や家庭に関して口を出し、その崩壊を望むような呪いを全世界が読むネットの場にも投げる者のことは、私は心から軽蔑してるし穢らわしいし同類に見られたくないしファンと名乗って欲しくない

☆ので、そういう呪詛に少しでもリツイいいね賛同するようなアカウントは、判明次第、秒速でリムーブしていくし目に余る中傷には黙って違反報告するから。この先もずっと

☆どのメンバーのこれまでを垣間見ていても人としての姿勢思想が尊敬できるし如何に人善かれの為に尽くす人達なのかが分かるからメンバーの私事慶事を彼らが祝福していないわけないが、表に出さないのは、世間の空気がそうさせる故、仕事とプライベートを分けてメンバーの家族を守る為かと私は推測した

☆ので、メンバーの慶事についてメンバー同士が表におめでとうムードを出すことを躊躇わせた原因として推測できるのは世間の人々の民度に問題があるから(特に一部の熱愛愚痴アカ等の常日頃からの中傷行為に因る)と私は感じるし、そういう世の中の独特の風潮に私は賛同しない。

☆遅かれ早かれ3次元の推しは、ファンが勝手に彼らの私生活にこうあってほしいという思いとは関係なく、おトイレにも行くし寝るし食べるし他人の知らない彼の好きな人と付き合うし好きな人と結婚するし子供を持つし他人の知らない人生を送りながら、お仕事ではファンにとって最高のエンタメをくれる

☆ということに、ありがとうと私は思う。

☆ありがとうと感じるし、彼らの人生が誰にも邪魔されず大切にされますように。と思う。心から
(2020.1追記)

☆(推しの結婚について)そもそもあの21年彼らにしか分からないこちらの想像など及ばない尊い絆について、こちらサイドが心配することなんてホント無いんだとずっと思ってる(2020.6)

☆これは個人的な感覚というか願望なので「こうあるべき」ってなことではないんだけど、好きなアイドルさんには全員、プライベートの人生の選択をファンへの気遣いなどで狭めたりせずにご自分が思う幸せを生きて頂けたら、私がめちゃめちゃ嬉しいです

☆更に私の我儘なことを言うけど、推しの方々には、早く、結婚したい人と結婚できるといいのになと思ってる。タイミングがどうとか気にしないでしてほしい

☆…という余計なお節介な気持ちを持っておりますが、だからといってそのプライベートなお知らせをこちらに見せてくれることがもしもあるとしたら(見せる見せないはご本人次第)、ご本人が見せたい形で見せたい時にまっすぐ事実を発信できるのが良いので外野の詮索は要らない

追記
2020.12 嵐のプライベートを心配する友人に私が送ったメッセージ↓
週刊誌は「嵐がファンに見せたくない」ものをネタに商売する奴だから、私はシャットアウトしてる。プライベートも幸せであってほしいという気持ちがあるけど週刊誌のやり方はすきじゃないよ。嵐が「今」ファンに見せたいと決めたものがちゃんと公式にあるんだから、今は公式の出すものを楽しむつもりです

☆早バレフライングでもプライベートの噂でも、見かけるたびに思うことなんだけどさ。推しの方々がいま人々に見せたいものを、見せたいタイミングで今出してくれるものだけを、こちらは受け取る。見せようとしてないことや、いずれ見せるつもりだけど今は秘していることについては、話題にもしたくない

☆ので、公式が言ってないことや…仕事に関係ない私生活の詮索やら…を週刊誌とかネットニュースとかがその、推しのこちらに見せようとしてないものを使って稼ぐようなことがあっても、私は絶対に加担したくないんだ

☆今後、推しの表での露出がもしもっと減って、私も情報に飢えることがあっても、そこにつけこんでいる出処不明の噂で一喜一憂するなんてことはしたくない。公式からの発信だけを待つ姿勢は変えません(宣言)

☆だから嵐さんのこと思う時、お仕事上できちんと彼らが認可した発信だけを楽しみたい。お仕事を応援しているんだもの。お仕事じゃないプライベートな部分はこちらが立ち入る域ではないので…(心配だなとか心配じゃないとかの勝手な思いは胸にしまいながら)

☆まあ、だから、嵐さんの人生の幸せを祈るならば、嵐さんのお仕事で見せてくれる以外のプライベートなことに適度に無関心でいることが肝要だ、…と私は思ってる。私自身、自分がオモテに出していないことを必要以上に知りたがられたり心配されたりするのが好きじゃないんでね
(2020.12)

☆大野さんも櫻井さんも相葉さんも二宮さんも松本さんも、皆さん幸せですように…いつもそう思える日々をありがとう…/
私は個人的に、他人の幸せをこうであれと決めつけることをしないでいたい。結婚してもしなくても子供を持っても持たなくても、ご本人が選びたくて選んだそれぞれの幸せを生きてくださっていることが分かると私は勝手に嬉しい/
(…ということを前提に…)二宮和也さんにお子様が誕生とのこと、心からお祝い申し上げます。おめでとうございます

☆これは私の脳内での想像だけど(多分、プライベートな出来事だからファン向けにはアピールされないと思うけど)5人だけのライングループが賑わうんだろうな…思い浮かべるだけで心温まる…

(2021.3)

☆櫻井さん、相葉さん、報告ありがとうございます…おめでとうございます…幸あれです…(2021.9.28、お二人それぞれのご結婚報告にあたって)

☆嬉し…とても…嬉しい

☆アイドルという職業が個人としての幸せと矛盾しない世の中であってほしい、特に私の好きな人達には自分の思う幸せを歩んでほしいと常日頃から願わせて頂いていたので、叶えてくださって私まで勝手に喜んでおります。ありがとうございます

☆なんか…勝手にホッとした…まるで親戚のような気持ち

嵐メンのプライベートな人生に私などがホッとしてごめんね、でも、「選びたい道を選び取れたんですね、良かった…!」という嬉しさがどんどんこみ上げて来ちゃうんだもん…それにしても櫻井さんと相葉さん仲良く同時に発表ってところがまた可愛い…好き過ぎる

☆親戚っていうか…やっと孫が嫁さんを…のような感じかな…ついつい、可愛い曾孫の顔を早くみせておくれ、みたいな気持ちになってしまうが、これこそ余計なお世話よね、こういうことは人それぞれだから…推しの幸を祈りながらプライベート関連には適切な心理距離を保ちたいものだ

☆#Enjoy 松本さん本っ当に…嵐さんにもファンにも愛が深くて大きいお方。ありがたいです…ドラマも楽しみにしております…/
そして嵐メンの長年築いていらした絆っていうのはつくづく尊く、これからも変わらず、かけがえのないものなんだなあ…と改めて感じる/
嵐がコツコツ築いた類まれなる関係性は、これまで随所に垣間見せてくれた言葉や姿を見るだけでも、そんなね、ファンや外野が心配するような脆いもんではなくて、メンバーのプライベートなライフステージが変化したからって、揺るぎないものだってことはもう前々々からずっと私にも分かりきっていた事、/
…だと思う者です。が、こうして松本さんの言葉にてそれを再確認できることは嬉しい。と同時に、いったいどんな様々な声々が嵐さんの目に入ってしまってるんだろうと思うと切なくなる。こんなに人々に幸せを与える推しの方々は、ご自身の人生が超絶幸せになっていいんですよ…結婚でも出産でも自由大切
(※Johnny's web松本潤さんの「Enjoy」2021.9.30を読んでの、物思いツイート)

☆これは批判じゃなく単に不思議に思うだけなんだけど、では人々は推しアイドルが何歳ならば結婚してもいいと感じるのだろう…聖職者のようにずっと独身でいて欲しいって思ってるファンっていうのはそこまで多いんだろうか?どうだろ…リアルで推しの話ができる友人は大抵、良かった良かった言ってるし

☆私が近年(TLではなく)ネットの他者の様々なお気持ちツイートに勝手にモヤモヤしてた理由のひとつが分かった。嵐メンという推しアイドルは人としてプライベートのライフステージも進化し(たとえば結婚など…)経験値を積まれ、それぞれますます素敵になっていく。人々よ、もっと彼らを褒めてくれ、と

☆…そんなふうに思っちゃってた。けど変えられない他者の気持ちに振り回される必要なんて別になかったんだ。私が嵐メンを好きで幸せなこの気持ちに他人の評価はなんも関係ないじゃん。人様にも推しをもっと推してほしいという欲が欲張りだったんだ…人は人、自分は自分ってファイトソングも歌ってる

☆ある程度、他人に無関心でいるのが楽しむポイントだと私は私のこういうところを自分で気に入ってたはずではないか。なんなら好きな人達のお仕事以外のことにもホントは割とちょっと無関心なとこある…お仕事でキラキラしてる彼らが好き…でも願わくば私生活も幸せなら良いなあと


☆人間であり人生を生きる芸能人を好きでいる以上、人間としての面にこちらは様々な想像をする。その推しがご自分の人間としての姿、プライベート、素の姿、のどこまで見せるかの思いを尊重したいし、またこちらも必要以上に想像逞しくしないことが、その推しの生きにくさを少しでも軽減するのではないか

☆負の感情を排して楽しさや多幸感だけを推し活から得る工夫は視聴者側の心の持ち様にかかっている。推しの生きる道は推しのものであって、それを自分の満足の行くように変えたいなどと決して考えないことがコツかと。これは人間相手の子育てにも通じるスタンスだと思う