嵐さん関連で置いておくところ、はてなブログ版

嵐さん関連の自分のツイートまとめ、その他の所感、覚書など 。ツイートは複数の記事に重複して振り分け貼ることが多々あり。(https://twitter.com/misokakoat5)

嵐アルバム「untitled」並びに「未完」ほか収録曲関連

嵐アルバム「untitled」並びに「未完」ほか収録曲関連
ネタバレ少し含む、感想あり、ページ終わりに「未完」MVメイキング内インタビューについて覚書あり

(@misokakoat5 における自分の呟きまとめ、等)

※継続追加更新予定

※コンサート参戦感想については http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20171226
※コンサート映像DVD/blu-ray感想については http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20180612/p1



2017.9.7(嵐アルバム「untitled」初回限定版と通常版の予約開始)

☆うわー休憩時間にTwitter覗いて良かった!嵐さんのアルバム初回盤と通常盤セット無事に予約しました…!「untitled」ユニット曲とか…どんなだろうね、楽しみ。生きよう

☆しごおわ。スマホの辞書に「untitled」を登録するなどした。

9.9

☆攻めた曲から爽やかな曲まで幅広く入ってるとのこと、「untitled」楽しみ。(レコメン)

9.15

☆嵐さん結成記念日一日目おめでとうございます…いつも生まれてくれてありがとうです…結成18年にしてアルバム「untitled」リード曲「未完」通常盤にはユニット曲も予定している…いつも新しい何かを見つける…素敵

9.22

☆「untitled」収録曲の詳細が出てます。ユニット曲、にのあいあり。翔潤あり。楽しみ http://www.johnnys-net.jp/page?id=discoDetail&dataId=2841

9.24(二宮和也さんのラジオbay stormで「未完」がかかる)

☆『未完』各ソロ部分の声も本当にカッコいい。曲調変わるところとか不思議な世界に入ってくドキドキする…(ベイスト)※正しくは「未完」

☆はい…これはますます「untitled」届くの超楽しみ/ホント魅力的な曲だ。レコメンでもきっと掛けてくれるよね、未完。

9.30(相葉雅紀さんのラジオレコメン!アラシリミックスで「未完」がかかる)

☆レコメン9/30相葉さん富士登山良かった&お疲れ様です。修行。五合目から八時間で登頂ロッククライミングあり滑落の危険感じ、下りも二時間、寒く膝やられる、防衛本能で色々な降り方、体験談貴重。そして『未完』聴いてて五色の綺麗な糸で次々織られる夢を見る気持ちに私はなった→ ※正しい曲名は「未完」

☆アルバム『「untitled」』に入ってる組曲、ドラマのよう、壮大、とのこと。発売10/18が凄く楽しみ。シングルの『Doors〜勇気の軌跡』発売は11/8楽しみ。「先に生まれただけの僕」を先僕と略すかどうかは相葉さんまだ未定とのこと。それも楽しみ(レコメン9/30)

☆さっき私『未完』印象についてメンバーの声を五色の糸って喩えて書いたけども。追記するとその五色それぞれ自体も、めっちゃ綺麗に艶出てて、そりゃそこで編まれていく絵も夢のようだなと…早くフルで聴ける日が待ち遠しいな※「未完」

☆10.6(WSにて「untitled」MV映像一部解禁)

レコが録画してあるであろう『未完』MVを、観ようかどうしようか迷う。予約した円盤が届いてから初めてうわあ!っていう驚きのために、取っておきたい気持ちも私にはあるんだな ※「未完」

☆さらに「光と影」「虚像と実像」と…(未完)好きなやつだ…あ、それとても大好きなあれだ

☆ペアダンスと知って思い出したのは、大野さんが天世薫風で踊ってた場面。ああいうの良いよね…って思ってて、去年はセカムズで波瑠さんと踊ってくれるかなと思ってたら観られなかったから、『未完』でメンバーみんなのペアダンスが観られるの超めっちゃとてもとても楽しみにしてる。 ※「未完」

10.7

☆レコメン10/7メモ。ユニット曲、UB やりたいことが明確にあった、と。バズりNIGHT は、はっちゃけている、と。アルバム(中身が多彩で)タイトル名つけられない「untitled」。未完流れる。途中、地震情報

10.13(ミュージックステーションにてアルバム「untitled」よりSONG FOR YOU、「未完」メドレー。初披露

☆いろんなジャンルのまとまりがない(良い意味で)曲とのこと(相葉さん)
実験的な取り組み、これからを見据えて(松本さん)
未完

☆すごい

☆美しい

☆大野さんと嵐さんの声が綺麗

☆ダンスも美しい

☆何…何て言うのこういうの…あー、語彙がなくて困った。櫻井さんのラップも超良い。まず大野さん声綺麗、そしてみんなの声それぞれ素敵で曲が好きで振り付け夢みたいで何て言うのかなこれ。未完

☆今すぐリピートしたい、のに、お風呂の順番がっ

☆嵐さんはこの曲「(良い意味で)まとまりがない」「実験的」っていうけど、バラバラな印象じゃなく(睡眠時の)夢の中を行くみたいに連続して世界が次第に変わってく、定型なくて幻想的な、五つの声の色の光が点滅したり混ざり合わさったりして舞台を照らすような夢の世界の感じがしました #未完

☆こういう形、と決めつけられることから自由な場所にいる…

☆早くアルバム届いて、歌詞カードを観ながら聴いて、次に目を瞑って聴いて、そしてMVも観たい、浸りたい

☆Mステ新曲披露場面集みたいなのが、もし発売されたら…ないだろうけど、即時に買いたいし

10.14

☆(レコメン)そしてここでかかる未完(Mステ初披露、観ました…すっごくカッコ良かった。こうやってラジオでも聴けてまた、ああ良いなあってなる)

☆よく考えたら私は人生初の嵐コン参戦が「untitled」のコンなのかと思うと…びっくりするな…もはや席とかどこでもいい、同じ空間にいさせてもらうだけで有り難いな

☆(10.13のMステメドレーについて)そのあとの未完もステキ過ぎてて気が遠くなってたけど、SONG FOR YOUのこれから物語が始まりますよ感、リーダー大野さんの、すうっっ…と綺麗な歌声が存分に堪能できるようになってるのが嵐さんの愛だなと思った。※正しい曲名は、Song for you

10.16

☆ベイスト10/15で「untitled」の中から「光」途中までだけど、流してくれましたね〜楽しく輝きときめくような曲…。二宮さんのソロパートが特に印象的でした。ラップ部分は、先日の「メレンゲの気持ち」で櫻井さんのレコーディング風景で少し聴けてたの、あれも素敵


10.17 「untitled」二種セットフラゲ
以後


☆「untitled」通常版のディスク1、一巡。初収録曲のメモを簡単に書いてく

☆リード曲「未完」、刻々と変わる新世界の扉を次々開けて前に進んでいくのを体感できる仕様で好き。モーツァルト部分は、それを後ろに感じながらとらわれずに通り過ぎる対象としての過去の文化の象徴だと思う。櫻井さんラップがアイで韻踏んで未完成の「I」に繋がるのカッコいい #untitled

モーツァルト部分…交響曲第40番

☆それと私は相葉さんのRやLの発声が大好きなんだ、と改めて気付いた

☆Green Light って、私の好きなタイプのスリリングな速い短調で切迫感ドキドキするやつだった

☆Sugar 高音が特に超セクシー。Sugar 〜←のところとか

☆ありのままで 良い感じの歩幅で一緒にゆっくりしっかり歩いて次第に足取り軽く感じてくるような歌

☆風雲 オラオラしてこっちを睨め付けてるイケメン達がいます。

☆抱擁 誰の声にも切なさが含まれてるので…ちょっと胸が苦しくなるのが気持ち良い

☆Pray ラストサビの前にある「今は…」が優しくてきれいだなと思った。

☆光 本当に笑顔と一緒に沢山の光がどんどん弾けてキラキラ生まれてるような印象で聴いててすごく楽しい。ラップもめっちゃ上がる

☆彼方へ 体温あったかい感じなのに爽やかな声と曲で感動的なメロディでソロパートも沁々と聴かせてくれるし、良い…。

☆Song for you 嵐さんの歩みと思いをミュージカル映画で観たよう。歌詞を読むと5×10に通じるものがある。まず大野さんの美声に陶酔できるし、五人の声がみんな美味しい。「大海原に描いた夢」を見せに連れてってくれると強く約束してくれる嵐さん。幸せ #untitled

☆つなぐもPower of the Paradise もI'll be thereも大好きなのはもちろん。

☆ディスク2は、またあとでゆっくり聴いてみる。ご飯の支度に行かないと…そしてMVはまだもったいなくて。

☆「未完」MVも観た。曲だけ聴いてる時は前へ前へ進んでる感じがしたけど、MVは、常に現在を脱いでは後ろへどんどん送り出してる感じ。大写しになる顔と歌っている声とは時系列が違うんだ、と思わせるかのような、声と口元の熱のズレ。女性とのペアダンス美しかった #untitled

☆メイキング、まだ全部は観られてないけど、すごく「untitled」と嵐についてを語ってましたね…プロだ…優しくて覚悟のきれいなプロ集団で、そして時々映るペアダンス部分なんかはもう本当にいちいちカッコいい、絵になる

☆そうですね…!たとえば、光、の最初の二宮さんのソロパートなども、あれっこんな歌いかたレアでは…?って(いや私が知らないだけ?)なってる。わあ?嵐さん各メンバーのこういう歌いかた他ではなかなか聴けないのでは?と思った、そしてどれも聴いててとても快良い声 #untitled

☆通常版ディスク2も聴いたんだけどユニット曲もそうきたかの感無量…これは確かにきっと、このメンバーの組合せならではの関係性とか持ち味とかそういうのが活きる世界過ぎるそれぞれに。彩り豊か。ボーナス曲のカンパイ・ソングは徹底的に開放的な心、楽しい〜!

☆いま私は言葉が出てこない、各曲についてこの嬉しみを言い尽くせない。明日でも改めてどっかで書く、浸って眠ることにする

☆今回はソロ曲がないの?と寂しがる気持ちも、よく分かるんだけど、今年の「untitled」の新しい試みも素敵です。逆に五人曲や組曲やユニット曲の中で一人一人の歌の唯一無二な個性と役割が強く感じられると思う。という意味でオンリーファンにも自信もってお薦めします。#untitled 

☆バズりNIGHT 三人の個人仕事に関連あるワードが入ってる嬉しい。お遊び詞をこんな全力でカッコいい歌に?御意御意をそんな素敵に歌う?の大好き。(大野さんのBad boyの時も思ったんだけど)端正な風情で実は何気にふざけてる、が超似合う兄ズにパラパラ踊って欲しい #untitled

☆夜の影 艶っぽい。お洒落。イケメン過ぎる。大野さん二宮さん松本さんの大人セクシー部分を抽出してブレンドすると、そうか、こういう香りになるんですね、…有り難や… #untitled

☆UB 長年に渡って出来上がった宝物のようなにのあいの絶妙な距離感と絆を垣間見せつけてくれる、え?ユニットバス?二宮さん相葉さんの、普段らしさがありつつ綺麗な声に聴き惚れ拝みました。 #untitled

☆Come Back 「嵐」の心を、言語化するのが得意な櫻井さんとライブ作りを牽引し具現化する松本さん、二人の作戦会議を想像し聴きました。全力で連れてってくれる嵐さんを観てると、分かってない人の雑音なんてどうだっていい実際!って気持ちに #untitled

☆カンパイ・ソング (相葉さんアイデア出していたんですね、FCからのメールにもありました)自由〜。開放感。良い感じに緩んだお喋りを楽しい歌にしてくれた。嵐さんの仲良し飲み会の、隣のテーブルに私も居させてもらってる気持ち。アンコールに似合いそう #untitled

☆「ライブで披露した時に、お客さんの声援だったり一緒に歌ってくれたりっていう、もうひとつ楽器じゃないけど乗ってきて完成するような気がするんです」「近すぎて衝突することもなく、離れすぎて手を取れなくなることもなく。この距離感でずっと居れている」(「未完」MVメイキング相葉さん)

☆とても好き

☆「グループの特性っていうか、一緒にやってるからこその気持ちよさみたいなのがすごくある」(松本さん)「こっち側は、発信する側は、たぶん、音楽で語ってるんだと思う」(二宮さん)(「未完」MVメイキング)

☆「自分が表現することによって、何かを感じてくれたら嬉しい」(大野さん)「毎年コンサートをやれてるって、結構、スペシャルなこと」「自分たちも自分たちで励まされるところありますけどね、歌いながら」(櫻井さん)(「未完」MVメイキング)

☆他にも沁みる言葉がいろいろありました。

☆「(ジャニーズのコンサート)すごい短いテンポで、短い時間で着替えて移動して、やれるのって、あと何年できるかわかんないけど、有限だと思ってるから」(松本さん)も良かった(「未完」MVメイキング)

☆男子校出身だから女性とのペアダンスにそわそわするという櫻井さんも可愛かった

☆キリなくいつまでも観てしまうMVとメイキング

☆Sugar は良くよく詞の意味も考えてしまったらセクシー過ぎるので(声だけでもただでさえなのに)、心に一枚フィルターかけて聴いてるところあるなあ私…この防衛機能はじゃぽのインザルームにも発動してた気がする

☆Green Light と、風雲、が特に私の好みに超絶合ってい過ぎる、血が騒ぐ

☆Green Light の次につなぐ、風雲の次にI'll be there 。何がどうとは説明できないけど、なんかこの箇所に来ると脳から切なくて良い何かが出てくる私がとても喜ぶ曲順

☆Green Light 、相葉さんのあの声とかこの声とか凄く良い、あと、二宮さん「蹴り上げた水面」の発音が二宮さん独特で好き…っていうか二宮さん、「このフレーズのここの発音が二宮さん独特で好き」っていう事例生み過ぎな人では…?

☆細かく見たら他にも、あのかたのあの箇所の歌いかたがもうホント好き、ってところが各メンバー毎に見つかってそれキリなくあるやつなんだけども

☆やっぱしあれ、また言わずにいられないけど「未完」相葉さんの「夢から」の「か」と「ら」の間に流れる色気が堪らないと思う

☆Sugar の星屑のファルセットとか何、女の子かと…可愛い女の子でしょ…ああもう

☆あとですね…私の好きな嵐さんのどのメンバーの歌声も、五人曲でも三人曲でも埋もれずきっちり私の耳に届いてくれる個性と輝きがありながら、でもちゃんと調和して嵐の声になってるってところが、さすが私の好きな人たちの声の力だって思うんですよね…(気が遠くなりながら) #untitled

☆どう考えても「untitled」コンサートで特に組曲Song for you や、ユニット曲が、どんな演出になるのかどんな振付けなのか、未知の世界を観るのが楽しみ。貴重な回になりそう。もはや未来に行ってコンDVD/Blu-rayを買って来たい気持ち #untitled

☆(これ今のうちだから私が勝手に予想というか願望というか、ツアー始まったら意味なくなる呟きなんだけど、「untitled」コンの1曲目または序盤での定番挨拶曲が、風雲、だったりして。あの迎え撃つ感じピッタリだと思ってる。当たるかな、どうかなそれともGreen Light かな?)

☆(OPからSong for you だったらびっくりしちゃうなー、でもアリだよね…カンパイ・ソングは終盤かアンコールで持ってきそう…というのもこちらの予想に過ぎない…。)

☆(つなぐ通常のカップリングUnder the radarを「untitled」コンで歌い踊って欲しいという願望も私にはあるんだよ、できれば細身のクールな服で…それ誰得かって、…私が喜ぶんです)

☆※「未完」MVメイキングで相葉さんがカンパイ・ソングに関し「緩いやつがやりたくて、五人で」「気張らないで聴いてもらえる」の流れで例示したのがDisco Star 、Mr.FUNK 、青春ブギ。この文脈からは別に「相葉さんだけがソロに意欲を見せている?」という解釈にはならない。私は

☆でもなぜかこの箇所を「彼はソロをやりたかったのね?」という解釈をしてるツイートを見掛けて、ちょっと気になりました。(今回のアルバムではソロでやりたいことが五人とも特に思い付かないし、新しいことをやってみたかったんだな、と普通に受け取った私としては。)

☆ところでそんなこんなで「未完」MVメイキングをまた観たんだけど。相葉さんがすっごいキリッとしたお顔で歌うところ撮られてて、間違ったかなにかでふと笑って中断するところ、あれは…可愛過ぎる。あとね…、女性ダンサーさんと組んでるときの脚を床にくるーっと滑らせるところ映ってしぬかと

https://www.johnnys-web.com/page?id=extra&artist=10&topics=232 web会員さん、まだ「untitled」特設トークを覗いていないかたは是非とも読んでね楽しいです。夜の影、大野さんが振り付けしてくれるってことでいいんですね?って松本さんが念押してて、大野さんは頑張りますって言ってるの嬉しい

☆「未完」MV相葉さんの「アルバムはライブでお客さんの反応も加わって完成」(趣旨)で思い出す。耳で知ってたDisco StarをTHE DIGITALIANコンDVDで観た時、それ雷に撃たれたように悟らされた私、あの曲がこうなるんだ…演出と観客反応で更に凄いものになってたあの曲で

☆「未完」MVで大野さんが、「表現することで何かを感じてくれたら意味がある」(趣旨)って仰ってた件。大野さんの手掛けたMiles away の歌割り然り、様々な曲のステージ振付け然り、ホント大野さんって嵐が好きなんだなって、私はいつも感じています

☆心に一枚フィルターかけるのを忘れて、まともにSugarを聴いてしまった。各々の歌いかたの技が新鮮で「え、こんなの初めて…」ってなってるし「歌ってるお顔を観てみたい」歌だと思った。Sugar めっちゃ好きだったという自分の気持ちにいま改めて気付いた #untitled

☆本当に言いそうなんですよメンバーのフレーズが…分かります。作詞者さんも素晴らしい。カンパイ・ソング、聴いてて幸せになる

☆レコメン覚え。アルバム作りにもスマホアプリが活躍の嵐さん。Sugar は最初から最後まで歌った中から歌割りを決められた曲・UBは外国人の振り付け師さんに頼む・バズりNIGHTはライブではぶっ飛んだ演出にするとのこと。そして流れた一曲目Sugar 素敵 

☆独り暮らし始めを回想する相葉さん。そしてかかるUB。相葉さんの歴史に想いを馳せてしまう…それにしてもUB とても好きです(2017.10.21レコメン)

☆ねえそのSugar フルフル頭からけつまで歌ったという五人分の元の音源も欲しい、なんて思ってしまう…/ってことはあの歌詞もあの歌詞もあの人もこの人も歌った音源が、この世にあったということだね…良い夢が見られそうだ、ぐっすりぐっどり

☆それにしてもまさかUBに振り付けがあるとは予想してなかったな

☆Green Light みたいなああいうドキドキ不安と確信の間を行ったり来たりする短調系の曲って大好き。それと、思い出した。GUTS ! の初回盤カップリング曲、Fly あの曲調もめちゃめちゃ好きだということを

☆不安と確信のどちらも掻きたてるような曲調に乗っていながら歌詞はだんだん力強い、…っていうのが、とても私の好みに合うんだもん(Green Light )

☆ユニット曲、夜の影も大野さんの振り付けになるというし(出典:Johnny's web)。ライブ円盤出たら超リピートお宝コンテンツになる。楽しみ「untitled」 #untitled

☆また鬼のようにリピートしてしまうGreen Light の好きなとこ書くけど。転調の部分で、それまで見えていた世界をパッと一段高いとこに翔んで俯瞰して「あ、大丈夫なんだ、そうだ、いける!」っていう心強さが加わる効果があって本当に好き…。#untitled

☆#untitled Song for you の最初の綺麗な大野さんソロパート、started〜♪のあと、物語が童心のような可愛い音から始まって、だんだん何か思春期男子が滾るような曲調を経て、最後は壮大になってくの、大人に成長してく過程みたいで良いなあ

☆風雲、良いよね〜。やっぱりあのライブで「俺ら五人で五万五千人幸せにしてやるよ」とかの時に、これ超似合うんじゃないかな、上着脱ぎ捨てながら全力でバーンと来て受け止めてくれる感じだし #untitled

☆Power of the Paradise 、曲もだけど詞がまた素晴らしい…高みを目指す人が決選の場に立つまでどんな思いで日々積重ねをしてきただろう、って思う。特に好きな詞「今なら分かる優しさ」や「うるさいほどの静寂」聴いてて本番前の選手の気持ちになっちゃう #untitled

☆「未完」のラップも嵐さんの心意気が溢れてて、聴いててこちらもどんどん過去をリセットして前を向ける気持ちになるのが大好きなんですが、そのラップ前に入る櫻井さんのhahaって笑い声、で、そうだもっとラクに捉えられるなあ…ってなるのも好き。 #untitled

☆(誰でも好きな人を一番聴きたい観たいのは、誰担でも同じ。でもその好きな人は、グループ活動でこそ作れるものを作ることを好きで選んでるんだから、それを楽しめないんだったら離れ時では?埋もれてる埋もれてるとタグつけてまで批難するのは、好きな人の生き方は受け入れません、っていうこと?

☆彼が愛し彼がそうしたくて参加してるプロジェクト総合芸術なんだから…、埋もれてるとか、あのパートも彼にやってほしかったとか、そういうの、彼には一番嫌われそう。
(#untitledのタグでネガティブツイートを見かけてしまったから)

☆彼方へ この曲を、ブックレット写真の嵐さんの髪靡かせてる爽やかな風の様子を見ながら聴くと、その風を受けつつ朝日の中を気持ち良いリズムでペダル漕いで疾走してるイメージが浮かんできちゃう。そのリズムの速度に乗って歌が日の出みたいに世界を照らしていく…みたいな。 #untitled

☆「untitled」から私のiPodにプレイリスト3種作成しそれぞれエンドレスリピートで聴けるようにした。disk1と2を分けたもの2種と合わせたものと。気分によって使い分けて脳内ワールドの楽しい旅 #untitled

☆リスト1・「untitled」通常盤のdisk1、Song for you からGreen Light 進化続ける人達の作り出す世界の流れを強く感じる。リスト2・通常盤のdisk2、カンパイ・ソングにバズりNIGHTが続く筋書きが成す面白さ、楽しい 

☆リスト3・通常盤全18曲通しで。Song for you から即、バズりNIGHT 待った無し。嵐さんの出す振り幅宇宙の大きさに、ついていけるか心と頭を鍛えさせられる。 こんないろんな色を浴びせてくるの、だから好きなんだけども。#untitled

☆家事しながらまた「untitled」聴いてるんだけども。Sugar 、Bメロに入って松本さんソロパートが始まる(二番は櫻井さんから始まる)後ろで、楽器達が何かぐわんぐわん鳴って、だんだん大きくなって迫ってくるのも、とてもやばい、好きだ… #untitled

☆Come Back 、私の好きなとこ追記。Tell me what 〜からの英語繰返しに、すごくさりげなく「この曲ならどう」するっと紛れ込ませてるとこ、歌いかたも、何か息をするように歌やエンタメの良いもの作ること日々考えてるのが生活の一部になってる感を感じる #untitled

☆H(121号)読了。18年を共有するうち出来ていった、嵐にしか分からない関係性や、歩んだ道のり、嵐だから生まれた責任感、嵐だから人々に与えられるもの、「untitled」に込めたもの、…真面目なのに堅苦しくなく、読んで楽しくて幸せなインタビュー記事 ※㈱ロッキング・オンで出ている『H』11月号。2017

☆起きるなり脳内に流れてきていたのはSong for you だったんだ…これ聴くと、この頃はブラストインハワイ思い出す(Blu-ray)/15周年のブラストハワイ、これもめっちゃお気に入りのコンテンツ。空から嵐さんが来るし、日没前後の綺麗な空も演出に込みなのが素敵。それとやはりA・RA・SHI の歌い踊りがめっちゃ充実してる…ハワイといえばもうデビューの地だよA・RA・SHI 、だよ!!っていう強さから始まるの好き(2017.10.25朝のツイート)    

☆ところで、娘が喋ってたことなんだけど、カンパイ・ソングのバイバーイのほうが、五里夢中のさようなら〜を聴く以上にコンサート終わりを思って寂しくなってしまう、っていうのね。そうなのかなあ

☆コンサート終わりに限らずカンパイ・ソングのような明るい曲調で別れの文言が歌われると、その寂しさが却って際立ってくる…というのはあるのかもしれない。明るくバイバーイ言われて、でも実は今後ずっと逢えないであろう感がひしひしと…って娘は思ったようだ。あの子は深読み系なのか

☆風雲、ずっと熱く走ってきて汗かいてきてて、「まるで未知数の世界描く」で、ふわあ〜…っと高い遠いところに意識連れてって涼ませてくれるの好き。(あ、そういえばここで見えた一瞬は「untitled」な世界だ、って浮遊して空から見る感じ)そしてまた全力疾走

☆風雲、見ようによっては、色々脱ぎ捨ててmake loveに向き合うぞ、っていう男女の真剣勝負宣戦布告にも聴こえるなあ…オラでチャラで若い色を嵐さん達の声に感じるの凄い好き、特に相葉さんのソロパート「ベイベー」「行くぜ」のE音に(あくまでも品の良い範囲で)。 #untitled

☆それでそんな風雲で、気持ちが火照ってるところに、I'll be there が来るとね…御前様だ…優雅にアバンチュールのお誘いとかいってるけど前世であんな(風雲)感じだったのに、ってなってる #untitled

☆風雲の、ベイベーや行くぜの相葉さんの声のチャラ色が好き、って話の続きをするけど。チャラ色の相葉さんで私のイチオシはやはり「狂うがまま」(演技者。)の一八アニキだということも定期的に呟いてゆきたい

☆I'll be there聴くとどうしても、嵐さんの腕と指の振り付け思い浮かべる、何がこんなに好きなのかな…あの、こっちをビシッと指して、そして下に降ろしていくでしょ指を。何かこう、それもこれも本質的に僕の前には大した問題ではないんだよ的な…非情さを演じてる探偵っぽい…好き

☆#嵐18周年 1999年9/15にハワイの大海原で結成会見し、11/3にCDデビュー。 #untitled のSong for you で、大海原にみんなを連れていくよと確約してくれてる。何が待ち受けてても「未完」を楽しめる方々と一緒に行ける幸せ。おめでとうございます!

オカピ様のblogで答え合わせさせて頂いてます。この歌割り、好き。最初のWow〜は相葉さんだよねと思ってたのが、拝読して確信持てて嬉しいです。 「「抱擁」歌割り&レビュー♪」
https://t.co/5UgveJCZQA

※2017.11.28 日テレ音楽の祭典ベストアーティストの日。

☆I'll be there イントロが流れただけでもう、あの各話の終わりを観ながら感じていた、御前様の表情が観る者の脳を揺さぶってくる絶妙な正体の分からなさの快感、そしてあの師匠は実在?非実在?彼らの真意は何?等、ドキドキしながら次週を待ち焦がれた気持ちを思い出してしまう #貴族探偵 #untitled


※「untitled」コンサートグッズで買った、パンフレットを読んで

☆#嵐 #untitled #大野智 #櫻井翔 #相葉雅紀 #二宮和也 #松本潤 皆さんの歌声の新しい魅力が、たとえばこの #Sugar にも。私が常日頃各メンバーさんの歌の好きだと感じてる所を更に美味しくしてきてくれてるワンフレーズ毎に噛み締めてます。大人な歌詞なのに品があるし大好き

☆「untitled」パンフ。読んでよかった!未完成であることの意味を、その希望とか楽しさとか、それをこんなワクワクさせてくれる形でアルバムやライブに表してくれてる五人の気持ちが凄く伝わる。組曲やユニットへの挑戦が生まれた経緯も。 #嵐 #untitled #大野智 #櫻井翔 #相葉雅紀 #二宮和也 #松本潤

☆スタッフさんから提案されたユニットの組合せを受け入れつつ自分達の考えをきちんと反映させてたのとか、とても好き。充実したインタビュー。指名制でメンバーが語る曲解説も良かった。でもツアーのネタバレには考慮してある。(「untitled」パンフ)

☆(「untitled」福岡公演2日目のコンレポを読んで)櫻井さん・嵐さんが拡散希望「熊本・大分・福岡で豪雨災害に被災された皆様へ 遠く離れた東京より、嵐5人で応援しています。僕達も頑張りますので、皆さんも頑張って下さい」をコンレポで読み。SNS等で注目されるアイドルの立場を誰かの為に役立て、人の為に善かれと考え行動、流石と思う #嵐

松本潤さんを中心として長い時間をかけて各所スタッフさんとも打合せしてくれたり、メンバーによるユニット演出や大野さんの振り付けなどにも期待で一杯です。嵐さんの心を余さず表現してくれているコンサート「untitled」観るの本当に楽しみにしています、ありがとうございます!

☆「untitled」でソロ曲を休む試みは、嵐さんの皆で決めたことというの良く分かるし、これまでに各メンバーがソロでやりたいことは既にやりつくした、ということで新しく違うパターンに挑戦なんだなとわかりました。色々な見せ方をしてくれるのは有り難いです( #untitled コンサートパンフ)

☆そういえば札幌のツアーを観た嵐ファン友達が言ってたんだけど、バズりNIGHT、瞬きすることもできない、繰り広げられてる物語にただただ興奮、笑って、本当に楽しかったって、楽しみにしてって言ってて、もう期待もMAXです。 #嵐 #untitled

☆そう、あのね、バズりNIGHT、瞬き忘れるというよりも、瞬きする間の目を閉じるのが勿体無いと言ってた。それとパンフレットにネタバレ写真が一切無いからどんどん読んでて良いよ、と言ってくれたの。友達が。 #untitled https://t.co/aN6vWTXOjN

☆「untitled」嵐さんのユニット曲企画にあたって今回はソロを一旦やめてみることについて、どうしてもやりたいと言う人がひとりでもいれば(ソロやめるを)やめるということだった、というトークが載っているのは、TVnavi (2017.12.14発売)なんですね。(後年の何かのソースのために記憶)

☆#untitled いつも、メンバーが話し合って納得の行く形で新しいことにも挑んで、新鮮なエンタメを提供しようと努力しているんだなあと、ユニット曲や組曲への思いをパンフレットを読んでいてもよく伝わってきました。

☆「定番を崩す」っていうのをたまに観られるのが、めっちゃ好きなんだ私。宮城の挨拶シャッフル等も。あと嵐さんの「untitled」も、普段なかなかお目にかかれないものを組曲やユニットはもちろんそうだし「未完」の作りもそうだし、歌割りや歌いかたも何か意外性あって楽しみが沢山あって佳き
 
☆誰に伝わるか分からないけどUBの二宮さんと相葉さんの歌声から私が受けているこの感じを…何とかして説明したい

☆私の中では(←ここ大事)、セクシーボイスといえば相葉さんと二宮さんの声の空気感が双璧(空気含有量が非常に大きく聴こえる。私の耳には)、相葉さんの声と二宮さんの声の空気の流れがlistenで始まり対流を作って時に左右から時に合わさり優しく穏やかに風として吹いてる(UB)

☆相葉さんの歌声の空気感は子音から次の母音に向けて空気の粒子が、さあ…っ…と掛けられて彗星の尾のように撒かれてる感じがするし、二宮さんの歌声の空気感はビブラートの振動のひだのひとつひとつに細かい空気の粒子が一緒に動いてるような感じがするし、どちらも好き(※個人の感想)

☆あ〜〜自分でも何を書いてるんだかよく分からない。つまりとにかく風なんだ

☆ところで、気を抜くとすぐ頭の中に浮かんできてしまう「つなぐ」のセクシー振付は…首を縦に振りながら歌ってるとこ。首を縦に振りつつ目線も上下させながら口を閉じたり開いたりしているビジュアルが、とても色気あって好きなのだった(こんなこと以前にも呟いてたかも)

☆こんなね、…セクシー目的じゃないのにさりげなくセクシーな動きとか、あと、隠れてたとこから現れたりまたどっか消えたりの忍者風味な動きとか、「つなぐ」振付が大好きしかもそういうのがあの丸くて小さくて可愛い頭の中、大野さんの頭の中に生まれたことを思うと、萌え極み

☆通勤のお供イヤホンで、気合い入れられるGreen Light 歌い出しの相葉さんの声、庇護欲掻き立てと背中押し強さを兼ね備えてて好き。あと松本さんの絶対Wrongの歌いかた好き。二宮さんの「蹴り上げた水面」の発音好き。櫻井さんのゲッダンエブリバディと、大野さんの「本能」と「あああ〜」大好き

☆「untitled」バズりNIGHTの面白ワールドを支える大野さん櫻井さん相葉さんの歌声がとてもしっかり良いから、良いんだ、ちゃんと嵐さんの歌が上手いから、だからこそ、それが表現するこういった面白ワールドはちゃんと楽しく聴ける曲になってる

☆そのバズりNIGHTから、大野さんと二宮さん松本さんの声の艶っぽいとこ集めまくったユニット「夜の影」が次に来るじゃないですか。大野さん同じ人の同じ声帯なのに、二宮さんと松本さんと一緒に化学反応して、これまた大人色っぽい世界の人になるの、バズりからの切り替わり、とても好き

☆「未完」MVやはり不思議…。曲をBGMのようにして合わせて口を動かす嵐さんの表情を観てると、この流れる歌とこの映る顔の人達の時間はどちらが過去でどちらが現在だろうって思う。どちらかの嵐さんが過去は過去として見ながらそこには囚われてないよと言ってる気がする

☆近々「untitled」コン円盤を迎えるという日々、改めて観てたんだけども。「未完」MVメンバー各人の衣装、黒いジャケットの素材、布目、が五人それぞれ違っててとても良い。遠目にはみんな黒いお揃いでもインタビューで近く観るとよく分かるの好き、つくづく

☆相葉さん「アルバム出した時にはゴールじゃない、ライブで披露した時にそのお客さんの声援だったり一緒に歌ってくれたりっていう、もうひとつ楽器じゃないけど乗ってきて完成する」櫻井さん「アルバム全体としてuntitledだから一曲一曲がむしろコンセプチュアル」の言葉。改めて聴くいま一層頷ける
(2018.6)

☆「untitled」、私は特に抱擁とSugarが、嵐さんメンバーそれぞれのセクシーボイスを一気に味わいたい時のお気に入り曲となっている(2018.11)

☆帰路は「untitled」リピート。「未完」の嵐さんの声の音のひとつひとつ全部好き過ぎるし…Green Light大好き過ぎるなど、ずっとこの耳に繰り返し流している時間が続いて欲しい気持ちになってた(2018.11)


☆Sugarの相葉さん、ファルセットもびっくりするくらい綺麗ではあるんだけど、「まるで心まで見透かされるよう」の発音が心の壁をすごくザクザク撫でてくる感じで…なんていうか…摩擦熱?「いつかは2人も星屑になるの」とのギャップ堪らない。…ってこんなこと前にも書いたな…(歌詞引用)


☆嵐さんの声が好き過ぎる(と思わない日がない生活)


☆アルバム&シングル表題曲カップリング曲の各メンの歌割りパートを抽出して聴くだけでも、はぁ…?同じ人の声帯から出てるんでしょうか?あの曲のあの声と?この曲のこの声と風味が違って同一人物なの?ってなるのがめちゃめちゃ好きなのね私は/嵐さんのアユハピや「untitled」でやってみて

☆「untitled」私は相葉さん寄りだけど、相葉さんの声の素敵さは勿論のこと、嵐さん各メンバーそれぞれの声が本当に大好きだしハモリもユニゾンも大好きで何回でも聴き惚れてしまう。私の感覚は私のものではあるけど、共感してくれる人を見つけると泣くほど嬉しい

☆「untitled」曲の嵐さん歌声、本っ当に色んな味がして美味しいので大好きです(プレイリスト、リピート再生中)

☆出先で遅いお昼を食べながら耳に流してるSugarこれで充分デザートの代わりになっちゃう。嵐さん皆の声のほろ苦甘い5つの味ですね…(2019)


(随時、追記予定)


※2017.10.13 ミュージックステーション、新曲初披露メドレー前の嵐さんトーク
ざっくり文字起こし敬称略

21世紀、一番売れた男性アーティスト、嵐

タモリ「嵐、お〜って言ってたけど、自分達わかんなかったの?」

櫻井翔「びっくりしましたね!」

二宮和也「驚きましたね!」

嵐「ねえ!」

櫻井翔「前半のほうは楽しくVTR観てたんですけど、途中から、当事者になりはじめたので、緊張感持って見た、びっくりしました」

相葉雅紀「買ってくださった皆様、ありがとうございます(頭下げ)」

嵐「ありがとうございます(頭下げ)」

タモリ「すごいよ?三千万枚超え」

櫻井「ちょっと想像しなかったですね」

松本潤「VTR観てたら、ミスチルさんとかのほうがね。こう、すごい、印象があったんで。口ずさめるし。まさか、まさかでした」

弘中綾香アナ「今夜、嵐のみなさんには、テレビ初披露の最新曲『未完』を、Mステだけのスペシャルバージョンで披露していただきます」

タモリ「どういう曲なの?」

相葉「未完、っていう曲は、いろんなジャンルの音楽が、こう、混ざってて、まとまりのない曲ですね」

松本「いやいやいや」

嵐「ちょっと待って〜!」

相葉「良い意味で!良い意味でまとまってない曲」

櫻井「あっぶない〜」

相葉「レールに乗ってないというか、良い意味。めちゃめちゃ良い」

松本「今回、アルバムのタイトルが『untitled』というタイトルでやらせてもらってまして。今までの嵐の要素を入れつつ、実験的な取り組みをアルバムでやってみようということで、
今までやったことのない、これからの嵐っていうのを何か見据えて表現するアルバムを作ろうというコンセプトで」

タモリ「事前に収録した映像も出るんだ?」

櫻井「今回その、今までにやったことのないパフォーマンスということで、初めて、この金曜日生放送以外の日に、先週だったんですけど、こちらテレビ朝日におじゃまして、
事前に撮影して。撮ったんです。隣でドクターX撮ってた」

松本「大門さんいました」

相葉「生で見れたね、良かった」

櫻井「良かった。新鮮でした。事前に収録してちょっと加工もしてある映像も流れたりしますんで」

タモリ「櫻井、今回ラップあるんだよね」

櫻井「恐縮です」

タモリ「恐縮です、って(笑)」

櫻井「まああの、そうですね、アルバムの曲何曲かいつも自分書かせてもらってるんですけど、そうですね、ミュージックステーションさんでラップって、最近あったかなあ、もしかしたらなかったかもしれませんね」

松本「大丈夫ですよね?」

櫻井「何ですか?」

松本「リハで、全然歌えねえ歌えねえ、言ってて」

櫻井「自分で書いたラップ詞が、全然出てこないんですよ。さっきから練習してるんですけど。緊張してるんですよ今ちょっと」

タモリ「これから歌ってもらうのにどうなんですか」

大野智「いや僕、あの今回、なんか松潤の背中の上をですね、転がる振付みたいのがあるんですよ。あれが果たしてできるかどうか」

櫻井「いやできるでしょ!そんな見所」

(二宮、大野を押す(笑))

嵐(笑)

タモリ「難しいのか!」

大野「いやちゃんとできるかな」

二宮「できるできる」

櫻井「注目だね」

タモリ「全体的には、まとまってない(笑)」

相葉「まとまってないっす(笑)」

嵐「良い意味で!」

弘中アナ「嵐の最新曲初披露、このあとすぐです!」


※2017.10.18発売嵐アルバム「untitled」初回限定版特典「未完」MVメイキング映像に収録されている、嵐メンバーのインタビュー、
特に私が覚えておきたいと思った言葉、箇所の一部抜粋、メンバー毎に分けてメモ(ネタバレ有)

大野智さん

・「untitled」で何が生まれるのかなあ、っていう楽しみというか発見もあるんじゃないかと思って。また新しいものになりそうな気がしますけどね
・やってる最中には見えないのかもしれないし、全部が終わって思うのか。逆に何年後かに思うのかもわかんないし、それが面白い要素でもあるなって。完結しなくてもいいんじゃないかとか
・新鮮な感じが、レコーディングしていてすごい思ったかな
・別に自分がどうだって思われたいとは思わないですけど、ただこう、自分が表現することによって、何かを感じてくれたら、嬉しいな、っていう。観てる人だったり。
「どうですか?」っていうより、何かを感じて、何でもいいんで。そういうのがあれば、やってる意味があるかな
・一から踊りに関して基礎を習ったことがないから、だからこの曲はこういう振付になるっている、変な決まりがない感じ。
・(振付仕事について)プロの方の振付師の方のやりかたと多分違うのかな、五人がこう見えたら面白いな、っていうのをまず一番に考えると、ああいうふうになる
・振付をやるようになってからは「あ、この人はこういう振りをやると映えるな」とか「次はじゃあこの人をこう」何かそういうバランスを勝手に頭で考えてる感じがあるから普段からも自然と考えてる気がします
・まだ僕も何も見えてないんだけども、逆に、この見えてない感じが、意外と好きだし、いろんなことが出来るかもしれないし

櫻井翔さん

・一曲一曲のキャラクターが、今までより強いというか。アルバム全体として「untitled」だから
・何も決まってないってすなわち何でも出来るということだから、そうするとやっぱり幅が広いんですね
・Are You Happy ? が自由だったの180度だとするなら、今回の「untitled」って360度なイメージ。自由さの幅がより広いかな
・僕らで言う「点検」「ソロってなんでやってるんだっけ?やりたいことがそれぞれあるからやってるよね?やりたいこと今年ソロである?まだ見えてません、」って声あるならば、
じゃあソロやらなくてもよくない?じゃあ代わりに何ができる?っていう流れで
・(ラップ作詞)リード曲「未完」は、おそらく反映することになったと思う。書いてるうちに自分のことになり嵐のことになったから
・面白いものになると思う、一曲一曲は。だけどコンサートって結局それを一つにする作業だから、AからB、BからCに繋いでいくのをどう接続していくのか、ってことなんでしょうね。ここはもうホントに松本潤の腕の見せ所ですね
・毎年コンサートをやれてるって、結構、スペシャルなことだから
・嵐、っていうかひいては僕が、こうやってやってきたよ、と。だからみんなも前を向いて頑張ってね、と
・自分たちも自分たちで励まされるところありますけどね、歌いながら

相葉雅紀さん

・どんなアルバムを出しても、アルバム出した時には、ゴールじゃない気がしてて。
ライブで披露した時に、お客さんの声援だったり一緒に歌ってくれたりっていう、もうひとつ楽器じゃないけど乗ってきて完成するような気がするんです
・カンパイ・ソングっていうんだけど、ついさっき決まった、タイトルが。すごいユルいやつがやりたくて、五人で。気張ってなくて、言ったらちょっと大人なダラっとした、というか
夕方から家で缶ビール飲みながらナイターを見ちゃう、みたいな。それぐらいダラっとした感じの曲、良いな、っていうところからどんどん膨らんでいって。まあ飲み会の歌なんですけど
・(カンパイ・ソング)気張らないで聴いてもらえるような歌なんじゃないかな、でも曲としてはアップテンポだし、盛り上がれそうな曲だと思いますよ。むしろ俺が歌いたい、カラオケでね
・すごい良い距離感ではありますよ、メンバーそれぞれに対して。近すぎて衝突することもなく、離れすぎて手を取れなくなることもなく。この距離感でずっと居れているというのは。距離感って変わんないんすよ、18年
・毎年出さしてもらってますけど、当たり前じゃないですからね。アルバム出してライブやれるっていうのは。毎年のようにいま続いてるからちょっと錯覚しちゃうけどね。当たり前じゃないなって思って今回も全力を出し切るしかない

二宮和也さん

・自分たちで、こう、ああだこうだ辿ってったところにタイトルがあるから、ああ、決まって良かったねという感じ
・ユニットっていう大きな括りでいうと。楽しめたんじゃないかなあと思いますよね。まだ仕上がりを聴いてないから何とも言えないんだけども。楽しかったですね
・ビジュアル通せば、新鮮さがもっと、より出ると思うけど、聴くだけでどれだけ違うかっていうのは、割といろんな組み合わせで歌ってるグループだから、ホント昔から2、3、でずっと歌ってたグループだから、聴こえはどうなのかなってのは思うかもね
・何を感じるのか。コンサート、期待感が更に出るのか、自分のお目当てのユニットじゃないことに落胆するのか、いろいろあると思うんだよね。この曲が好きだっていう人がいれば、ワタシはこっちのほうが好きだっていう人もいるだろうし、
だから、こっち側は、発信する側は、たぶん、音楽で語ってるんだと思うよ
・どっか、前のコンサートよりすごいことをしなきゃいけないとか、何か新しいことをしなきゃいけないとかさ、やっぱりちょっと考えたりするじゃない
・ユニットだから力を入れているって訳でもないし、均等に時間割いてやってるから。五人曲と変わらない心意気でやってるから。みんなもそうなんじゃないかな
・今度、この武器(アルバム)でどうやって二時間半なり三時間弱、戦い抜こうか、っていう作戦を練る時期になってくるからわりと大変だよね

松本潤さん

・これからの嵐がどういうことをやっていくといいかなあ、って言った時に、まず、これからの自分たちっていうのを探すための時間というか、
こういうことを形にできたら面白いよねっていうのを、ある意味、実験的にやれないかなあと
・「未完」っていうタイトルとか「untitled」、まだ出来上がってないもの、みたいな言い方をしてるけど、もの自体は勿論今のベストを尽くしてはいるんですけど、
でもそれもカチカチに作り上げるというよりは、もう少し余白がある中でパフォーマンスしたり表現するっていうことが、今の自分たちだからこそできることなのかもしれないし、そこにチャレンジしたいなと
・五人が五声でハモったり三声でそれぞれ分かれてやってたりするのは、僕、やっぱ何かこうグループの特性っていうか、一緒にやってるからこその気持ちよさみたいなのがすごくある
・音楽の楽しさっていうのをすごく感じられる。それは、カラオケに行ってハモってるのとは全然意味が違くて、やっぱメンバーとやってる良さがありますね。なんかね「嵐」っていうものの音楽なんだよなあ
・ジャニーさんが作ってきたあのテンポ感に、すごい影響を受けてるんだと思います。
でも、すごい短いテンポで、短い時間で着替えて移動して、やれるのって、あと何年できるかわかんないけど、有限だと思ってるから
・嵐の、僕を除く、僕が見る4人の一番、凄いなこの人たちと思うのは、空気を読むのがめちゃめちゃ上手い。その時に何を人がして何を求めてるとか、どういうことをやろうとしてるか、を察知する能力がもの凄い高い
・人間ってさ強欲だから、ちょっと時間経つと、もうそれは過去の話、良い思い出にもなるけど、ある意味、忘れてくじゃん。
だから、次はもっと良いように次はもっと良いようにっていうのは、この仕事する上でも、思う必要はあるかもしれないし、実際、そう思ってやってるよね


※関連記事
I'll be there について → http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20170322
つなぐ について → http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20170629


追記
2019.8
嵐さんの歌についての呟き
☆私にも色々あります、嵐曲を耳から聴いている段階よりライブ映像観て更に私の中での株が爆上がりした歌が多々。5人曲にも、ソロ曲にも、そういうのいっぱいある…。『未完』メイキングの中で相葉さんが、曲はステージで完成する(主旨)と仰っていたように

2019.9

☆そうだ…今日は隙間時間に「untitled」耳に流そう、嵐さんの歌に聴き惚れて過ごそう。そうしよう、うん。それで外野の人々の声なんて笑い飛ばせる

☆あゆはぴで『Miles away』聴いた時も「うわっ嵐さんこんな歌い方できる、上手い…」て思ったが、「untitled」で更に嵐各メンの声の色とりどりな艶にやられてしまった感。『抱擁』とかに完璧ノックアウトされてもうどうにでもして感。めっちゃ素敵。なのにそれでもまだ『「未完」』なんですって。怖っ

☆あとね、…私は、抱擁の、「untitled」ステージ上での歌声がアルバム音源以上に好きであるっていうね…細かい例を挙げると(前にも呟いたけど)大野さんの「探るような」の「る」とかね…、アルバム時点より色気増しててホント好き

☆出掛ける前にSugar観ていこ。糖分滋養補給。相葉さんに「いつかは2人も星屑になるの」と言われて「そんな駆け引きは月と太陽に預けて」って二宮さんに言われて行こ

☆「untitled」アルバムもコン円盤でも『Pray』(過ぎゆく時間の愛しさ寂しさで堪らなくなっちゃう気持ちにめちゃめちゃ寄り添ってくれるあれ)の次に『光』(ここにある幸せの輝きに気付かせて未来に目を向けさせてくれるの)を歌ってくれるの嵐さんホント優しい

※追記
☆嵐さんSugarの誰の声のどこをとっても好きだし、相葉さんのパートの、いつかは2人も…のところ大人気だけど、私は、まるで心まで見透かされるよう、の声もめちゃめちゃ推してるから(そこに対価をどうか…皆々様に「untitled」で聴いてほしい…違法動画で拾って終わりにしてもらいたくないの)

☆「近過ぎて衝突することも無く遠過ぎて手を取れなくなることもなく」人の距離感の在り方として私これ大好き。これ、「未完」MVメイキングインタビューを観ていて、あまりにも忘れられない、嵐の関係性を表現した相葉さんのお話を私は定期的に思い出す
※「遠過ぎて」は「離れ過ぎて」だったか。

☆ところで、「未完」MVメイキングはアルバム「untitled」初回限定盤についてるんだけど、この時の嵐メンの黒スーツ衣装がメンバーによって素材がいろいろ違ってデザイン超めっちゃ素敵

※2020.2 嵐さんのアルバム曲の256曲が音楽配信サービスより配信されることが決まりました。
追記

☆#これから嵐を初めて聞く人にオススメしたい曲 #嵐256 お薦め曲の話に戻るけど、やはり私は「untitled」内の曲…特に、Green Light、「未完」、Sugar、抱擁、かな…えぇ〜これ嵐か…ってなるから…。あと、Song for youも良いよ。ユニット曲のUB、Come Back、夜の影、バズりNIGHT、も面白いから是非

☆「untitled」アルバムの曲順が素晴らしい、これが大正解!…って思うのに、「untitled」コンサート円盤を観るとまた、コンサート曲順素晴らしいな大正解!松本さんセトリ考え抜いてくれてありがとう!とも思うし…嵐チームすごいな